Z会ブログトップへ

2014.10.24 13:11

東大理学部が「高校生のための冬休み講座」開催
↑サイト「リセマム」へリンクしています。

高校生向けの講座、東大は以前からかなり積極的なんです。とくに理系。
理系的な「知」をはぐくみたい、早いうちに、理系的な「知」に対する構えを作っておきたい、そんな気持ちの表れなんじゃないでしょうかね。
「東大を目指してほしい」とか「東大を目指すような、現時点で知識が豊富な人に、さらに高みを」とかいう以前に、

いろいろな知恵・知見を身につけて、問題解決できるような人間を育成したい、しなければ、という志

のようなものを感じるんですよね。強く。


このような講座が開かれると、きっと高校生の皆さんは「高校生にとってもわかりやすい授業にしてくれるに違いない」と思うでしょう。
そしてきっと、教授も、「なるべく、高校生にとって、わかりやすいように」を意識するとも思います。

一方、受け手にとって「わかりやすい」という瞬間は、知において薄っぺらいものしか得ていないケースが多々あります。
難しいことというのは本質的にわかりにくいものであって、そのわかりにくいことをわかりやすく説明する努力は(教え手に)必要なものの、本質的なわかりにくさがわかりやすくなることはありません。
このあたりを勘違いして、「難しいことをわかりやすく手早く得たい」と思っている、“理解しよう”という姿勢が欠ける受身の高校生も沢山いらっしゃいます。
…というか、学校の授業に慣れた高校生なら、ほとんどそうじゃないでしょうかね。
僕だって高校生の頃はわかっていませんでしたから。「わかりにくいことをわかりやすく教えてもらえて当然だ」みたいに思っていた、とでもいいますか。

東大ですからね、そこまで「知」において、浅薄なものを提供するところまで歩み寄らない(=聞き手に「あーわかった」という気にさせるため、を最大限意識するが余り、薄い内容しか教えない)とは思います。だからきっと、実際の授業では

・東大の教授は、「わかりやすそうな内容を、わかりやすく」教えているつもりだけれど、実際はそこまで簡単な内容ではない。
・高校生は「ちょっとわかりにくいな、難しいな…」と感じるけど、実は(学問的に見ると)そこまで難しいことではない。

という空間が生まれると思います。多分。

でも、それがいいんです。その経験そのものを繰り返すことで、「わかりにくいことに向かっていく姿勢」が身につき、それが「わかりにくいことを理解する」能力の伸長につながるのですから。

…というわけで、是非、高校生の皆さん、行ってみてはいかが?無料の講義なんて、ほんと、お得ですよ!


[PR]Z会の教室も、冬期講習やります!もちろん!!
高1向け
高2向け
高3・受験生向け
※それぞれの対象講座を掲載したサイトへリンクしています。

冬期特別東大対策として、高1生には…
高1向け「極」シリーズ
なんてのもありますよ!!
ソーシャルブックマーク:

2013.09.02 23:50

 
 
2012年から、高校理科の課程が「激変」しています。
初年度入試は2015年。Z会でも着実に、かつ、迅速に、対応を進めています。
高校理科(物理・化学・生物)、Z会新課程対応商品一覧
 
 
理科課長を務めていますので、理科担当の社員からもいろんな話が聞こえてくるのですが、
 
「いやー生物の変わり方が一番ハンパないっすよ」
 
という声は、以前から聞こえてきていました。
 
 
 
 
この声を裏付けるかのように、ブログ「理科専門の個人指導予備校(世田谷区)『梶川塾』にて、このようなことが書かれていました。
※梶川さんは、理科の情報交換をさせていただいている仲です。
 
 
梶川さんの許可を得て転載いたします。
ほんと、生物、変わりますよ、今までの対策ではかなり厳しい…!
 
 
 
=====
 
ゆとり教育が終わり、現在の高校二年生から、カリキュラムが変わった。
 
 
 
それで、高校の生物の教科書(東京書籍版)を見ると、内容が著しくレベルが上がっている。遺伝や代謝についても詳しいし、バイオテクノロジーとかも書いてあり、社会人が読んでも読みごたえのある内容で面白い。まるで、大学の教科書みたいだ。
 
だが、逆にいうと、一部の生徒には少し難しすぎるかもしれない。
 
例えば、新しい教科書では「電子受容体」といった用語がでてくる。
今までは高校では、「酸化剤」というのが普通だった。
というか、高校の理科では生物の代謝について化学の見地からは詳しくやってなかった。
 
だが、大学のテキストでは、「現在の太陽光は、植物にとって還元力が強すぎる」などと言った記述がでてくる。これは、日陰を好む植物が存在する理由の一つだが、これなど、高校化学で酸化と還元について学んでいないと、文章が意味不明である。
 
高校の教科書の内容が大学とつながっているのはいいが、それは
内容をきちんと理解しているということが前提だ。
 
そうでない場合、安直に暗記科目としてすまそうとしてきた生徒にとっては、かえって理解が難しいし、結果として大学へ進学しても、大学の授業がなんだかよくわからないといったことになりかねないように思える。
 
 
 
=====
 
Z会で対策は万全に!
高校理科(物理・化学・生物)、Z会新課程対応商品一覧
 
 
ソーシャルブックマーク:

2012.03.02 23:22

先日、『名ばかり大学生 日本型教育制度の終焉』 (光文社新書)の著者、河本敏浩さんとゆっくり話す機会がありました。
そのとき、難関大学の後期試験で話が盛り上がり…

「“え?落ちたの?”と思える人って、後期試験で必ず受かってるよねー」
「そうそうそう!京大後期で受かった同級生が、まさにそんな感じ」(注:現在、京大の後期試験はありません)
「能力が図抜けている人は、なぜか後期試験でうまく拾われるよね」
「なんだかんだでそんな仕組みになっているのかなー」
「普通の受験対策じゃ解けないもんね、後期の問題って」
「確かに、東大後期で受かった僕の先輩は、超天才肌で、大学生時代に遊んでばかりだったのに、弁護士を目指すと決めたら司法試験うかっちゃったもんな~」

いわゆる「出来る人」~問題解決力や、これまでに直面したことのない課題を乗り越える力がある人を、後期試験は救うんです。
とくに、東大後期試験は、そんな感じ。


3月10日(土)、東大の前期試験合格発表日です。
この日は盛んに合格発表の映像がニュースで流れます。
その3日後、東大の後期試験は行われ、3月21日(水)に合格発表。
ニュースでは余り流れませんが、この日、100名に、東大合格の桜の花びらが降り注ぎます。

100名は、理科三類を除き全科類共通問題を受験し、合格者は文系、理系とわず、好きな学類を選べる独特の試験になっていることをご存じの方は、一般の方では少ないでしょう。

文理問わない試験で、かつ、前期試験では見抜けなかった才能を見出そうとしていますので、問題も独特。
文系の人は普通学校で学んでいない理系範囲の数学の知識まで必要としたり、理系の人はほとんど経験のない論文型の試験も含まれていたりします。

詳しい対策法はここからスタート! 東大後期対策2012に譲りますが、僕がお伝えしたいのは1点。


後期試験の「作法」だけは対策した方が良い


ということ。

本質的な学力がしっかり身についていながら、前期試験で残念ながら落ちてしまった人は、後期試験での逆転合格が十分に考えられます。
ですが、後期試験の問題形式や、どういう姿勢で臨むべきか、などを感覚的につかんでおかないと、才能がある人でもさすがに厳しい。。。


まだまだ東大合格のチャンスはあります。
そして、まだまだ、「作法」を身につける時間と術はあります。
Z会は、その術として、ファイナル東大コースを用意しています。


前期試験が終わり、合格発表まで何をしていいかわからない東大後期試験受験予定者のみなさん…
前期試験での合格を祈念するとともに、何もしないくらいでしたら、「作法」を身につける方がいいですよ。
そうすれば、前期で「失敗した~」という実力がある人を、後期試験では救ってくれますから。
ソーシャルブックマーク:

2012.01.13 23:50

1月10日のブログを元にした記事が、ありがたいことにgooニュース「仕事術」のトピックスに掲載されたり、Biz誠でもトップ記事となったりで、多くの方の目に触れたようです。


いろいろな意見を拝見しました。Facebookでもいろいろ取り上げてくださって、賛成してくれた方も多かったんですが、

・理念を語ることで前に進む社員もいるのでは?
・仲間内の愚痴であればいいのでは?

などの、僕の文章に?をつけてくださった方もいらっしゃいました。

はい、両方とも、僕も同意します(^^
でも、これらの方々が納得するような文章を書くと、冗長になりますし、多分、文として意味を為さなくなると思うんですよね。
その辺のことは、smashmedia「反論を予測しながら書く文章はつまらない。」に書かれています(smashimedia運営の河野武さんが直接ツイッターで教えてくれました。感謝!)

…といって、僕も上述のブログで、「反論を予測しながら書く」ことをゼロにしたわけではありません。
「バカ」という表現周辺につけた注釈的記述がそうですね。

様々なことを予測して、その時点で考えられる「一番ベター」な表現をしたにすぎません。
どうやったら自分の伝えたいメッセージが、伝わってほしい人に届く雰囲気を形成できるか、を考えながら。


今回の記事で僕が伝えたかった人は

1.記事の内容に賛同し広めてくれる人
2.記事の内容に「身に覚えがある…自戒しなければ」と思ってくれる人。実は、僕自身もこれに当てはまります(苦笑)
3.記事の「バカ」という表現に一瞬カチンときて、僕に対して感情的な敵意を持つものの、そのパワーを「自分が動く力」に変えてくれる人

などですね。

最初に「もらった意見」として挙げた「理念を語ることで前に進むことができている人」や「愚痴は好ましいことじゃないけれど、まあ仲間内であればいいじゃん息抜きに、と思っている人」は、今回の記事を伝えたい対象ではありません。
だって、自分で弁えている人、動けている人ですもん。


今回の記事で「バカ」と指摘されるような人たちを変える(あるいは、日本社会のごくごくマイノリティにする)にはどうしたらいいか、それも僕の立場と使っている手法(ブログやニュースサイトへの掲載)で…を考えて、記事化したわけですね。


全員に伝わるメッセージはありません。
その割り切りと、それが「開き直り」にならないバランス感覚が、ネットの記事で表現する時には大切かもしれませんね。


さて今回は珍しく宣伝です(^^
受験生はセンター試験後必須アイテムですよー。
安価で即効性のある直前対策。正直、ものすごく売れてます。24日まで申し込み可!
東大対策はブログ「東大二次試験対策」もどうぞご参考に。
==============================
即応短期演習シリーズ
5大学(東大/京大/阪大/東工大/一橋大)対応 全31講座   
1講座4,800円(税込)   *添削指導なしの場合は 3,000円

・センター試験終了後の今から取り組める個別試験直前対策

・圧倒的な「即応度」で本番に効く、Z会の個別試験直前対策

・大学の過去の入試から厳選した「入試過去問特選」1回分と、精密な入試分析に基づいて練り上げた、予想問題にもなる「オリジナル問題」2回分をセット。さらにそれら3回分全てで添削指導を受けることができます。

・入試本番に即応した分量・形式・難易度の問題に取り組むことができ、さらに添削指導を受けることもできます。

・入試問題の徹底分析にもとづき、出題する問題から、解答用紙、草稿用紙に至るまで、すべて本番さながら。直前期の総仕上げにも最適な教材です。
==============================
ソーシャルブックマーク:

2011.12.17 23:40

現在放映中のZ会CM「気合篇」
http://www.youtube.com/user/zkaipr#p/u/2/QUtn3DveU9k
Web上で大変評判になっているせいか…大人向けに書いているこのブログにも、高校生の方と思える来訪者がチラホラと。
というわけで、たまには高校生向けのネタを(笑)
もちろん、保護者の方がご覧になっても役に立つところがあるようなネタで。

そのネタとは、「東大二次試験対策」。ベタです(笑)
東大の他も同じでしょうが、僕自身がこれでうまくいって東大にも合格できたので、その経験をそのまま書いた方がいいかと思いまして。


受験生は今、センター試験の対策に精を出していることだと思いますが…
センター試験が終わったと同時に、二次試験の対策に全力を注がなければいけません。
センター試験が終わってからの1ヶ月余り、何をすべきか?そして、何をすべきでないか?

まず、すべきこと。


◎忘れていたことを思い出すこと/忘れるのを妨げること

どうしでも人間、忘れる生き物です。
以前学習し、理解もしていることを、忘れてしまっていて本番解けなくなると、悔しいですよね。。。

ですから1ヶ月、高校時代に使った教科書を、英語の文法、そして、数理系のものを中心に、見返していくといいでしょう(実際僕もしました)。
ほとんどのことは知っていることでしょうけど、この作業をバカにすると、盲点に気づかず、不幸な結果になる場合もあります。

また、「こんなん知ってるよ~」「全然大丈夫だよ~」と思いながら「読んでいる」作業中に、その知識の確認作業、つまり「忘れるのを妨げる」ことにもなっていることもポイントなんです。


◎試験形式になれること

普段の学力養成課程では、形式やテクニックに走ることをお勧めしたくはないのですが、センター試験も終わり、超えなければいけないハードルは「二次試験」のみです。
であれば、そのハードルを越えるためだけの学習に特化しても差し支えない、と思うわけです。
1ヶ月と言う短い期間であれば。

僕はこの期間、ひたすら、過去問を時間を図って解いたり、東大に対応した問題集をやったりしていました。
僕が受験した頃は即応的な問題集が余りなかったので、Z会の(東大本科コースの)添削問題中心でしたが。。。
そして、宣伝にもなるんですが(笑)今年は、本科に加え、「この1ヶ月間に超ピッタリ」の商材がZ会からリリースしています。それが「即応短期コース」。

東大・京大・阪大・一橋大・東工大の二次対策に「即応短期コース」

センター試験が終わったらすぐに取り組め、最適な教材になっていますので、逃しちゃいけませんよー。


そして、何をすべきでないか?


◎新しいことを覚えよう、身につけようとしてはいけない

あと1ヶ月で新しことを覚えようとしても、「理解する」レベルにまでいかないことがほとんどだと思います。
試験で一番もったいないのは「今まで培った自分の実力を十分に発揮できないこと」。
新しいことを覚えようとするが余り、この1ヶ月で多くのことを忘れてしまうのは、好ましくありません。

培った自分の実力を精一杯発揮し、それで合格できなければ、それは実力通りなので、しょうがないんです。
実力通りなら合格できたのに…というパターンにだけは、ならないようにお気をつけください。


◆Z会2012年度資料請求受付中!毎年進化し新しいサービスもできていますよ!
http://www.zkai.co.jp/home/siryou/index.html
ソーシャルブックマーク:

2011.06.18 22:50

最新の『週刊ダイヤモンド』の特集は、「激変!中高一貫校・高校ランキング」。
定期購読しているので、今日自宅に届き、パラパラ見ているのですが、中にZ会の学校用教科書「ニュートレジャー」が紹介されていました!コーナー「公立中高一貫校の実力」(p46)のところです。


(以降、引用)

記事の見出し:体系数学、ニュートレジャー 私立と同じ教材を活用

本文:
公立中高一貫校が中堅以上の私立中高一貫校並みの高いレベルの教育をしていることは、使用している教材からも裏づけられる。都立中高一貫校は、検定教科書に加え副教材を活用している。
(中略)
英語についても、私立中高一貫校で定番の教材である「ニュートレジャー」や「バードランド」を検定教科書と併せて使用している学校が多い。

(引用終了)


そうなんです、Z会では「ニュートレジャー」という学校専用教材を発行しており、私立中高一貫校の定番中の定番なんです。評判も(おかげさまで)高い。

学校専用教材って、先生に「うん、いいね」と言ってもらわない限り、買ってもらえませんので、教材の質だけは負けられません!Z会。


公立中高一貫対策の講座も、Z会で出来るといいんですけどね。
読者で希望される方、いらっしゃいます?(笑)


あ、東大マスターコースでは講座があります!
NEW TREASUREの夏始まる
ソーシャルブックマーク:

2011.06.03 23:50

ご飯食べて風呂に入るとそれでもう午前様。(風呂は「からすの行水」レベルの早さなんだけどな…)

昼食抜きで夕方まで踏ん張り、夕方の休憩時に15分ですばやくパンを入れる。


今日はこんな日。



今週、ご飯、風呂、寝る、で午前様の日がこれで3回目。。。
明日も勤務です。さすがにきっつい~


なんか4月から、こんなことばっかり書いてますね、ごめんなさい。
いつも投稿しているサイトの方も等閑になっているなあ…


6月中旬くらいまでこんな感じですが、ヤマ越えたらいわゆる「読み物ブログ」ももっと書いていくもんね、うん、絶対(←と宣言しておかねば…)


そんな皆さんに少しでも、Z会社員として退屈しないブログを提供。
Z会東大対策ブログ
始まりました♪
社会人の皆さんも「東大ってこうなんだ、ふーん」という目で見ると、意外と面白いと思いますよ。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ