Z会ブログトップへ

2013.05.25 18:10

突き抜けた能力を伴ってない限り、あるいは、それを目指す覚悟がない限り、大人は夢を語ったり、求めたりしてはいけない、と、最近思うようになりました。
大言壮語を吐くわりに、能力不足で叶えられない状態が続くと、迷惑するのは周り。

「夢を語り、夢がかなえられる環境に飛び込む人間に、その環境を作る当事者としての能力が備わってないと、環境を壊してしまう」ってことに無自覚すぎる夢語り屋は、社会にとってマイナスに働きます。

友人の先生が言ってました。大人に大事なのは「志」だと。

じゃあ、夢と志の違いは何か?
友人の先生の言葉を借りると

「自分が「夢」を叶えることによって周囲の人々(公)をどのように幸せにしていくのか?ということ。」

組織人として志をもつということは、組織(会社など)の制約条件の中で、売上利益という指標に貢献する覚悟を持って、やりたいことを突き詰めていくことだと思っています。
この覚悟があれば、自分がやりたいことをできない、という状態を、組織のせいにしませんし、やりたいことを実現するために、組織を巻き込め、そして結果として実績も出せます。

いくら「いいやつ」でも、アラサーくらいで「夢」を「志」に転換しておかないと、その後どんな社会に所属しても、本人も辛いだけのような気がします。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ