Z会ブログトップへ

2018.01.26 17:20

最近、経済産業省の「未来の教室」関係の投稿が多いです。

▼未来の教室とEdTech研究会
http://www.meti.go.jp/press/2017/01/20180116001/20180116001.html

一方で私は、文部科学省の新学習指導要領の方向性にも個人的にはかなり強く賛同しています。
▼平成29年3月公示 新学習指導要領(次期学習指導要領)文部科学省告示
https://ictconnect21.jp/document/170331_next_shidoyoryo/

手段は別にして、一番大きな目的と方向性は、新学習指導要領と「未来の教室」で向かおうとしているところは「全く」と言っていいほど同じだと思っています。


経産省の「未来の教室」関係の、世の中の様々な投稿を見ると「文科省が動かない(やらない)から…」的な表現を見ることがありますが、正確には違うと思います。「やれない」んですよ。様々な制約条件(予算・制約・ちょっとしたことで批判の電話がかかってきてそれに時間を費やさなければいけない←これが一番無駄と声高に言いたい)があって。
なかのひとはほんと、すごくすごく、を何度言ってもいいほど、頑張られていますよ。

一方で、「未来の教室」に違和感を覚え批判的な投稿もみますが、それもまたそれで「じゃあどうすればいいの」「今の閉塞状態(少しずつ明るくなっているとは感じていますが)を打破するアイディアあるの」と聞きたくなります。経産省のみなさんが、みんな必死に考えて制約条件をなるべく振り払いながらアウトプットしている活動があり、これまたなかのひとはほんと、すごくすごく、を何度言ってもいいほど、頑張られていますよ。


頑張っている人に敬意を表さず批判する姿が社会に余りにも蔓延している気がします。

私個人も、様々なアウトプット見て「それどうよ」と思うことはありますが(そして仲間内にそう表現することもありますが)、制約条件の中頑張っていることに対してまずは敬意を表するが先であって、そして「それどうよ」は安易に発しないようにしたいと思います(思わずするときもありますが。そうすることがある自分を認め、そういうことがあったら素直にごめんなさいと思いたい)。

そして、いくら自分が頑張っていても、そのひとが他人に対して敬意を無くしたら説得力を無くしますから、これもよくないと思います。
私も人に対して批判的になることはリアルのやり取りではありますが、その多くは自分の行動に過剰に制約が加わることへの防御が過剰になっての攻撃的批判になることであって(これがそうなりすぎる欠点はありますが、それは別の話として)、自分とは直接関係のない人の行動に対し攻撃的になることはないです(と思っています)。
簡潔に言えば「ヤツはヤツで頑張っているからほっときゃいいよ(自分とは違うけど、それでいいじゃん)」的姿勢が強いんですね。

みんながんばっている。
だから自分は自分のできることをやる。
他人に余計に干渉する時間を少しでも自分のやれることに費やす。
他人と関係するときは、関係することで物事が「よく」なるときであって、「よく」しようと思うときだけ(結果、得てして「それいいじゃん!」という支援の方が多くなる)。
そんあ社会の方がいいなあ。


最後に。
若い人は、そうなりつつあります。そうなろうとしています。
だから年配(40歳以上かな)は、自らが制約条件の中で戦いつつ、少しでもくだらない(とでもいいますか)制約条件を無くして、若い人ががんばれる、がんばることで社会を創る、それが幸せと思える環境整備、しませんか。

そのためには、「みんながんばっている」という姿勢から、自分とは違う価値観や手法の人への敬意がまず先だと思います。
ソーシャルブックマーク:

2017.12.02 16:14

新学習指導要領下で強化される小学校段階での外国語教育。
その新教材説明会の動画が文科省より公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=0L4CumZo65Y&list=PLGpGsGZ3lmbBzeX67bofX6HySoIheD_N0

新学習指導要領については、ICT CONNECT 21のこちらのサイトで様々なことをまとめています。
どうぞご参照ください。
https://ictconnect21.jp/document/170331_next_shidoyoryo/
ソーシャルブックマーク:

2016.08.16 23:00

※次期学習指導要領に向けた資料一式はこちらからご覧いただけます。

次期学習指導要領に向けたこれまでの審議まとめ(素案)の12ページには、このような文章があります。

==(以下、引用)==
○現行の学習指導要領で、各教科等を貫く改善の視点として言語活動の充実を掲げた点などに議論の成果の一端が盛り込まれ、教科等の枠を越えた具体的な展開を求めたことによって、一定の成果は得られつつある。しかしながら、「生きる力」とは何かを資質・能力として具体化し、教育目標や教育内容として明示したり、資質・能力を育むために必要な指導の在り方や、教科等間のつながりを示したりするまでには至っていない。

○したがって、現行の学習指導要領は、全体として、各教科等においてそれぞれ教えるべき内容に関する記述を中心とし、知識や技能の内容に沿って教科等ごとに体系化したものとなっている。このことが、各教科等で縦割りになりがちな状況の改善を妨げるとともに、学力についての認識が、何かを知っていることにとどまりがちであり、知っていることを活用して「何ができるようになるか」にまで発展しないことの背景にもあるのではないかと懸念される。こうした体系の中では、改訂を重ねるごとに、各教科等において教えるべき内容のみが見直され、その独自性が増していくこととなる。
==(引用終了)==

この文章からわかることがあります。

・「資質・能力」(=何ができるようになるか)の明確化
・教科等間のつながりの明示(→カリキュラム・マネジメント)

これからの学習指導要領は、「各教科で学習すべき内容」を記載するだけではなくなる方向性がはっきりと示されています。

ソーシャルブックマーク:

2016.08.04 23:50

次期学習指導要領で「カリキュラム・マネジメント」が重要視されることが(ある意味)明らかになってから、自分と親しい間柄の現場の先生や教育関係者が、ネット上でさまざまなコメントを寄せています。

まず、“「カリキュラム・マネジメント」なんて本当にできるの?先生がこれまでやってきたことはないし、いま先生はただでさえ忙しいし…”という声。
いまの現場の状況から、現場の気持ちを代弁した声とも言えるかもしれません。


一方で、このように言うのは(あくまで私の周りでは)現場の先生ではなく、現場の先生を見つめる立場の方がほとんどです。
親しい現場の先生は「やらなきゃいけない」あるいは「やるぞ!」「やれるよ!」さらには「とっくにやってるんだけど」という声が多いです。

「ゆとり教育が失敗した」と言われる文脈では、「ゆとり教育のときは国が理念と制度だけ決めて、あとは全部現場に丸投げした」という声も聞きます。
そしてそのことは、文科省もわかっていると思います。だから今回は、丸投げのようなことはないと思いますし(これからつめていく段に入られると思いますが…)、そういう温度も感じます。

こんな状況を見ると、国・現場が一緒になって、「いま」教育改革をやらなければいけないんだ、という空気を、私は感じています。


ソーシャルブックマーク:

2013.11.07 23:30

※小6生よ、中学入学に備えよ!
http://www.zkai.co.jp/jr/junbi/index.html
 
・・・
 
先週末まで激しくで歩いていた反動で、夜になると眠くなる毎日。。。
お恥ずかしい話ですが、3日連続で
 
22時代に就寝(早起きして朝、走るぞ!)→結局8時まで爆睡
 
という状況(なんと10時間睡眠!)
うー、もっとうまく時間を使えたら…という感じ。
 
運動が大嫌いなんですよね、僕。
でも、体の衰えが(苦笑)顕著になっているので、少しずつやらなきゃ、という状況。
しかしなかなか動かない。
 
 
自分のためには動かないんですが、仕事にくるとしゃきっとするんですよね、この3日間。
解決しなければいけない課題がいろいろあるので、その方が体が動くらしいです(苦笑
 
 
自分のため×人のため、という状況が、一番体が動きますね。
ということで!?明日も出張行ってきます。
文科省、中央教育審議会、いざ参戦!
ソーシャルブックマーク:

2011.08.11 23:00

今、文科省、初等中等局の決定において、「キャリア教育における外部人材活用等に関する調査研究協力者会議」という会議体があり、先日中間とりまとめが発表されました。

その中間とりまとめに対する意見がこちらになります。


学校教育で、もっと企業のことを教えるべき!とか、先生に民間人活用を!とか、もっともらしく、かつ、簡単な意見は誰でも言えます。
本気で思うのであれば、今、官や専門家でどのような意見が交わされているかを知った上で、意見すべきだと思うんです。


しかし、意外と、こういう議論がされていることを知らない方が多いです。
参考までに掲載しておきます。

ソーシャルブックマーク:

2011.07.15 12:55

昨日、文科省から発表があった、とある会(審議会とか、そういう系のもの)の傍聴希望に今日朝イチで応募しました。

この会の内容は

1.僕にとって関心のある領域
2.ビジネスに関係する可能性を秘めている領域
3.今の自分にとっては「勉強不足」の領域(勉強していないわけではないですが)

です。
これだけだったら、たくさんの「参考になる勉強会」があるんですが、今回脊髄反射で「参加っ!」と決めたのは

1回目

だったから。


ほんとうに、ほんとうに、多くの人は、もったいないことに、

・上記2の可能性の高低を見極めようとする(=可能性が高いものを選ぼうと慎重になる)
・上記3の際、「勉強不足のところにいって参考になるのかな…」って気になる

などの理由で、誰からも(その「会」の)噂が聞こえてこない「第1回目」には参加しません。


だからこそ、「第1回目」に参加する人は、意識高いわけです。
自ら動こうとしている人が多いわけです。

自己主張が強い人も集まっちゃうのがちょっと難点ですが。
そういう人は場を乱す可能性もあって。笑。

けど、メリットが、デメリットを、大きく上回っています。
そんな会に出て、参加者と交流を深め、いつのまにか会をリードする側に立っている…
なんてこと、これまで何度もありましたから。


打算で動く(「いい勉強会だよ」などの評判を聞きつけてから動く)人、
「自分のイマ」にない領域に成長しようとしない人、
そんな人とはこれ以上交流を増やそうとは思いません(今で十分おなかいっぱいなので)

イマにない領域に挑戦する人と、イマにないものを生み出して行きたいのです。


そのためには、「待ち」ではだめ。もちろん、「攻め」でないと。
その「攻め」として「初物」は、おいしい肴、ですw
ソーシャルブックマーク:

2011.07.07 08:00

本日(7/7)は、教育×ICTの実証研究発表会で、文科省に伺っています。

公立小中での取組みが一度に聞けるめったにない機会。
先生方との直接交流の時間もありますので、いろいろ勉強になると思っています。



ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2018年02月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

月別アーカイブ