Z会ブログトップへ

2016.02.11 23:40

「幸福」キーワード 伊豆の国市、地域再生へ講演聴く
↑伊豆新聞サイトにリンクします。

講演した大西正泰さんは、個人的な親友です。
伊豆に住む私ですが、このイベントの(大西さんの)招聘には全く私は関与しておらず、講演された後にこの新聞記事を知った、という…まさにご縁は奇なり、です。

また、大西さんと知り合ったのは、彼の教育講演会のとき。
小中高大で教鞭をとったことのある異色の経歴で、保護者との接し方を拝聴したら凄くためになり、終わった後お話してから意気投合。。。
これもまた、ご縁は奇なり、です。


大西さんの住む徳島県上勝町は、「地方創生」の成功事例としてよくメディアの記事で見かけます。
大西さんのお陰もあって、「地方創生」に取り組んでいる様々な地域や人の話を伺う機会が持てているのですが、共通するのは、“それぞれの地域”における「幸福」を追求する姿勢。
冒頭の記事にもありますが、どのような街にしたいか、というビジョンを持ち、一丸となって向かっていることにあります。

大切なのは、“それぞれの地域”において「幸福」のあり方は違うということです。
住む場所によって「在る」資源が異なりますので、求める「幸福」のあり方は違って当然なんですね。


私が「地方創生」に関わる皆さんと触れていて勉強になるのは、その価値観の多様性なんです。
環境が違えば価値観が違う。このことを弁えていないと、「教育」という手法において、若者や子ども達の可能性を“引き出す”ことはできません。
彼らの価値観に寄り添うことが何よりも前提になりますから。。。

そしてまた、「地方創生」に関わる皆さんは、多様性を受容する態度が整っています。
簡単に言えば、「みんな違って、みんないい」という姿勢があるんですね。


メテウスで培いたいことの1つに、多様性を受容できる態度があります。
多様性を受容できるようになると、自らが勉強し、その先にある「幸せ」を自ら見つけに行こうと自然にできるようになると思いますから。
ソーシャルブックマーク:

2013.02.18 19:05

[PR]新学年での小学学習ツールとしてZ会をどうぞ!

===

小中高大すべてのステージで教鞭をとったことのある異色の方

大西正泰さん

が佐賀県武雄市と湯布院を訪れ、その感想をFacebookに綴っていました。



武雄市2日目。朝から市内を巡って、新たな図書館、学校、神社、温泉街や公共施設など、ぐるっと見てきました。普通の街の、どこにでもある、良く見たことのある風情ですが、市役所は活気ある空気感で、動いている感じがしました。何より、掃除のオバちゃんの挨拶がいいー。何気に良いです。Facebook課も皆さん一生懸命仕事してましたが、隣がイノシシ課。これぞ、武雄市でしょうー




湯布院が教えてくれたこと
ここへ行ったらイイよと勧めて頂いた旅館の料理店に行ったら満席で断られた。が、その受け答えがイラットキタ。
湯布院は成功している、女の子もいっぱいだ。けど、全てが予定調和で、驚きも感動もない。ただ、丁寧に。ただ、お決まり通りに。どこかの雑誌の写真で見たようなデジャブの連続。サービスの大量生産によるものなんだな。
けど、武雄のホテルからはもてなそうとする、頑張ろうとする気持ちが見えた。
湯布院に比べたら全然人が来ていないけど、どちらにまた行きたいかと言えば、自ずと答えは出ている。
成功は人を怠惰にし、予定調和で終わろうとする。
危機感は人を感動させる。
それほど人は成功体験に溺れやすいということだ。気をつけよう。そして、予定調和のループにハマるな。オバハンノ冷たい仕打ちでよーーくマナベタ笑




成功は人を怠惰にし、予定調和で終わろうとする。
危機感は人を感動させる。



胸にズキンと響きました。


Z会は、難関大学への合格者輩出として、これまで一定の成功を収めた企業です。
だからこそ、その成功に溺れやすい。企業の中の人間として、これはよくわかります。
これまでの勉強法に拘泥したり、新しいことをやるときに「捨てる」ことを恐れたり。。。
それは最終的に、お客様に見捨てられることを先延ばしするだけの、「予定調和」の動きなんですよね。

もちろん、僕を初めとして、(企業として)そうなっちゃいけない、と思っている人間はたくさんいます。
これまでの成功に溺れず、お客様に感動される教育サービスを…

大西さんの言葉を深くかみしめなきゃ。
ソーシャルブックマーク:

2011.11.27 23:50

ALL全国教育フェスタに伺ってきました。
もろもろあって日程的にはかなり辛かったんですが、ほんとに行ってよかったです。
一緒に基調講演や分科会の講師をさせていただいた方も素敵な人ばかりで…ほんとうの意味で「教育に感度の高い人」であればきっとどこかで出会えるであろう、「人」に対して真剣な方ばかりでした。
こんな皆さん

平平凡凡と、教師、ないしは教育企業のビジネスマンをやっているだけで、「教育について関わっている」なんて言えっこないよ、それは単に「所属している」だけで、何もコミットしてないよ…と、こういう皆さんに出会うたびに思います。


講師で出会った方の一人が、大西正泰さん。
保護者のクレームに対してどう対処するか、やってはいけないこと、などなど、大変分かりやすい分科会をして頂き、僕も「なるほどなー」と頷きながら伺っていたんです。

ところが…そんな彼。
Facebookの自分のページでは、「今回の講演は失敗だらけ。反省」と述べているではないですか…。
そしてすぐ、マインドマップで、次につなげることを考えていたようで。。。

この真摯さ。この熱意。
まだまだ僕なんて未熟だと、心底感じました。

僕も僕なりに反省していたんです。うまく伝えられなかったことも沢山ありましたので。
でも、反省のレベル、というか、次元が違いすぎます。


ただ…そんな僕でも、彼と共通していたのは、「学ぼうとする側から学ぶ」という姿勢です。
傍から見ると「教える」のは我々。でも、教えている方がよっぽど、学ぶことが多いんです。
いろいろ学びたいと思っている人に伝えようとする行為を通じて、自らの理解の甘さをほんとうに学びますから。


真剣に学ぼうとしていた人が多かったイベントなので、僕もいろいろ気づきが多かったんだと思います。
講演させていただき、感謝です。
そして、次の自分につなげなきゃな、と思います。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ