Z会ブログトップへ

2017.01.07 21:50

2016年の9月時点で

「(ICT CONNECT 21 の)メールマガジンの今年度末(3月末)での読者数目標はこれくらい」

というものを立てていたのですが、おかげさまで約2ヶ月半前倒しで達成しそうです。

私自身は、目標を高めに設定することで自分にやる気を出させるタイプで(背水の陣を好むタイプ。繰り返すのは余り良くないんですけどね…)、目標自体も決して小さくはなかったのですが(とくにメルマガという、Z会時代に手掛けた媒体だったこともあり)、目標が前倒しで達成できたのは、「ICT CONNECT 21でマメな教育の情報発信がされているよ」と、Facebookでシェアしていただいたり、ツイッターでRTしていただいたり、リアルではなんと学校の職員室で共有していただいたり…、と、現場の教師の皆さんがクチコミで広げていただけたことが大きいと思っています。
心から感謝します。

日本全国の教師の皆さんが、「ICT CONNECT 21Webサイトやメルマガを見れば、文科省の教育施策および文科・総務・経産の教育ICTの動向をつかめる」と思っていただき、そして実際にそういう存在になるために、まだまだ頑張りたいと思いますので、これからも私のブログをご覧いただいている皆さんは、先生方にICT CONNECT 21 の存在を広めていただければ、と思います。

2017年、次期学習指導要領の周知徹底の1年。
広報活動に寄与することをお約束いたします。

※ICT CONNECT 21 のメルマガはこちらから登録できます。
https://ictconnect21.jp/mail-mag/

ソーシャルブックマーク:

2011.04.06 23:22

北陸電力の公式サイトに、このような文言で始まるページがあります。

=====
 当社は、経済産業省原子力安全・保安院長からの「発電設備に係る点検について」の指示に基づき、水力・火力・原子力発電設備全般にわたる点検を進めてまいりました。この中で、平成11年6月の志賀原子力発電所1号機の定期検査中に、原子炉において臨界事故を起こすなど、21件の不適切な事案が判明いたしました。
 地域の皆さまからの信頼を大きく損ね、改めて深くお詫び申し上げます。
 このたび、一連の発電設備の不適切な事案に対する再発防止対策について、実施方策、実施時期等を具体化した行動計画を策定いたしました。
 今後、当社は、「隠さない企業風土づくり」と「安全文化の構築」を実現するために、再発防止対策を確実に実施・定着させてまいります。
 今回の臨界事故や不適切な事案を改めて深く反省し、「法令・ルールを遵守し、絶対に隠さない」との決意のもと、全社一丸となって、新しい北陸電力を創り上げてまいる所存です。
 何とぞ、皆さまのご理解を賜りますようお願い申し上げます。
=====

タイトルは「志賀原子力発電所1号機臨界事故」というページ。
事実関係を明記したサイトはこちら。
http://www.rikuden.co.jp/shika1rinkai/jijitsu.html


最後にこう締めくくられています。

「事故に関するデータを改ざんして必要な記録を残していませんでした。」



東京電力がどうこう、ではなく、このサイトの姿勢に我々も学ばないといけないと思いました。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ