Z会ブログトップへ

2011.02.07 22:12

2/10(木)、18時頃から、「高校生×大人」出演予定です。
Ustreamでこちら!↓
http://bit.ly/grlacN

=====

「仕事が早いね~」

といわれる人がいます。

しかし、経験上ですが、こう言われている方の8割は、単に「手抜き」により速くなっている様に見えているだけだと感じます。


手抜き、といっても、作業をやらないことではないですよ。
作業の意味を自分で解釈しないで、表面的な操作だけ手早く進めていることが大半だと思うわけです。


たとえば、報連相業務を早くやる人。
あるミーティングでAさんからBさんに「(部署の上司である)Cさんに伝えておいて」といわれたとします。
このとき、Cさんに、Aさんから伝わった言葉どおりにBさんに伝えることばかりの人は、手抜きです。

AさんからBさんに伝えるときには、Bさんに向けた言葉で話しています。
Bさんはその言葉を
・自分で解釈して
・Cさんにわかりやすく(齟齬がないように)
伝えるのが「仕事」です。

この「仕事」をやっていない人は、AさんとCさんの間でトラブルとなる原因を作っているといえます。
つまり、仕事が早いどころか、仕事を止める要因にもなっちゃっているわけで。


また、プレゼンの資料を作成するときでも、参考資料などを“誰かが作った資料を自分で意味・効用を把握せずコピペし作る”人も見受けられます。
こんな資料はプレゼン時にすぐバレます。発表者が自分で斟酌していない、ということが。


「効率化」という言葉の元、手抜きしちゃダメですよ。
当事者意識があれば、こんな手抜き、やるはずありませんから。
裏を返せば、こんな手抜きをやる人は、社員としての当事者意識がないとも言えるわけですね。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ