Z会ブログトップへ

2011.08.04 16:51

震災からまもなく5ヶ月がたとうとしています。
基幹インフラはかなり復旧したようですが、まだまだ元の状態になるには程遠い状態…
まとまった時間のとれる方…とくに大学生をはじめとした若い方は、是非自分自身が人手となって、現地の復興協力に励んで戴けると嬉しいですね。
きっとその後、自分自身にも、「経験」という大きな資産と、現地の人々から大きな「幸せに生きる気持ち」をもらえると思いますから。
※どこにいけばよいか不安な方は、石巻市災害ボランティアセンターへまず!とのことです(今回、ボランティアを経験した知人談。行政単位として「石巻市」は大きいため人手が足りず、かつ、ボランティアの連携体制が整っており、初めての方でも十分活躍できるから、とのこと。)。


さて。支援にあたって大切なことは、「支援を最大化すること」だと思います。
横浜で働くサラリーマン、フジイユウジさんが、支援最大化についてとてもよくまとめた記事を書かれています。

チャリティ企画の相談を受けたときの話。

イベントやセミナーで義捐金を集めるのは結構だが、イベントやセミナー自体に多額のお金をかけては意味がない、的な話が書かれています。とくにこちらの文章が秀逸です。

===(以下、引用)===
ZOZOのTシャツとか、グルーポンのマッチングギフトとか、ガガ様とかは、その知名度を有効に使ってますよね。ZOZOのTシャツなんて3億5千万円以上集まったらしいですけども、原価は凄く安いと思うんですよ。もちろん原価が安くてダメって話じゃなく、むしろ逆で、原価分の金額をただ義捐金にするのではなく、一旦Tシャツにして販売したことによって、義捐金の集まりを最大化したわけじゃないですか。

グルーポンのマッチングギフトも然りで、1億円をただ義捐金にするんではなく、「あなたの義捐金を倍にします」って呼びかけるだけで2億円にしちゃったわけじゃないですか。タイミング的にユーザー側が出した1億円はマッチングギフトがあったから集まったかというと、そうでもないかもしれないけど、数千万の効果はあったんではないかと思うな。
===(引用終了)===


上記の例もそうですが、大切なのは、「支援する側の特徴を良く活かすこと」だと思います。
ZOZOTOWNはファッション通販サイトですし、グルーポンはマッチングの仕組みに強みがあります。
まさに、彼らの独自性をフルに活用し、彼らにできる中で、被災地に最大の支援をした事例ではないでしょうか。

そして、Z会も考えました。「学び」を支援する教育企業、通信教育を手段とする企業だからできること。

「受講生の提出答案、1枚につき1円を支援に!」

支援する側(多くの子ども・若者たち)は、実際にお金を払うわけではありません。
必要なのは、「学ぼう」とする意欲だけ。
通信教育を続ける際に多くの人が悩む「モチベーション」を、「支援する」という行為によって盛り上げよう!というわけですね。

7月からはじまったこの企画。
子どもたち、若い人たち、そして支える親御さんの、温かい心と向学心のおかげで、1ヶ月で700,000円の寄付につながりました!
詳細はこちら↓
http://www.zkai.co.jp/home/charity/

つまり…

1ヶ月で集まった答案の枚数が、なんと700,000枚以上!

ということなんです。


Z会スタッフにいろいろ聞いても、予想以上に多くてビックリ!
…そして、これらの答案に、1枚1枚、添削者の先生からの丁寧な指導とコメントが入り、受講生に戻る、そのシーンを想像しただけで、「教育」に携われてよかったな、と本当に思います。


多くの子どもたち、多くの若い人が利用しているZ会だから集まったのかもしれません。
集まっている子どもたち・若者たちが、向学心に溢れていますし、また、「まなログ」のように、受講生同士で励ましあう「シカケ」がZ会にあるからかもしれません。

…いずれにせよ、フジイユウジさんのおっしゃる「支援の最大化」につながる活動になったのではないかな、と思います。


余談ですが、179名の方が、「自分たちにもらう努力賞(=答案を出したご褒美ポイントを累積し交換できる賞品)はいいよ、その分支援に使ってください!」と名乗り出て、こちらでも1ヶ月で15万近くの金額が集まったこと、上記記事にてご報告しています。
179名の子どもたち・若者たちの温かい心も、きっと被災地の皆さんに届くことと思います。


このキャンペーン、今年いっぱい続きます。
この記事をご覧になった若い方や保護者の皆さん、是非、「学び」を支援につなげてくださいね!
ソーシャルブックマーク:

2011.03.28 18:47

タイトルのような言葉が、ネットだけではなく紙媒体でも広がってきました。


被災地の方への気遣い、配慮、支援は最大限行うべきです。
一方で、何も考えず、条件反射的に活動を自粛していると、経済がまわらず、被災地の方へ支援する原資を作ることができなくなってしまいます。
逆に、こんな時期だからこそにぎやかにしなければいけない、という発想もあるかと思います。


最も困る自粛は、「誰かに不謹慎といわれそう」「それに対応するのは面倒だ」という発想が強くて自粛することですね…


不安に打ち勝つために行動しよう!
というわけで僕は今日、これから上京、多くの仲間たちと呑みます!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ