Z会ブログトップへ

2017.01.04 21:35

年始年末、ほんの少しだけ(苦笑)自宅の整理をしていたら、本棚から
『自由と規律』(池田潔)
が出てきました。

この本、昨年末に勤務先のICT CONNECT 21にて、「プログラミング教育」の勉強会で、イギリスの教育制度や、「Computing」という教科についていろいろ学んだ際、講師の方から紹介された書籍なんです。

『自由と規律』、購入したのは、大学生時代、(サークル活動を一緒にやっていた)日本女子大学の学園祭にて、古本で10円で売っていて、店員の女子大生が薦めるので(笑)、内容もよくわからず買った記憶があります。
どうやらそのときのことを一瞬忘れていたみたいで、アマゾンで10年前に新品で購入歴あるようですww
※今回出てきた本は、大学生時代に買った本で、扉にしっかり元の所有者名のお名前が…

恐らく以前にこのような経験がなかったら、今回講師から『自由と規律』を紹介されても、私は「読もう」と思えるまで興味を示さなかったと思います。
他にいろいろやることがある中で、「しらないもの」「触れたことがないもの」への行動は、人間どうしても億劫になりますから。

今回は、書棚にある本で、かつ、中途半端にしか読んでいませんでしたので、今回再読しようと思っています。
「講師の方が紹介する前に一度触れていた経験」が、知を得る行動へ自らを向かわせた例ですね。


世の中には、自らの知識や知恵が追いついていないため、自らの興味・関心が喚起されていないものがたくさんあります。
少年少女の頃「なんで勉強しなければいけないの?」と、とくに自ら嫌な教科について思ってしまい、ときには言葉にまでしてしまうのは、「自らの知識や知恵が追いついていないため、自らの興味・関心が喚起されていない」ことも影響していますよね。
だから、知識や知恵が追いついたら、「もっと早く勉強しておけばよかった!」となるわけで…。

とはいえ、知識や知恵がないものに対し、ベクトルを向かわせるのは大変です。
そこで、提案したいのは、「触れておく」ってことであり、教育する立場の側からすれば「触れさせておく」ってことになると思います。


私が立ち上げに携わった塾に「Z会東大個別指導教室プレアデス」があります。
塾の中には、英治出版さんに多大なるご協力を頂戴し、多くのためになるビジネス書が並べられています。
これは「東大の先」を見せることで「社会に役立つ人」を志向するようになる「場づくり」の演出とともに、「触れさせる」ことに拘ったからでもあります。

この塾で育てば、大学に入って再度その本に出会うと、「あ、どこかで聞いたことがある」と思い、本を読む、という次の行動につなげられるだろう…という願いを込めて。

ソーシャルブックマーク:

2016.04.24 03:22

Z会×東大生カフェ~東大生がもっと身近になる空間
↑クリック!


2016年の東大、五月祭が近づいています。
パンフレットなどへもZ会は協賛させていただいています。

そしてZ会東大個別指導教室プレアデスの東大生と一緒に行う企画がZ会×東大生カフェ~東大生がもっと身近になる空間です。

「東大生に、恋した日」がキャッチコピーの五月祭。
プレアデスの東大生ともゆっくり、語らいの場を設けてください(笑)
ソーシャルブックマーク:

2016.04.07 21:22

Z会東大個別指導教室プレアデスから第一期生が東大合格!
インタビューを掲載しています。

2016年度春 東大合格者インタビュー

勉強法のヒントになることも盛りだくさん。
ぜひご覧ください。
ソーシャルブックマーク:

2016.02.27 11:07

変わりゆく大学入試についての講演会に出席しています。
http://www.news2u.net/releases/142922


記憶に残るポイントを簡単にレポートします。

・これからの学力は「知識・技能」以上に「それを活用する力」が必要

・新センター試験の問題例(数学)では、わざと不要な情報が問題文に載っている。
→必要な情報を捉え活用する力

・中教審では(これからは)「活用力」「思考力」を問う大学入試を、とよく話題になる。
→話題がいまでてきたのではなく、東大入試はずーーーっとそう。
→東大のアドミッションポリシーでも明確に書いてある。

・大学入試数学では「読解力」がかなり必要=論理的思考力が土台にないといけない。

・学びで大切なのは「わかる」→「学ぶ」→「本当にわかる」の三段活用。

・学校の勉強が第一。

・「マニュアルを使う側の人間」ではなく「マニュアルを作る側の人間」に。

・2030年には49%の職業がコンピューターに代替される可能性

・創造性や社会的知性が必要な仕事は残る

・知識を整理する、考え方をまとめる、他者に説明する。これらが大学入試で必要。→メテウスで!

ソーシャルブックマーク:

2016.02.22 18:39

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司さんのブログで、非常に納得する記事を拝見しました。

「自己受容」は「幸せ」と比例する
↑ブログ記事にリンクしています。

「自己受容が高い人は人生満足尺度も高く、自己受容が低い人は人生満足尺度も低い傾向が、くっきりと現れています。」(ブログより引用)

そして、「自己受容」が高い、と判断されるアンケート項目の1つに、次があることが注目です。

「自分の人生を振り返ったとき、今までの物事の成行きを喜んでいる」


今まで起きたことについて納得していれば、これから必ず幸せをつかめる!(だから納得すればすべてOK!)…とまではいえないと思う一方で、今まで起きたことについて納得していれば、人生満足尺度が高い自分自身を作る確度は高まるとはいえるわけですね。

東大合格者に、合格直後に聞いたインタビューの第一声で出てくるコメントで多いもの。
「これまでお世話になった皆さんに感謝しかありません」
何か関係しているような気がしませんか?

受験生の皆さん。悔やんだって幸せになりません。
これまでやってきたことに自信を持つだけで、幸せをつかめることだってありますよ。


そして…Z会東大個別指導教室プレアデスでは、入試前日まで東大受験生を応援します。

入試直前!東大生による最終レクチャー
↑サイトにリンクしています。

東大生を味方につけ、直前講義と東大下見。
きっと皆さんに自信を植え付けることと思います。
ソーシャルブックマーク:

2016.02.16 22:07

本日ニュースリリースでも出させていただきましたが、Z会東大個別指導教室プレアデスの本郷・渋谷の両教室にて、東大受験生を最後まで応援する企画を行います。

【Z会東大個別指導教室プレアデス】開催間近!東大2次試験直前の受験生を現役東大生が支援する「入試直前!東大生による最終レクチャー」
↑リリースにリンクします。

このたび、周辺ホテルの協力を得て、さらなる応援をいたします!

まずは本郷(東大理系受験者試験会場)。
東大赤門に一番近いビジネスホテルとして有名な幾山館さんに、上記企画のご案内チラシを置かせていただきました。
そして、このチラシを持参された方は、(友人同伴ではなく、お1人での参加であっても)1,000円にて受講できます!
※友人同伴割引との同時適用はありません、ご容赦ください。

そして駒場(東大文系受験者試験会場)
東大駒場から1駅の(井の頭線)神泉駅が最寄、渋谷駅より東大駒場キャンパスに近いホテル東急ステイ渋谷さんに、上記企画のご案内チラシを置かせていただきました。
幾山館さんと同様の割引にて受講できます。


最後まで東大受験生を精一杯応援したい。。。
そんな素敵なホテル・宿の皆さんと一緒に、プレアデスも直前まで、東大受験生を支援していきます。
ソーシャルブックマーク:

2016.02.08 23:50

Z会東大個別指導教室プレアデス
おかげさまで渋谷に1号店を開校し、もうすぐ1年が経過しようとしています。

叡智と情熱に溢れた東大生講師のお陰で、開校年から素晴らしい実績が出ています。
それがこの、聖光学院の方です。

プレアデスに通って3ヶ月、成績がグンと伸びた
↑記事にリンクします。

記事中にもあるとおり、1年→2年になる際は学年下位をさまよっていた聖光学院の彼。
「選抜クラスに入りたい」という目標を持ち、東大生講師の「能力を引き出す」指導により、わずか3ヶ月で成績上位1/4まで躍進。
2学期はわずかに選抜クラスに入れなかったそうですが、吉報が届きました。
「3学期は選抜クラスに入れました!」


しかし彼は甘えることはありません。
「3年のスタート時で選抜クラスに入ることが何よりも大切。3学期期末も気を抜きません。」

何と頼もしい。

そのことを東大生の講師に「彼凄いよね」と告げたら
「何言ってるんですか寺西さん。東大合格までそんなこと言っちゃダメですよ。そして目標はその先の人材育成じゃないですか。」


これがZ会東大個別指導教室プレアデスです。


東大入試直前には、東大生の叡智を結集したレジュメも配布する企画を行います。

【受験生直前企画】入試直前!東大生による最終レクチャー

↑紹介ページにリンクします。

地方在住の方も参加できる企画になっていますので、続々申込がたっています。
定員になる前に早めにお申込ください!
ソーシャルブックマーク:

2016.01.31 14:56

大学入試改革が昨年より話題になっています。

「面接を導入する」「複数回実施を見送る」「記述式を導入する」…云々、入試の「手段」についてはいろいろ話題になりますが、なかなか話題にならず見落とされがちなのは

どんな「学力」がこれからの若者に必要で、どんな「学力」を評価しようとしているか

という本質的な視点です。


実は「学力の3要素」として、2007年の学校教育法で定義されたものがあります。

(1)基礎的・基本的な知識・技能
(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等
(3)主体的に学習に取り組む態度


大学入試改革では、これらの3要素を測るための試験を模索しているんですね。
(明日に続く)


【PR】
Z会東大個別指導教室プレアデスでは、東大入試直前まで受験生を応援します。
地方からの東大受験生にとって耳寄りな企画をご紹介!
【受験生直前企画】入試直前!東大生による最終レクチャー
ソーシャルブックマーク:

2016.01.30 23:15

【受験生直前企画】入試直前!東大生による最終レクチャー

地方出身の私が、Z会に就職し、やりたかった企画の一つ、叶いました。。。


地方にいると、いろいろと情報不足で不安なんですよね。。
直前に東大生にアドバイスを受けられたり、下見に付き合ってもらえると、不安が薄れるな…と、私自身が思った気持ちをそのまま形にしています。

多くの受験生に役立つことを願っています。
ソーシャルブックマーク:

2016.01.04 12:04

【PR】Z会東大個別指導教室プレアデス過去問個別指導講座


歳をとるにつれて、人を批判する気持ちは薄くなり、自分のできることを出来る限りやろう、そのための時間に使おう、と思うようになってきました。

・時間が有限であることを(歳とともに)意識するようになった。
・批判しても変わらないという経験を何度もした。
・振り返ってみると、批判していた自分が、批判している対象を改善することにコミットしていないことがほとんどだと思うようになった。
・若い人の批判を聞くようになり、その多くはもっともだと思う一方で、批判している方自身が打開の為に動いていない(本人は動いていると思っているが、森の中の木レベルの動きに留まっている)ケースがほとんどと思うようになった。

…など、理由は複合的です。

物事を良くするため、「こと」の批判は価値のあることもありますが(物事を悪化させるときの方が多いとも思いますが)、人の批判は無益と感じるようになりましたね。ほんと。。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ