Z会ブログトップへ

2011.04.18 21:30

昨日のブログの続きで、『自己チュー親子』より。


二五年ほど前から、生徒たちは自分が「やったこと」から目を背け、もっぱら「思ったこと」に閉じこもるようになった。「思ったこと」は「自己」の内面でもあり、ほかの人には見えない聖域である。自分だけの確かな世界である。

「やったこと」と「思ったこと」の対比がキレイな表現ですね。


日本社会が「消費社会」段階に入って五年くらいたった1980(昭和55)年くらいから、学校が不安定になり始めた。80年前後の中学生たちによる「校内暴力」がその嚆矢である。
高校講師の私がはっきりと変化を意識したのは1983年ころであり、ちょうど中学の「校内暴力」大発生の三年くらい後である。


「校内暴力」という言葉が出始めた頃の把握と、高校教師の現場体験からの話として、気に留めておきたい文章です。


1983年前後の高校生たちの変容について、うまく説明することはとても難しい。一言でいえば、生徒が学校の包括的な指導から離れ出したのである。かつての生徒ではなくなった。教師と生徒たちがズレ始めた。生徒たちが教師の後について歩かなくなった。自分の思うこと(内面的位置づけ)にこだわりだした。学校の公共性を認めなくなった。

1983年といえば、僕が10歳になる年である。9歳になる年(3年生)の担任は新任の女性教諭で、今ではひどいことをしたと思っていますが(注:今でも賀状のやり取りをする関係です)、毎日のように先生を「泣かす」クラスでした。「泣かす」というのも、本当に涙を流すこと、毎日でした。
「生徒たちが教師の後について歩かなくなった」のは、小学3年生の自分ですら体験していました(授業のスポイルとか、そういうことはやりませんでしたが…)。


自分の好きなように生きたいとは、誰しも望むものである。自分の好きなように生きるためには、社会や体制や周りとの距離を測らなければいけない。ということは、自分はどういう人間かを測っている必要がある。
(中略)
ところが「新しい子ども」たちは、社会や学校や周りとの距離を測らずに、自分の好きなように生きようとし始めた。これでは社会的な「個人」や「私」が形成されるはずがない。


まだ幼い若者が、好きなように生きたいと思えば思うほど、実は思うようには生きられません。
なぜなら「社会」との断絶が増えるだけですので。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ