Z会ブログトップへ

2012.01.30 23:10

小学校教師の素晴らしい想いをご紹介。

夢は語るな。

社会との関係性の中で自分を位置づけるって、とても大事だと思います。
ソーシャルブックマーク:

2011.07.13 23:18

今日、ツイッターを見ていたら、こんな「つぶやき」がありました。

いつから「将来の夢」って「職業」になったんですか?


…これ、とっても深いつぶやきですね…。


自分のことを思い返してみます。

保育園を卒業する頃、「プロ野球の選手」と書きました。
そして、一番人気の夢でした。

小学校の卒業文集では、「実家を次いで散髪屋さん、理容組合の長になる」と書きました。
子ども心に、精一杯、親のことを想って書きました。


プロ野球選手、散髪屋。いずれも確かに「職業」ですが、子どもの気持ちとしては「職業」と思って書いていないんですよね。
そしてまた、親のことを想って書いた小学校卒業時は、父親から思いっきり殴られました。
「そんな小さな夢でどうする」と。。。

いい親父だな、と、今にして思います。


それから自分が何がしたいかわからなくなり、「環境に貢献する仕事をしたい」と思ったのが高校3年生のときです。


最初に紹介したつぶやき、つぶやいた自分自身に対し「小さくまとまるなよ」というメッセージを投げたのかもしれません。
今の若者が、夢から入らず職業から入ることに懸念を示したのかもしれません。

いずれにせよ、夢=職業、という見方は、つまんないですよね。
そして、そんな人が多い社会って、つまんないですよね。


あなたの夢はなんですか?
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年09月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ