Z会ブログトップへ

2011.08.23 23:10

環境ネットワーク・文京が、環境学習指導員養成講座(無料)を企画されています。
http://www.esys.t.u-tokyo.ac.jp/member/hanaki/BunkyoExpert.pdf

…と、環境ネットワーク・文京のことを以前から知っているようなくだりで入りましたが、今日初めて知ったNPOです(苦笑)。

知ったのは、東大の花木啓祐教授のFacebookウォールで。講座の代表を務められているようです。
花木教授、実は僕の、大学時代の卒論指導教官なんです。


今、教育にどっぷりつかり、脳内シエアの推定9割くらい(かな)は、何かしら教育について関係のあることを考えている僕ですが、教育に傾倒するようになったのは、「環境教育」がキッカケでした。
「環境教育」にたどり着いたのは、大学時代、環境工学を専攻している中で、(理系で言うところの)工学的アプローチではなく、教育的アプローチにより環境問題を解決したいと思ったから。
どんなアプローチも大切ですが、いまだに「僕が」「教育的アプローチを選択した」ことは、間違ってなかった、ほんとによかった、と思っています。

今では環境<教育となった自分ですが(どちらが大切、という比ではなく、自分が時間をかける比重において)、学生時代は環境>教育の人間でしたし、今でも環境問題に対する思いのようなものは持ち続けています。
ただ、表の活動!?から、「環境」への関わりはほとんどなくなっていましたので…
今回、「環境教育」ネタに出会ったのは、「再会」できたようで嬉しかったです。
そしてまた、お世話になった工学博士(教授)が、市民目線というか、教育的啓発活動というか…社会科学的アプローチの方まで関わってくださっていることに…
何か「工学」を捨て「教育」に踏み込んだ自分が、見捨てられてないんだなあ、というか、ご縁が続くもんなんだなあ、というか、そんな得も言われぬ感情をもちました。


実は、教育を真剣に考える学生たちが集う、「All関東教育フェスタ」というイベント実行委員の方でも、来る28日に環境教育の勉強会を開くようで。
http://kokucheese.com/event/index/15982/
このお知らせも先週きたばかりでした。


僕の心の中で、教育を志すキッカケになった「環境教育」、何かしてやろう、と、フツフツと熱いものがこみ上げてきました。

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ