Z会ブログトップへ

2012.07.16 23:36

大分風邪は良くなったんですが、寝てから咳き込む毎日は相変わらず。。。

とはいえ、先週から、今後の商品・サービスを決める、大切なアイディア出しを行っていて、締めきりが16日(月)という中、やってみたいこと、叶えたいこと、いっぱいあるからこそ、この機会を風邪を言い訳にして、何もできなかった、といいたくなかったため、知恵熱は出来る限り出し続けていました。
ワクワク、未来を想像することは、プライベートの時間であってもできますから。

アイディア出しをする僕は、マネージャーとしての僕ではなく、プレーヤーとしての僕。
一方、マネージャーとしての僕は、今回のアイディア出しで、「プレーヤーの僕」と同じ立つ位置でプレイしている関係者の皆さんに、人によっては厳しいと受け取られる業務の注文をしています。

だって、若い人は、教育という世界において、あれやりたい、これやりたい、というみずみずしさは、僕より上でないと困りますもん。
年寄りは無意識に制約条件を考慮してしまうため、みずみずしさは若者に勝てません。
制約条件を考えない「怖いものしらず」で「やりたい!」を全面に出すのが、若者の特権。
だからこそ、制約条件を気にしないアイディアを出せる。そして制約条件にぶつかる。そのれを乗り越えようとすることが本当の意味での「やりたい!」という気持ち。
この繰り返しが自分を成長させるものです。


僕のアイディア出しの根性(とでもいいますかね)を、若い人は「確実に」超えなきゃダメ。
じゃないと若い意味がありません。

「やりたい!」で僕を超えてみよう、Z会の若い人。
ソーシャルブックマーク:

2012.07.15 17:30

どこから見つけたか忘れちゃいましたけど(知人のFacebookかしら)、こんなブログを見つけました。

娘が生まれて、初めて知った事。思った事


とっても共感。


>赤ちゃんは、3時間毎に起きる。

親が疲れていようが何しようが、本気で起きてきます。
なだめたり乳をあげたりする妻が、本気でマリアに見えました。


>赤ちゃんは、よく泣く。

まんまですが、その通りです。


>母親の負担は、めちゃくちゃ大きい。

「めっちゃ大変だよー」と聞いていた以上に、大きいです。
でも、引き換えに、「(子どもは)めっちゃかわいいよー」と聞いていたよりはるかに、かわいく、いとおしく思える感情も授かるようです。
「大変だから子どもはどうしようか…」という不安はなんだったのかしら、と思えるほどになります。


>父親の心の動き激しい。

ここだけは一致してません(苦笑)余り激しくなく、割とずっと一本調子でした。


>将来設計とかしっかりするようになる。

貯金気にし始めました。柄にもあわない生保をかけはじめました(笑)


>20年後の日本とか世界とかを、考えるように。

以前から気にするタイプでしたが、「この娘が大きくなった時の日本や世界が、良いものであるように」と、よりジブンゴト化できるようになりました。
僕はもう十分満足に生きてきたんで、後は娘をしっかり成長させることと、娘が育まれる社会を良くしていこうという軸足、今ほんと、それだけですもんね。


>周囲の方からの祝福に、感謝

言うまでもありません(^^


>「あー。家族が増える事で、家族ってもっと家族になるんだな」

すっごくわかります(^^
ソーシャルブックマーク:

2012.07.14 23:10

アイディアは、日常に落ちている。
日常に落ちているものに気づくには、触角がうんと伸びていないといけない。

触角が伸びた自分をつくるのは、普段からの好奇心。やりたいことへの想い。
「アイディアを考えて!」という指示から伸びてくる触角は、すでに伸びている人の触角に勝つことはまずない。
ソーシャルブックマーク:

2012.07.13 23:48

またまた宣伝ブログですみません。
※風邪でなかなか文章が思いつかず。。。
あ、おかげさまで普通の勤務はできるようになりました。火曜~木曜は立ったり、PCを見ているだけでも辛かった…。


Z会で、

かんがえるちからTOYプレゼントキャンペーン

をやっていること、社員なのに、恥ずかしながら今知り(苦笑)


「欲しい!これって社員が応募しちゃだめなの?」


と本気で思ってしまいました(^^


いいですね、このキャンペーン。
外れてもZ会のオリジナル教材プレゼントですし。


小さいお子さんがいらっしゃる方はふるってご応募を~
ソーシャルブックマーク:

2012.07.11 00:40

社会は自分一人で創っていけるわけがないですから

・自分のできないところ、本分でないところは、「任せる」
・自分の役割をしっかり果たす

これって幸せな社会をつくるための必要条件ですよね。
※「社会」を「組織」に変えても成り立ちます。

しかし、世の中、どうでしょう。
自分の役割をしっかり果たそうとしない上、自分のできないところ・本分でないところに、自分の気に食わないところがあると、文句をいったりちゃちゃいれたり。
そんな人も残念ながら多くないですか。

自分の本分でない領域は、ほっときましょうよ、いい意味で。
その影響を多少受けても我慢しましょうよ、「社会」なんですから。
あなただって動くと誰かに影響しているわけですから。

「任せる」心を持ち、自分の役割をしっかり果たす人が増えると、幸せな社会と、発展が生まれると思います。
ソーシャルブックマーク:

2012.07.10 18:56

3週間で4回の遠出。しかも最後は急遽入った、祖母のお葬式(石川県に行ってました)。
仕事は積み残されるわけですから(苦笑)ぱっつんぱっつんの状態が続き、週末土日、よーーーーやくゆっくり自宅で過ごせたっ!と思ったのも束の間。。。

気が緩んだのか、昨日朝から喉が痛く、今朝は声も出ない状態に。。。
今日も午前中が終わると、体が熱っぽく、午後は医務室でダウン。

栄養剤×2(最悪の時のユンケル投入…)でなんとか1日を乗り切った状態です。


これ以上悪化させないよう、仕事時間以外はゆるゆる過ごすことにします、しばらくは。
ソーシャルブックマーク:

2012.07.09 10:35

7月に入り、Z会でも続々キャンペーン開始!

もちろん「利用して、いいと思ったら、ぜひZ会の受講生になってね」という目的なのですが(笑)、無料でいろいろ試せ、かつ、子どもの(学習の)やる気を支援できるツールをいろいろ用意しています!


■幼児年中・年長
「なつやすみ わくわくぶっく」プレゼント!
https://www.zkai.co.jp/secure/zkai/siryou/c1_1.asp?crs=pr

■小学生
夏のおためしてんさく 実施中!
http://www.zkai.co.jp/el/otameshi.html

■中学生
読書感想文はZ会にまかせろ!
http://www.zkai.co.jp/jr/dokusyo.html

■高校生
『夏に終える!苦手攻略ドリル英数国』プレゼント
http://www.zkai.co.jp/high/news/cam12.html


夏の自宅学習をZ会は応援しています!
ソーシャルブックマーク:

2012.07.08 23:30

マクドナルドV字回復 こうなし遂げた 原田社長講演 「らしさ」忘れず革新(日経会員限定記事)

この記事の最初の方で

現場で商売の匂いをかげないのはビジネスマン失格だ。昨日も朝一番、役員ら十数人に声をかけて前触れもなく店舗視察に出かけた。現場で匂いをかげてこそデータも生きる。リサーチはあくまで検証のツール。リサーチに基づいて事業戦略を立てても成功しない。

と書かれている部分、めちゃくちゃ同感です。


リサーチに基づいて事業戦略を立てても成功しない理由―それは、リサーチの「解釈」が、それまで培われた現場の肌感覚に影響されるからです。


たとえば…

高校生のスマートフォン所持率が急速に伸びています。
一部の調査だと50%弱だとか。

では、Z会は、スマフォン向けにサービスを提供した方がいいのか?


フツーに考えると「もうスマフォンなしでは考えられない」という結論に至りそうですね。。。
では、高校生は、そう思うでしょうか?


これが現場を知らないと、まずわからない感覚ですね。


何よりもまず、常に、自分のサービスが提供されている「場」にコミットしていること。
その感覚を裏付けるために、リサーチがあるんです。
ソーシャルブックマーク:

2012.07.07 18:10

七夕祭りでゲット!
プリキュア
ソーシャルブックマーク:

2012.07.06 13:50

アイディアを探す人は未来をつくる。
課題に向き合う人は少しづつだけど着実に進む。
問題を探すだけの人は社会の足かせになる。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2019年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ