Z会ブログトップへ

2017.05.28 18:33

※新学習指導要領(次期学習指導要領)の事柄につきましては、下記サイトにまとめられていますので、是非ご覧ください。
https://ictconnect21.jp/recruit-and-events/170331_next_shidoyoryo/


2020年から小学校段階で始まる新学習指導要領で、育む、とされている資質・能力の3点として

1.知識・技能
2.思考力・判断力・表現力
3.学びに向かう力・人間性

が掲げられています。

このとき、
1が(単純な)言葉・語句(とその周辺知識)のこと、
2が1をつなげて思考する力、
3が2までの力を身につけて未知の問題を解決する力、
のように捉えられる場合があります(し、最初は私もそう思っていました)。

しかし、新学習指導要領では、1で求める資質・能力の中で、知識をつなげて(一般的な)思考する行為までできるようになる、つまり「生きて働く」知識・技能まで含めて意味しており、
2で言う「思考力・判断力・表現力」が、未知の問題を解決する力。
そして3は、一人では解決できない大きな大きな「社会」での問題を協働して解決に向かわせるための力などを指すのです。


これまでの「できる子」というのは、言葉・語句をつなげてロジカルに(ある意味、制約条件下で)解答を導き出せる子どものことを指したと思います。
この「できる子」のイメージは、新学習指導要領では1の資質・能力のみカバーすることになる、と解釈しています。

未知の問題を解決する力、社会と関わる力、というのは、これまで(実運用での)育成が劣後順位におかれていたのが現実だと思われますが、今後は3つの資質・能力のうちの2つをしめるまでになる、と捉え、こと、大学入試は、本来的にはこの2つの部分を踏まえるように改革される、と思っていた方がよいと思います。

大学入試がそう変わった時、高校教育の授業は、大きく変わることは、教育関係者ではなくても、お分かりになるのではないでしょうか。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ