Z会ブログトップへ

2012.06.21 14:50

先週末に沖縄に行ってたわけですが、そこで目にした、ナゴパイナップルパークの宣伝やパンフレット。

これがめちゃくちゃおもしろい!

そして、とーっても、足を運びたい気持ちになるんですよね、これが。
今回は時間の関係で、どーしても行けませんでしたが、次に沖縄に行った時には、絶対!立ち寄ってみたいと言う気持ちになりました。なんか幸せな気分になれそうですので。


いろいろインターネットで調べてみると、ほんとに様々なところに、マーケティングの仕掛けが転がっていることがわかりました。
僕が沖縄で感じた感覚とあわせてご紹介します。


1.パンフレットに子どもが飛びつく!

パンフレットはこんな感じです。
ナゴパイナップルパーク

到着したホテルにあったんですが、ひときわ目立っていました。
パイナップルの形に切る、という、ちょっとした工夫(だけれどコストアップの原因)をしているのですが、これにうちの娘がすぐ反応。これほしい!と。

このときまでナゴパイナップルパークの存在すら知らなかった僕が、知るキッカケとなりました。
また、パンフレットの中では、「ビッグパイナップルパフェ」という、高さ37cm!のパフェが紹介されていて、これは記念に食べなければ!…という気持ちにさせられました。
知るキッカケを子どもに作らせて、知った後の情報提供は大人を(も)ワクワクさせるものにという、見事なマーケティングです。


2.CMソングが刷り込まれる!

コマーシャルソングが秀逸です。YouTubeで見つけたものをリンクします。

★沖縄ローカルCM★ - ナゴパイナップルパーク天気予報 90秒 2010年

♪パ・パ・パ・パ・パ・パ・パ、パーイナップール
パ・パ・パ・パ・パ・パ・パ、パーイナップール♪


我が家は家族3名、沖縄でTVCMに触れ、イッキにヤられました(笑)
今でも家で、娘が「♪パ・パ・パ・パ・パ・パ・パ、パーイナップール」と、ことあるごとに口づさんでいます。

しかもこれ、天気予報でスポンサーCMを流すあたりが秀逸なんです。
沖縄の観光客は、天気、他の観光地に行った時より気にしますよね。
そんな観光客を狙い撃ち!なわけです。


3.アンテナショップがレンターカー営業所(&空港)の近くに!

僕は沖縄に行ったのが初めてでしたが、想像をはるかに上回る、「わ」ナンバーの多さでした。
あるビーチに止まっていた30台くらいの車のうち、3台を除いて全部「わ」ナンバーとか…そういうレベルです。
それくらい、レンタカーがバンバン出ているんですよね。

沖縄空港からバス送迎で5分くらいのところに、多くのレンタカー営業所が集っています。
その、すぐそばに!アンテナショップの「パイナップルハウス」があります。

沖縄に行って、レンタカー借りる日は、その日は「レンタカー借りるだけ、あとはホテル直行」という場合も多いことが想像できます(僕も実際そうでした)。
レンタカーを返却する時間、多くの旅行パッケージでは、飛行機出発時間の2時間弱前までとなっています。
そんな人たちに出来た「すき間時間」を狙い撃ちできるように、「パイナップルハウス」を出店しているんです。


4.来店者の「あるといいな」をくすぐる企画や商品が!

ナゴパイナップルパーク、そして「パイナップルハウス」、いずれも、パイナップルが食べ放題というサービスがついています!
子どもは間違いなく惹かれますし、大人も「いいなーこれ」と思えるサービスですよね。

子どもが食べ放題に専念!?している間に、大人も満足、沖縄そばの準備もあります。
パイナップルハウス」では、店内で沖縄そばを食せます(しかも「名店」との評判!)。
ナゴパイナップルパークの近くでは大家(うふやー)を展開。
「子どもがパイナップルに惹かれているけど、私はそこまでしてパイナップルは…」という心境が、「沖縄そば」という一手により、「あ!これがあるなら行きたい」という心境になれるわけですよね。


5.他にもいろいろ!

挙げるとキリがないですが

・高品質・高価な「パイナップルプレミアムケーキ」を、沖縄旅行パッケージでは必ずといっていいほど盛り込まれるDFSギャラリア沖縄店(免税店)に出品

Webサイトでは「人気商品ベスト10をしっかり表示」「お得な入園券をセンターに」「ゼロ・エミッションの取り組みなどのうんちくを“センター下”という絶妙なポジショニング」。

Webサイトで秀逸なところは左サイドバー「忘れ物・落し物」のバナー。
クリックすると「忘れ物・落し物」をした場合の連絡先がすぐに表示!
「忘れ物・落し物」をしてしまった人への想像力を働かせないと、できない工夫…。
ほんとに小さなことですが、「そんなに凄い工夫かぁ?」と甘く見ている方には、まず実際には出来ない工夫だと思います。


最後に…今一度、Webサイトの上部バナーに出てくる文言を追っかけて…

「パイナップルが食べ放題だよ!」
「自動運転のパイナップル号でらくらく見学!」
「パイナップルって楽しいよ みんな来てね!」

…この最後の一言、「文章の正確さ」を求めすぎると、まず出てきません(笑)
しかし、ストレートに顧客心理をくすぐり、そして、自分が「ウリ」にしている商品・サービス…そう、「パイナップル」への愛情と自信を、強く感じる一言です。

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ