Z会ブログトップへ

2012.01.10 23:40

企業人で、自らの考えている「べき論」=自分の主観という閉じた世界の中での「理念」=が否定されたときに

・企業に愚痴を言う(「うちの企業は社会貢献が目的じゃなかったのか!」パターン)
・他の人に愚痴を言う(「管理職がいくらいってもわかってくれない」パターン)

などとなる人は、たいがい、使い物になりません。


人間の理念を突き詰めると、ほとんどの人が「誰かのために役立つ人物(および企業)であるべき」とか、「(法律に違反する、という意味で)悪いことをしてはいけない」とかに行き着くはずです。
そんなん「アタリマエ」ですよね。

じゃ、「アタリマエ」のことを盾にして、自ら行使したいと思っているすべての企業活動が正当化されるでしょうか?
…そんなわけないですよね。
「自分の提案は法律違反ではない!だからやらないのはおかしい!」
…おいおい、って、誰しも思うでしょう。


自分の提案が企業の中で通らない場合、理念(=誰しも共通に思っている「人間はかくあるべき」という思い)を根拠にして愚痴を言ったり文句をいったりする(ましてや陰で言う/わかる人にだけ言う)人は、誤解を恐れずに言えば、「バカ」です。
組織の抱えている課題を、組織を通じて解決する手法を生み出せない言い訳を、別のところに求めているだけですから。

組織の課題を認識していて、動かない組織を歯がゆく思うだけの「理念が高い人」であれば、問題ないんですよ。
ましてや、地道に、自分のできる範囲で課題解決行動を「具体的に」(つまり、組織の論理に従い、組織で求められる結果と整合性を保ちながら)起こしている人は、賞賛すらされます。

上述の「バカ」は、知恵が足りない、という自己認識が全くない上、他に責任転嫁している点で「バカ」なのです(知恵が足りない、という状況だけで、僕は「バカ」といいません)。

組織の周りの人を動かせていない、ということは、自らに説得力がない、知恵がないから、なんですよね。そのようにかけらも思わない人は、「バカ」ということなんです。

理念は、結果を残した人が吐くから、とても説得力があるんです。
結果を残していない人が吐いても、周りは何も感動しません。


お世話になっている人の一人に、石川淳哉さんがいます。
彼は今、自らの会社を経営しつつ、プレイヤーは現場にほとんど譲り、被災地復興に一生懸命…そんな言葉では語れないくらいコミットしています。

彼は結果を残した人です(多くの社員を抱える会社の社長ですからね)。
そんな彼に、「僕は目の前にいる人を幸せにしたいんです」というようなことを口にしたら「それは具体的にどういうこと?」と返されました。
そのあと「で、具体的に?」「で、その案は?」「で、何のために?」…と矢継ぎ早に質問が続きます。
…すると、最後にまた、「僕は目の前にいる人を幸せにしたいんです」ということに戻るんですよね。

僕は言いました。
「あれ、最初に戻っちゃいましたね…すみません、まだまだ想いが足りないってことなんですよね…」

すると彼は言いました。
「いや、誰でもそうなります。突き詰めた理念は抽象的になりますから。」


彼は僕が放った「具体案」や「具体的な役割」を実際に行動に転化し、しっかり結果に残している、だから同じ理念を口にしても、説得力があるんです。
間の過程がない人が、最後の理念を口にしても…ましてや他者を責めるのは、ただの使えない人なんです。

表面で残る言葉は同じであっても。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ