Z会ブログトップへ

2012.08.10 12:00

成績のイイ子だけが知っている 新「勉強の常識」というメルマガがあり、随分前(5年以上前かな…)からずっと読んでいます。

先日届いた第800号。
「そうそう、そうなんだよ!」と何度も相槌を打ちたくなったところがありました。
筆者の許可を得て、転載いたします。

=====

 オリンピックも半分を過ぎ、早くも成績不振の競技は責任者
 の進退問題などが取りざたされているようですね。

 4年に1回のオリンピック。

 今回不振だったから、次回のリオデジャネイロオリンピック
 は、頑張るぞー!っていっても、間に合わない場合が多いん
 だそうですね。

 選手の育成や環境の整備や次世代を担うジュニアの強化なん
 かを考えると、8年計画、つまり、今回ダメだったから頑張
 るぞー!と思ってやっても、その成果が出るのは次の次のオ
 リンピックになることが多いとか。

 逆に今回成績が良い競技も、選手の育成や環境の整備や次世
 代を担うジュニアの強化を疎かにしていれば、8年後は目も
 当てられない結果になるということでもあります。

 この8年という数字は成績がイイ子にも当てはまるような気
 がしますね。

 今年受験だから頑張る!じゃあ、遅すぎる。

 中学受験もだいたい3年間のプログラムだし、高校受験も中
 学校生活で考えれば、3年間のプログラム。

 だけど、その3年間のプログラムに入る前段階で、

 どう過ごしてきたか?
 どういう親子関係を築いてきたか?
 負荷をかけて達成する過程はあったか?
 自己肯定感は育っているか?
 
 などは、3年間のプログラムに入ったあとに物凄く影響する
 ことです。

 さあ中学受験だ!これから3年間塾に行ってがんばるぞ!
 さあ高校受験だ!中1から3年間塾に行ってがんばるぞ!

 みんなここをスタート地点と考えて気合を入れるわけですが、
 このスタート地点に立った時点での出来上がりつつある子供
 の素地というのは、その後の3年間に大きく影響を与えます。

 つまり、3年間のプログラムに入る際、みんな同じスタート
 ですが、みんな違う位置にいるってことですよね。

 スタート地点に立ったときに、親子の勉強に関する信頼関係
 が成り立っていないければ、今から構築しないといけない。

 プログラムが始まっているのに、プログラムをこなすよりほ
 かに親子の勉強に関する信頼関係を構築するのって、結構き
 ついですよ。

 勉強に限らず、少し上のレベルの負荷をかけて、それを頑張
 ってクリアするってことを経験したことがあるのかないのか。

 レベルの高低に関係なく、子供自身が「オレいけてるでしょ!」
 と思えているのかどうか。

 そういう意味で、ずっと成績がイイ子というのは、8年間と
 か10年間とかの期間を経て形作られてくるわけですね。

 そして、オリンピックと同じように結果が出なかったら、そ
 れは選手ではなく、指導者の責任論として論じられる。

 だから、オリンピック選手に対しての賞賛は、実はこの4年
 間に対しての賞賛ではなく、8年とか、下手したら12年間
 とかの期間、頑張ってきた選手や指導者に対しての賞賛とも
 いえるのではないでしょうか。

 でも、多くの人はこの4年間というスパンでしか見ないこと
 のほうが多い。

 それはもっと大事な点を見失うことになりはしないか。

 受験で言えば、3年間のプログラムでの生活を、ほーうとか
 すごいねとかで評価しがちですが、その3年間を支えたその
 前の3年間とか4年間が実は受験期の3年間を前向きさせた
 大きな要因でもありえます。

 そこがね、他人の合格体験記やスポーツ選手のドキュメンタ
 リー番組でストンと落ちていたりする。

 人は、同じ練習、同じ勉強をしてもまったく違う人になりま
 す。それは同じ練習、同じ勉強をする前の素地が違うからで
 しょう。

 オリンピック選手を見て、「ああなりたい」と思うなら、も
 っともっと親や指導者のことを細かく見て研究していかない
 といけないですね。

=========

これは、自分の過去体験からも、Z会で多くの東大合格者を見てきても、思います。

僕自身、東大に合格できたのは、間違いなく、中学3年間で、ハードなZ会の添削と一緒に歩む中で培った「地力」が大きく影響していますから。

また、合格体験記では、よく「最後の1年で追いついたよ!」と言うコメントを見ます。
確かに最後の1年、その方は頑張っているんです。全力で。
しかし、「全力で勉強に頑張ることができる自分」になっていたのも事実。

「最後の1年がんばればいーや」的な思いでは、結局、頑張ることすらできないんですよね。

Z-wikiの「勉強するぞ!宣言 2012 高3生・大学受験生」を見てください。
夏休みの勉強時間、みんな「10時間やるぞ!」じゃないですか。
10時間…それまで、10時間勉強できる体力・知力・集中力を培ってないと、そうそうできる時間じゃないですよ。

そんなわけで「準備が肝心」なわけです。
それも「やるぞ!」と思い立つ前の。。。


あっ、小6生の皆さんには、今年から始まる新コース、中学準備コースがありますよ!
「やらなきゃ…」と思う前に、「やらないと不安だな…」と思う前に、始めるのが吉。
そんな気持ちの皆さんにでも購入しやすいように、月々2900円に値段を抑えています(頑張りました!)ので!!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ