Z会ブログトップへ

2012.02.13 23:47

『教師になるということ』
(池田修/ひまわり社)

著者の池田修先生とは面識があり、たまたまあるブログを見ていたら、本著が紹介されており即購入。
教師の皆さんともいろいろと交流がある身ですので、教師になる側の気持ちを今以上に知りたいとも思い。


感想を短く述べるなら、

教師にちょっと興味をもたれた方、
本格的に教師になりたい!と思われた方、
教師になって数年経過し、自分の足元を固めたい方…

まるっと括って「教師という仕事に興味・関心があったり、関わったりしている人」のことを、一生懸命、一生懸命考えて、そして、その皆さんに分かりやすい言葉で話しかけてくれる…

そんな素敵な書籍でした。


また、教育と言う生業に関わっている人はもちろん、関わっていない方も、「教師って普段どんなこと考えて仕事しているんだろう?」と想いを馳せるには、とっても、とっても良い本です(読みやすいし)。


本著では、教師になるために考える8つのポイントに従って章立てされています。
その8つとは

(1)教育とは
(2)教師になるには
(3)いま何をしたらいいのか
(4)教師の魅力
(5)教師に必要な力
(6)クラスをつくるとは
(7)授業をつくるとは
(8)社会につながる学力とは

そして、たとえば、(1)では「学校教育の役割」などを、とても明確に、具体的に、そして短くまとめています。


読み終えて…教育関係の書籍にありがちな「説教臭さ」が何も感じられな語ったなあ、と思いました。
なんか、こう、すーっと、入ってくる、というか。


池田先生の想いが垣間見える、最終章の文章を抜粋。

「もし、私が、学力を定義するならば、「人格を完成の方向に導く力」「いまの社会を良くすることが出来る力」としたいのです。」


僕のブログを良くご覧戴いている方も、きっとすっきりした想いになると思いますよ。『教師になるということ』は。
ソーシャルブックマーク:

2011.06.24 17:10

もうどういう順序でつながったか忘れちゃいましたが(笑)、ツイッターでつながって、社会の未来のために、「教育」という領域で奮闘している5名がいます(注:5名しかいない、というわけではありませんからね、念のため。笑)。

藤川大祐教授(千葉大学)
情報リテラシーの教育や、企業と学生を「つなぐ」活動において、日本で最も頑張られている方の一人です。

池田修教授(京都橘大学)
「明日の教室」を主宰し、学級経営について真剣に考えられている方です。

西川純教授(上越教育大学)
『学び合い』の提唱者。教育の思想の中ではイノベーション的ですね。

坂内智之先生(福島県赤木小学校教諭)
『学び合い』の実践として第一人者。

森達也社長(教育同人社)
リアル熟議を開催するなど、教育について様々な企画を実行されている方。

この1年で、全員の方にお目にかかる僥倖に恵まれましたが、この5名、全員、「つながって」いるんですよね。
出会いはすべて別々、にも関わらず。(まさか二人がつながっているとは思いませんでしたよ~という方も)


教育を変えていくには、同志が必要だと思っています。
ツイッターでは、同志(と勝手に思っています。笑)を見える化し、つないでくれます。
住んでいる地域もバラバラな人間同志を。


ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ