Z会ブログトップへ

2016.09.13 13:27

本日午前は「国立教員養成大学・学部、大学院、附属学校の改革に関する有識者会議(第1回)の開催について」に出席していました。
配られた資料の中に、「次世代の学校指導体制の在り方について(最終まとめ)が一部抜粋されており、さらにその一部が文科省の方から読み上げられました。

「教員が、教科指導、生徒指導、部活動指導等を一体的に行う「日本型学校教育」は、国際的にも高く評価される大きな成果。」
※出典は「次世代の学校指導体制の在り方について(最終まとめ)<概要>1ページ目


他国の学校教育の良い部分にスポットライトがあたることがあります。
そして、良い部分に学ぶところは沢山あります。

一方で、「日本型学校教育」も素晴らしいんです。
たとえば、徳育(しつけ)にあたる部分。フランスは、徳育(しつけ)は家庭と教会で行い、学校は知育、と区別が厳格だそうですが、いまの日本の学校教育で、徳育(しつけ)がすべて学校以外に委ねられる姿は想像しにくいですよね。
※もちろん、本質的には「しつけは家庭」でしょうが、本質通りに現実を動かすのは難しい(かといって現実に甘えてもいけない)、という意味で。。。

いろいろな事情のある子供たちの徳育まで実質的に背負う部分もある日本の学校教育は、ありがたいと思えませんか…?


これまでの歴史で培ってきた「日本型学校教育」は素晴らしいんです。
ただ、家庭が背負うべき部分を学校が背負ってきた側面もある気が個人的にはいたします。

今後、次世代の社会を担う子供たちを育成するために、学校(教師)に求められることは、質も高く量も多くなることが予想されます(とくに、次期学習指導要領から…)。
そんな学校(教師)に少しでもパフォーマンスを高くしていただくために、これまでの「日本型学校教育」に感謝と敬意をもつことから、学校の余計な負荷を少なくしようという社会形成が始まる気がいたします。


余談ですが…
「学びの地図」を目指す次期学習指導要領。
これをキッカケに、多くのご家庭で、学校教育に思いを馳せていただけるといいなあ、と思います。


ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ