Z会ブログトップへ

2011.03.18 23:30

佐賀県武雄市、樋渡市長のツイッター @hiwa1118 を見ていたら、樋渡市長に

「twitter上で統一地方選挙の延期を訴える書き込みを多々見られますが、首長としてこの動きどう思われていますか?」

と質問される方がいらっしゃいました。市長の返事。

「興味ゼロです。あるのは被災者支援だけです。」


この言葉が嘘ではないことは、武雄市のWebサイトを見ればはっきりわかります。
下記サイト、しばらく(30秒~1分くらい)ご覧頂き、画像が変わる様子をご覧ください。
http://www.city.takeo.lg.jp/index.php

トップページの写真が次々変わるのですが、写真が全部で3つ。それらはすべて被災者支援のことです。
武雄市の紹介そのものに関する写真は見当たりません。

地方の一都市、武雄が「今、できること」「今、やるべきこと」が、今回の地震の被災者支援100%である、ということの強烈なメッセージです。
そして、これを行うこと自体が、武雄市の未来にもつながる…つまり、市政にとっても被災者支援がベスト、と考えているのでしょう。
「なんでそうなるの?」という理屈はここでは書きませんが、僕にはその理由がよくわかります。


また、会社(Z会)では、今回の震災でトラブルに巻き込まれた部署の関係者が、土日も含め連日出勤で緊急時対応をしています。(先ほどもメールが来ました)


そんな僕は…
ブログなどでいろいろ(震災に関する)書きものをしているだけで、実際に手や足を動かしているか、というと、いろんな意味でまだまだ、まだまだ、です。。。


必死さも、精神力の強さも、まだまだ。

だから必死さをもっと発揮することで、精神力の強さもつけていかなければ、それが「未来」につながることだ、と、深く思う「今」という瞬間なのでした。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年11月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ