Z会ブログトップへ

2014.02.25 16:33

「教育について話聞かせてー」とか「Webのことをいろいろお話しましょー」とか、いろんな方からお声かけされるんですが、その前にまずこれは必ず読んでおいてほしい、という書籍に出会いました。

森を見る力~インターネット以後の社会を生きる
(↑晶文社さんのページにリンクします)

心から惚れました、この本。

僕の専門分野である教育の話、これまでの経験上得意分野であるWebの話やマーケティングの話、さらに最近、はやり言葉になっているあわせたEduTech(エデュテック)の話…
具体的に意見交換するにも、語る領域の総体に対する「感度」がかみ合わないと、お互い時間の無駄遣いなんですよね。

僕が得意とする領域で、同じくらいの知識や知見を求めているわけじゃないんですよ。
そもそもその格差があると話せない、などとしてしまうと、知識や知見が社会に広がることがないですし、僕も不勉強な領域にコミットできなくなるわけですし。

ただ、話したいー、というからには、「感度」はあわせてほしいんです。
普段からアンテナを立ててないのに、いきなり教育に関わることになったから話したい!と言われても、多分僕が提供できることはありません。というより、僕と話すのとは違う方法を模索した方がいいと思うんですよね。
歴史を振り返り、今の状況を見て、何が「社会的感性」(とでも申しましょうか)として変化しているか、ということを捉える所作を、無意識的に普段からやっていて初めて、僕の話が有効になると思いますし、有効になるんであればほんと、喜んで話します。
(あ、僕のブログを毎日見ていてくれてもいいですね。大笑)

インターネット以後の世界が、それまでと「社会的感性」が全く変わってしまっていること、この書籍にはとても論理的に、簡潔に、わかりやすく書かれています。
インターネットそのものの変化、とだけ、短絡的に捉えてほしくありません。
インターネットの出現により、社会全体の感性ががらっと変わってしまった…つまり、(極論すれば)インターネットを普段から全く利用しない方でも、弁えておかなければいけない事象が書かれている、そう思ってください。
※だから、教育に興味のある人でも、読んでほしいんですよね。だって、昔と今とは違う、ということを一番弁えなければいけないのって、教育する立場の人間じゃないですか。


筆者の橘川幸夫さんは、渋谷陽一さんと音楽投稿雑誌『ロッキング・オン』を創刊したり、全面投稿雑誌『ポンプ』を創刊したり、と、インターネット前夜から、離れた場所にいる個人同士の「コミュニケーション」の場を生み出されてきた方。
彼は教育の世界でもいろいろ陰でご活躍なんですよ。ICT教育、とかいうベタでニッチな領域の方だけに進めるのではなく、教育に携わるすべての方は読んでほしいし、もっというと、「大人」が全員読んで受け止めてほしい、そういう考え方が見事に描かれた書籍です。


余談ですが…
本日は国公立大学前期日程、二次試験が行われています。もちろん東大入試も今日です。
入試では、正解を出す力にウェイトがおかれますし、それはそれで大切なんですが、社会に出るまでに、是非、それだけではなく、まさに「森を見る力」~社会への感度を高めて、俯瞰する能力~を身につけてほしいなあ、と思います。


最後にもう一回リンク張っておきますね。

森を見る力~インターネット以後の社会を生きる

ソーシャルブックマーク:

2012.09.19 23:10

決意の秋!って言葉あるんだろうか…(笑)すいません、勝手につけてます。

今、僕が担当している、Z会小学生コースでは、様々な企画や新商品のリリースを行っています。
ありがたいことにZ会公式サイトトップページに掲載し、会社をあげて!?応援してくれているようで。。。
※トップページ3つの紹介枠、3つともジャック状態。

いや、僕の応援でもなんでもなく(笑)実際は、今の時期、お客さんに薦めたいものがこの3つだから、トップページであげている、のだと思うのですが。
…ということは、この3つ、「知らないと損!」というわけ。

そんなわけで3つの内容の紹介。

絵本プレゼントキャンペーン

2歳~6歳の方対象。
抽選に外れても「これ読むといいよ!」という絵本30冊の紹介冊子はもれなくつきます!
僕の手元にもありますが(ご覧いただけなくてすみません)、僕個人が、保育園児の娘の絵本選びに役立ててます(^^
この機会に是非ご応募を!


理社さきどりワークスタート!

小学2年生の方対象。
小学校年生から、いよいよ理科・社会の学習が本格的に始まります!
いきなり学習は不安…と言う方の不安を解消する、ちょっとした企画。
10月・1月・3月号の教材に4ページつくだけなので、学習の負担感なく不安解消できます。
この機会に小学2年生コースをお申し込みください!

Z会お客様センターには「この企画があったので申し込んだ!」という声が、複数届いていますよ~


中学準備コース、10月号の特集は「算数」!

9月から始まっている中学準備コース、月々2,900円とお得なコースのため、新規開講コースの期待もあわせて、続々と受講者が増えています。
10月の特集教科は「算数」。中学から格段に難しくなり「数学」と教科名まで変わる算数。今のうちに苦手を潰しておきましょう!
ソーシャルブックマーク:

2012.03.25 23:34

天気がよかったので、あわしまマリンパークへ行ってきました。沼津にある小島「淡島」全体を使った水族館です。

水槽ペンギン
午前中に決めて、お昼ごろでかけても十分なところに住んでいるのが嬉しい。
#いくつか候補地をネットで見せたら、娘が一番行きたいといったところだったので。

入園料は大人1,500円、子ども750円(割引券を持っていたのでそれぞれ1,300円と650円)と、決して安いとは言えませんし、しながわ水族館のような豪華さもないところです。
しかし、娘のはしゃぎ方は、以前ディズニーランドへ行った時よりずっと大きかったと感じました。

生き物が、素朴で、近い。そんな感じなんですよね。


Z会の経験学習でも、素朴な体験を重視していますが、やっぱり、素朴なもの、素の自然や社会から感じる喜びを、ずっと忘れない子に育ってほしいんですよね。
ディズニーランドなどの施設も、悪くはないですし、これからも足を運ぶ機会はあるとは思いますが、「それだけ」になってほしくありません。
大きな亀を「お母さん、見て~大きいよ!」と話し、イルカのジャンプに「すごいね~」と話し。
そんなワクワクを感じ、人にワクワクを伝えられる、そんな子に育って欲しいものです。


あ、そうそう、ここのスタッフさん、すごーく生き生きとしていました。
あわしま的館長ブログの更新頻度もとても高くて丁寧ですし、人と生き物の優しさに触れられる、そんな場所だと思います。


=====[PR]===============
小学3年生から、理科・社会の学習がスタート!
2年生までの「生活科」と何が違うの?
http://www.zkai.co.jp/el/risya/
======================
ソーシャルブックマーク:

2012.03.22 16:53

先日、ある教育関係者の集いに出ており、理科学習についていろいろ話している中で、「小学3年生から始まる理科では…」という発言が出た時、

「えっ、理科って、小学1年生からじゃないんですか?」

と質問が。

確かに、質問された方は、「高校」の教育に関わっている方(&教師でもない)なので、分からないかも知れませんね。。。


小学1・2年段階で社会と理科を教える教育課程は、1991年度を持って廃止となり、1992年度から新たに「生活科」という科目が設置されています。
ですから、30歳以上で、お子さんがまだ小学1年生になっていない方は、ほとんどご存じないと思います。

しかし…ある程度お子さんが自立した中学・高校の課程ならまだしも、小学教育課程の教科が「自分のときとは違う!」というのは、若干焦るものですよね(苦笑)。
加えて、生活科は、学力形成においてもとっても大切な教科であり、Z会小学1年生コースのカリキュラムにおいても、「生活科」に対応する「経験学習」を設置し(Z会だけの特長です)、ご家庭を支援しているほど、「重要!」とみているのです。
#小学生コース4月スタートお申し込みは3月30日(金)締め切り…こちらからどうぞ。


「生活科」を重要視する理由、それは、学習指導要領の「生活科」の「目標」に書かれた文章に表れています。

「具体的な活動や体験を通して、自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち、自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、自立への基礎を養う。」

「自立」。学力形成においてとても大切な態度であることはお分かりですよね。


では実際に、どのような具体的な子どもの姿を想像して授業が行われているか―
ここでは、平成23年12月に、横浜市立本郷台小学校にて行われた研究発表会の資料を紹介します。


◆研究主題

「豊かにかかわりながら、考えを深める子の育成~子どもの学習意欲を高める授業づくり~」

これが研究主題です。

「かかわること」と「自立すること」…言葉の表層だけ捉えると、一見矛盾してそうですよね。
しかし、上述の「生活科」の「目標」の文章では

1.具体的な活動や具体的な活動や体験を通して
2.自分と身近な人々、社会及び自然とのかかわりに関心をもち、
3.自分自身や自分の生活について考えさせるとともに、
4.その過程において生活上必要な習慣や技能を身に付けさせ、
5.自立への基礎を養う。

と分解でき、「かかわること」で(1)、「様々な関心や能力を身につけさせ」(2~4)、そして「自立」する(5)ことが明確に表れています。

自分一人で好き勝手に生きていくことが「自立」ではないんですよね。
社会や自然とのかかわりを意識し、把握し、大切だと捉えながら身を立てるのが「自立」なんですよね。
※だからZ会の経験学習でも、親子の「かかわり」を重視し、親が自然にお子さんにかかわれるキッカケ的な教材構成になっています。

本郷台小学校では、平成22年度の授業研究を振り返り、こうまとめています。

「昨年度までの取組の中で、子どもが興味・関心をもってくりかえし人・もの・こととかかわると、問題を追究する意欲が連続していくことがわかった。そして、学習意欲が高まると、子どもは自分の考えを相手に伝えたいと切実な思いで表現することも分かった。
 このことから、人・もの・こととかかわる中で、「どうしても調べたい」「なぜだろう。ぜひ~してみたい」と思えるような切実感のある子どもの問題が成立すれば、問題を追究する過程で子どもの考えはさらに深まっていくと考える。」

切実感のある子どもの問題、これをキーワードにしています。


◆研究内容と方法

1.単元構成の工夫
2.個の追究の保障
3.子どもの実態に合った言語活動の充実

の3点が掲げられ、この3点が独立せず、関係しながら、「豊かにかかわりながら、考えを深める子」の育成に向かっています。

1の「単元構成の工夫」では、子どもの興味・関心に沿って題材を選定する、子どもの問題を吟味する(=子どもが見通しを持ち、本気で追究する問題設定ができるようにする)、などに注意が払われます。
最初に「切実感のある子どもの問題」を「引き出す」ために、子どもの心理に寄り添うことが大事と言うわけですね。

2の「個の追究の保障」では、子ども一人ひとりの思考の流れを把握し、解決の見通しがもてるように支援する活動が行われます。
子どもの興味関心が一人ひとり異なるわけですから、それに応じた対応、そして、「彼らの理解できる言語表現」にて次のステップに進めることが大切です。

3の「子どもの実態に合った言語活動の充実」では、友だちとのかかわり、集団での学び合いのあり方による考えの深まりが見られるようにします。
2で先生から「かかわり」、そして3で友達、集団で「かかわり」を持つようなイメージでしょうか。
本場面では「友だちとの意見の比較」も重要視されています。

以上のようなステップを踏むことで、再度「切実感のある子どもの問題」が、1以前の問題とはレベルも次元も違う形で、子どもたちの心の中から浮き上がってくる…これが「自立」につながる過程です。
小学校低学年保護者の方で、「一人で学習させる」という形だけに拘り、保護者が関わらず一人で机に向かう姿だけを見て安心する…という状態では、実は「自立している」ことにはつながらない(単に「親が構っていない」だけ)ことがお分かりになるかと思います。
また、「保護者がラクしたい」という気持ちの裏返しとして、「一人で学習させる」形へと子どもを過剰に誘導する方もいらっしゃって…これではやっぱり、好ましい成長過程を描かないと思うんですよね…(もちろん、過干渉になるのも違います!)。


◆本郷台小学校、およびZ会小学生コースの具体例

小学1年生の「生活科」の授業「わたしとかぞく」(単元名)において、次のような構成を考えたクラスがありました。

上記1に対応するものとして、「家族のすごいところを見つけて、みんなで家族自慢大会をする」「家族の笑顔を増やすことやお手伝いの実践を学級目標と関連させて“キラリン作戦”と呼び、進んで実践することを応援する(キラリン、という、親しみやすい言葉にするのもコツ)」。
2には「“個表”を活用する」「活動時間を十分に確保する(これにより、ゆっくりと熱心に活動を行う姿勢が担保されますね)」
そして3では、「1の内容をどんどん書き出し、見せ合う」「お互いの活動から気づいたことを自分のカードなどに書き、みんなで振り返る時間をとる」「家に帰って家族で話すことに誘導する」、と続きます。

Z会の経験学習では、たとえば「家でパーティーを開こう!」という題材を作り、ケーキ作り(とそれに伴う準備)の経験を踏んでもらおうとすることなど。これが1の段階。
2では、活動結果を添削者の先生に報告する誘導がありますので、ここで添削者の先生が個別にフィードバックしています。
そして3では、題材の中で適宜「保護者」とかかわりを持たせる工夫を施していますし、「家でパーティーを開こう!」の会では、「お友達にパーティーに呼ばれたとき」を想定し、友だちのおうちの人に挨拶をしたり、使ったものを片付けたりするマナーについて、「教材のなかで」自然な形で紹介しています。

これらがすべて、学力形成において最も大切なものの1つ「自立」へとつながり、「自立」した姿勢を持って中高へ続く高度な学問習得を容易にさせるのです。


いかがですか?
「生活科」って、ほんとによく考えられた教科ですよね。子どもたちに寄り添って、実践している先生の皆さんには、ほんとに頭が下がります。


上述しましたが、「かかわらないこと」で「自立する姿」なんて生まれません。
自立するまでは「かかわり」が大切なのです。
小学生の保護者の皆さん、中学になるまで、お子さまのサポートをしっかりお願いしますね!

ソーシャルブックマーク:

2012.03.19 23:00

※本記事は3月23日に書いています。

平成24年1月1日時点の公示地価が発表になりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120322-00000876-yom-bus_all


会社も居住地も、静岡県三島市な僕ですが…
三島市、公示地価、この数年、「とんとん」なんですよね。
とにかく、下がらない、安定しています。


水がきれいだから食文化が育ち(ほんとにいろんなものがおいしい!)、
週末はふらっと伊豆なんかに出かけられ、
気のいい人たちのコミュニティもあって、
たまーに東京に足を伸ばせる。
そして、子育てがしやすい環境!(医療を始めとしたサポートがとっても充実!)
とても過ごしやすい、なので、適度に人気なんですよね。


子どもの頃は全く意識しませんでしたが、今は、「街をつくっていくのも自分たちの仕事だなー」と、とっても感じます。
もっと良い街にできるよう、出来る範囲で、コミットしていきたいですね。


=====[PR]===============
小学3年生から、理科・社会の学習がスタート!
2年生までの「生活科」と何が違うの?
http://www.zkai.co.jp/el/risya/
======================
ソーシャルブックマーク:

2012.03.06 23:06

石川啄木の歌です。意味はいいですよね。

こんなことをふっとつぶやきたくなる出来事がありまして。

「自分に酔い、社会性がない人は、それが自分のせいだとは思わず周りのせいにし、周りが自分をわかってくれないと卑屈になり、自分を磨かないから全然成長しないの法則。」


そしたら、@teranishiをフォローしてくださっている方から紹介されました。


一番かわいそうなのは、その「人並み」であるところの人が、全然成長しないこと。
成長しないどころか、そのままでは、いつか人並み以下の能力になっちゃうこと。


自己認識はしっかりと。。。


=====[PR]===============
小学3年生から、理科・社会の学習がスタート!
2年生までの「生活科」と何が違うの?
http://www.zkai.co.jp/el/risya/
======================
ソーシャルブックマーク:

2012.03.03 11:29

ただいま自宅で、子どもと2人、留守番中。
僕もやることがいろいろあるので、子どもには、子ども向けのDVDを見てもらってました。
※長くなるとくせになるので、30分だけ。

うちには、『うっかりペネロペ』をはじめ、買ったDVDもありますし、ダイレクトメールや無料配布などでもらったDVDもあります。
後者はもちろん、子ども向け商品の販促も兼ねていますよね。

今日見ていたのは後者。
やっぱり販促用のDVDは子ども心理をうまく掬うつくりになっているのか、何度も繰り返し見たがりますね(^^


アニメの主人公が大活躍。途中で、(DVD制作側が)売りたい商品をちゃっかり主人公が使っている。。。

「あれほしー」

とかなるんでしょうかね。


でも、良く考えたら、我が家、画面の中で説明されたものを「買ってあげた」ことが一回もないような。。。
だから娘、全く欲しがるそぶりもありません。
「実在するものだ」という意識がないんでしょうね。


買ってあげる、という人もいるでしょうが、とりあえず我が家では、画面の中は別世界と思っててくれた方がいろんな意味でいいかな、と(笑


=====[PR]===============
小学3年生から、理科・社会の学習がスタート!
2年生までの「生活科」と何が違うの?
http://www.zkai.co.jp/el/risya/
======================
ソーシャルブックマーク:

2011.09.18 23:50

元博報堂、高木新平さんのブログ、タイトル「博報堂を辞めました」
http://shimpe1.com/?p=84
が、Web上で大変話題になっています。

こちらを受けて、人気ブログ「ソーシャルウェブが拓く未来」ライターのイケダハヤトさんが、タイトル「「面白い人ほど会社を辞めていく」3つの理由」
http://www.ikedahayato.com/?p=4983

という記事を書き、その記事に疑念を持ったサイバーエージェントの若手旗手、渡邉大介さんが、タイトル「「面白い人ほど会社を辞めていく」なんてこたない、3つの理由。」
http://impresario.me/yamenaiyo/
という記事にまとめています。


3名の20代。
「職」に向き合い、表現し、多くの方に伝えている3名の若者に、まずは拍手を送りたいと思います。
なんとなーく、今の仕事を続けているだけの年配者は、この3名を見習わなきゃ、ですよね。
僕も身が引き締まりました。


さて、では、ほんとに「面白い人ほど会社を辞める」のでしょうか…?

以降、「面白い人」の定義を、イケダハヤトさんのブログから引用し、「自己表現が得意で、会社以外の活動も本気で取り組んでいる活動的な人」とさせていただきます(渡邉大介さんのブログの起点となっている表現でもあるため、ここから外れるのは両者に失礼かと思いまして)。


私自身の感覚では、「辞める人の中で、面白い人」の割合は、「辞めない人の中で、面白い人」の割合より高いと思います。
一方で、「辞める人の中で、自分勝手な人」の割合は、「辞めない人の中で、自分勝手な人」の割合より高いとも思います。
ざっくりと、残りの人を「普通の人」とすると(苦笑)

辞める人/面白い人:普通の人:自分勝手な人=2:6:2
とどまる人/面白い人:普通の人:自分勝手な人=1:8:1

になるのが、組織ってものではないかなーと思うわけです。

だから、面白い人ほど会社を辞める、というのは、現象だけ見ると当たっていると感じます。
しかし、「面白い人」が会社を辞める理由として、イケダハヤトさんが指摘された3点は、表層的なものにすぎないと思うんです。


面白い人が会社を辞める理由―
それは、「辞めた自分の方が、自分と関係する社会総体に価値を生み出せる」と感じるから、ではないのでしょうか。




なぜ、上であえて「自分勝手な人」を定義したかと申し上げると…
上記のような本質的な「(面白い人の)辞める理由」を除くと、イケダハヤトさんのブログで指摘された3つの理由は、「自分勝手な人」にも当てはまるからなんです。


情報統制が、自らの社会価値創出活動の障害になっていると感じた「面白い人」は、会社を辞めます。
情報統制が、単に「うぜー」と強烈に感じた「自分勝手な人」も、会社を辞めます。
そして…、情報統制はあるものの、そのお陰で組織が保たれ、自分の「組織を通じて」やりたいことが出来、結果大きな社会価値を創出できる、と感じた「面白い人」は、会社にとどまります。

時間・場所に縛られ、自らの社会価値創出活動の障害になっていると感じた「面白い人」は、会社を辞めます。
時間・場所に縛られ、単に「うぜー」と強烈に感じた「自分勝手な人」も、会社を辞めます。
そして…、時間場所に縛られるものの、そのお陰で組織が保たれ、自分の「組織を通じて」やりたいことが出来、結果大きな社会価値を創出できる、と感じた「面白い人」は、会社にとどまります。


上記の“そして…”以下で述べた人の存在から感じる、イケダハヤトさんのブログへの違和感が、渡邉大介さんがブログを書いた理由になるかと思うのです。
※もう一度、二人のブログへのリンクを並べておきます。
「面白い人ほど会社を辞めていく」3つの理由
「面白い人ほど会社を辞めていく」なんてこたない、3つの理由。



最後の「収入面でも会社にいる必要がない」についても念のため述べておきますと…(ちょっとこの1つは、他の2つと性質が違うと思いますので、分けました)。

収入は、自らが社会に創出した価値の対価です。
「面白い人」ほど、この原則論を弁えていると思います。
となれば、収入面から考えても、「組織に残る、出る、どちらの方が社会価値を創出できるんだ?」という点が、残る/出る、の分岐点ではないかと思うわけです。

「自分勝手な人」は、自分のマイナス面を、組織がフォローしてくれた(そのことにより社会価値を創出できる自分が保たれていた)点を弁えていませんから、組織を出たらまず収入は落ちますね(苦笑)。
※現実には、「面白い人」も収入は落ちるケースがほとんどですが、中長期的かつ生涯収入を平均してに見れば、「(組織を出た)面白い人」であれば収入も伴うはずです。


ちなみに…
会社の制約条件(情報統制など)が理不尽だ、と思えば、僕はいつでも会社を辞める覚悟が出来ています。
そして、Z会にも、このような記事を書く上での制約条件はありますし、制約条件がない方がもっといろんなことが書ける部分もありますが、逆に、その制約条件があるからこそ、自らがやりたい、社会に残していきたい、と思っている教育活動の最大化が出来ている部分(つまりは「会社」として体をなす)もあります。

だから僕は、会社に残ります。
感覚的な制約条件をほとんど感じず、自分のやりたいことができていますので。
ソーシャルブックマーク:

2011.05.14 09:50

クレーン車が6人の幼い命を奪った事故。

母「持病隠して働いた」 勤務先に謝罪の手紙

もうすぐ1ヶ月がたとうとしています。

この事故、母親を云々…というのは、当事者の皆さん以外は横槍になりますので脇に置き、本ニュースで書かれた“母「持病隠して働いた」”というのは、社会的な教訓にしなければいけないでしょう。

子どもが自分だけの所有物であるかのように振舞う「自子主義」がいかに社会において不幸をもたらすかを。。。
注)自子主義、という言葉は造語であるため、細部では様々な解釈があります。


自子主義的考え、というのは、子どもの「自己」(=自身の趣味嗜好や考えが制約なく発揮できる自分)に高濃度で関与し、自己を保護者の意図どおりに形成しようとする考え方、とでも言えましょうか。
しかし社会に出ると、「自己」ではない「個人」、つまり、社会の様々な制約条件におかれた中で、社会に適合していく自分(これを「個人」とここでは呼びます)を作らなければいけません。

そして、「個人」にさせるための躾なり、指導なりが、保護者のもっとも大切な義務の1つであることは疑いようがありません。
加えていうならば、「自己」より「個人」の方が幸せなところもたくさんあるよ、という心の持ちようも感じさせなければいけないでしょう。


子どもは親の所有物ではありません。
とくに、子どもが社会に出る段階では、誤解を恐れずに申し上げるなら「自子ではない」くらいの意識が必要でしょう。

その意識があってはじめて、子どもは自己から、より個人になろうとするのですから。
ソーシャルブックマーク:

2011.05.02 01:20

当事者意識の溢れた人が多い集団は強いし、活き活きしているし、思いやりにあふれています。
社会も、会社組織も、地域コミュニティも。

5月2日。今日はその想いを強くしました。覚えておこう、この日を。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ