Z会ブログトップへ

2013.08.09 10:06

大学生の皆さんに、教育書籍の企画から、どうやって書籍に仕上げていくか、などを経験するチャンスが!
 
マーケティングの考え方から売れる書籍を企画しよう!
(マイナビ2015サイトへリンクしてます)
 
1日もののインターンシップ企画ですが、Z会が(1日でも)インターンシップを企画することは余りないと思うので(これまでの自分の社歴から振り返ると)、
 
・マーケティングの勉強
・企画の勉強
 
をしながら、いかに教育書籍企画が難しいか、経験するいい機会になると思います。

9月5日(木)大阪、9日(月)と16日(月)は東京です。

 
 
 
「教育書籍企画が難しい」と書きました。
“「こんな本欲しい!」と思っているけど世の中にない…ほんとに出版社の人たち、考えているのかなあ”
 
 
と思っている学生さん、きっと多いと思うんですよ。
実際、僕が大学生だったら、そう思っていると思いますし。
 
 
でも、企業で企画に携わると、いかに「こんな本欲しい!」が多くの人に支持されないか、わかります(苦笑)。
自分の発想が独善的であることに気づかされますし、ある程度多くの人の同意を得る発想であっても、実際にはそこまで売れない、ということ、何度も経験します。
無料だったらあるに越したことはないんですが(苦笑)、有料となると、お客様にお金を払っていただける満足まで仕上げることはかなりタフなんです。
 
きっと、そういうことも、疑似体験できるのではないでしょうか。
是非、Z会の本のサイトをご覧戴き、「私ならこうつくる!」「こんな本を作りたい!」という大学生の皆さん、参加しましょう!
 
 
僕がZ会を志望する大学生だったら、間違いなく参加しています。
僕が就活したころは、こんな企画体験、外資系企業(ゴールドマンサックスとか)しかやってなかったですので…。
超余談ですが、外資系企業は、こういう体験を「インターンシップ」とは余り言わないので(多分)、これで「働くということが(かなりの割合で)わかった!」とは思いすぎないほうが良いかと。

#日本の大学生には「1dayインターンシップ」という言い方が定着しているので、こういう表現せざるを得ないんですけどね。

 
 

 
 
「仕事の一端を知るとっても良い機会で、社会人になるといろんな業種に触れる機会がなくなるから、知った以上は参加しよう!」という感覚&積極性で、マーケティングの考え方から売れる書籍を企画しよう!に参加して欲しいですね。
 
 
エントリー締め切りは8/27(火)です。
 
 
イラスト
ソーシャルブックマーク:

2012.01.08 23:20

フリーライターの山下久猛さんのブログで紹介されました。
もろもろ調べものをしていたら、偶然発見。
僕に特に告げることもなく、こうやって陰で紹介してくださる方を、本当に大事にしたいと思います。

こんなことをしてくれる方の、特にうれしいのは、必ず全体紹介の時に「Z会の」とつけてくれること。
それだけで、Z会の認知につながります。
「知らない人が知る」という認知だけではもちろんなく、頭の中に再度インプットされ、何か教育商材を検討する際に「そういえばZ会も~」と思っていただけることが、商売上はとっても、とっても大切なものですから。

で、分かってくれる人は分かるんです。
僕が自分の教育理念や夢などの「押し付け」で、ブログなどの表現の場を利用しているのではなく、自分自身のやりたいことと企業の利益の方向性を一致させながら、ネット上での表現活動をしていることを。
今日はこんな嬉しいツイートも頂戴しましたし。大学生のフォロワーさんがたくさんいる、@shukatsushoshaさんより。
=========
最優秀企業マン of the Year 2011= @teranishi 寺西隆行さんでした!有名企業の社員で社名を出してTwitterをしている方はまだ珍しいのですが、寺西さん個人としての発言がZ会にとってもいい効果をもたらしていると思います。今年もよろしくお願いします。
=========
このツイートを発端に、結果的に、今日だけでフォロワーさん、100人以上増えました。
ツイッターをやっている方は、これがどれだけ凄いことか、わかると思います(もちろん、100人増やす、という形式的なことだけを言っているわけじゃあありません)。


僕の強みは、こういう第三者評価を、多方面の方から頂戴出来ていること。
僕自身が正しいと思ってやっている活動を、単なる表面的なことや、ほんとに1つの事象(かつ「絶対的に悪い」と定義されることではないこと)で足元をすくわれ、活動ができなくなるのを避けるためにも、とても、とても大事なことなんです。

僕の表現活動が、Z会にデメリットを及ぼす可能性も、ゼロになることはありません。
言動し、その言動が第三者に触れれば、好悪、賛否、様々な感情や意見を第三者が抱くわけですから。
そして得てして、ネガティブチェック「しか」できない人は、(恐らく、それが生きがいという、寂しい人なんですが)「そこだけ見ると寺西が、会社活動に負の影響を与えている」というところ「だけ」をつっついてきます。

そんな人の盾となってくれるのは、僕の「体(てい)」や姿勢、そしれこれまでの「成果」の部分を知っている、大切な仲間たちなんです。
仲間といっても、無条件に僕のことを賛美する連中ではないですよ。僕の悪いところは悪いと冷静に言ってくれる…そういう意味でも大切な仲間たち、です。

こんな仲間たち、少なくとも1,000人くらいはいます。正直。
だから僕も、活動を続けられるのです。
だから僕は、彼らに対して、心から感謝しているのです。


一つの事柄だけで足元を救われないために、これまで培ってきた関係性は、これからも大切に、大切に、温めていきたいものです。
ソーシャルブックマーク:

2011.07.28 23:00

なかなかブログを書く時間がとれず、ごめんなさい。

そんな中、僕自身が会社の立ち上げに関わった(株)レイズアイよりお知らせが届きましたので、今日のブログのかわりにお知らせ!
このブログを読んでいる、意識の高い大学生の皆さん、
無料で参加できるものがたくさん!
是非ご自身が参加したり、周りの方に知らせたりしてみてください!

===

今回は、Z会×栄光×リンクアンドモチベーションで共同で設立した、
レイズアイ( http://www.raise-i.co.jp/ ) で募集している
就活スタートプログラムのご紹介、同じくWEBビジネスカレッジ(無料)の
ご案内になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[1]賢い就活、始めませんか?夏の就活スタートプログラム開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そろそろ周囲も就活を始めてきた頃。

『とりあえずインターンにはエントリーしてみたけど、
 どうやって企業を選ぼうか、いまいちわからない』

そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?

時間がある今のうちに、自分を知り、企業を知り、
企業を選ぶ基準を創っておけば
無駄な情報には踊らされず、
一番大事なことに時間を使える「賢い就活」ができるはず。

今回は、採用コンサルとして採用活動の裏側を知り尽くしたプロ
リンクアンドモチベーションの元コンサルタントが特別に講義を開催します。

なるべくここでしか話せない内容をしてもらいたいと思っていますので、
この機会に参加してみては??

8月1日から毎日開催していますので、
時間の合う時に自由にお越しください!


★自分が企業を選ぶ眼を養うために、ビジネスの構造を理解する!
⇒「ビジネスの本質理解講座」http://www.raise-i.co.jp/info/shukatsu_start
 ビジネスはどういう仕組みで成り立っているのか?
 どのようなフレームでビジネスを捉えればいいのか?

★自分が本当に就きたい企業から、選ばれるポイントを知る!
⇒「選ばれる人材講座」http://www.raise-i.co.jp/info/shukatsu_start
 夏のインターンシップ選考では企業は何を見ていたのか?
 今後、選ばれる人材と選ばれない人材は何が違うのか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[2]参加者から高評価・99%が満足した『WEBビジネスカレッジ』OPEN!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年の参加者の99%が役に立ったといっている『WEBビジネスカレッジ』。
業界を代表する企業のビジネスを体験でき、「自分のやりたい仕事」や
「自分に向いている仕事が見えてくる」大学生の必須プログラムです。

参加者からは…………………………………………………………………………
「就活の業界研究に役立った」「具体的な仕事内容を体験できよかった」
「仕事に対しての具体的なビジョンを作るきっかけになった」
「就職活動前に自分を見つめる機会になってよかった」
「企業側から見た自分という視点で見ることができ、自分の弱みに気づけた」
………………………………………………というコメントをいただいています。

☆「どんなプロセスで仕事が進むのか?」「働くとはどういうことか?」など
 仕事に対する理解が深まる貴重な体験ができる!!

☆企業からの評価・フィードバックがあり、自分の強み・弱みが明確になり、
 今後の自分の課題、社会から求められる力が明確になる!!

●『WEBビジネスカレッジ』協力企業●……………………………………………
アドヴィックス・NTTドコモ・キヤノンマーケティングジャパン・第一生命保
険・中外製薬・東レ・凸版印刷・日本通運・みずほフィナンシャルグループ・
三井住友海上火災保険・三菱UFJ信託銀行・リンクアンドモチベーションなど
……………………………………………………………………………………………

また、8月からは集合型の『REALビジネスカレッジ』の募集も開始!
同じ場所に集まり、実際に顔を合わせて行う短期集中型の仕事体験で、
体感型のグループワークを行いながら、業界や仕事への理解を深めます。

▼参加申込急増中!急げ!『WEBビジネスカレッジ』(無料)参加申込はこちら▼
http://www.raise-i.co.jp/service/business-college
ソーシャルブックマーク:

2011.06.23 21:45

…って、何か怪しいバイト募集のタイトルになってしまいましたね(苦笑)

半年ほど前まで、僕が会社の立ち上げにかかわらせていただいた、株式会社レイズアイ
大学生の「自分創り」を支援する会社です。
※「自分探し」ではないですよ。ここは大きく違うところ…。

多くの優秀な大学生が集っていることもあり、いろいろな会社から、優秀な大学生をターゲットにしたアルバイトの依頼も舞い込んでいるようです。


先ほど僕に知らされたアルバイト。なんと2時間で高額!の5,000円!
そして、採用試験に英語がある会社を希望している大学生にとっては、予行練習にピッタリ。
是非こちら、やってみてはいかがでしょうか?

==========

こんにちは。レイズアイ事務局です。

今回ご紹介するアルバイトは、
某企業が新規開発している「英語版」の採用テストを
受験してもらうアルバイトです。
今後主流になってくる採用テストなので、
今のタイミングで受験しておくと、
日本にて就職活動を行う3年生の皆さんにはとっては、
就職活動の対策にもなります!

レイズアイ会員になれば、参加頂けます。
ぜひお友達にもお声掛けください。

<重要>
---------------------------------------------------------------
・5月に行われた日本語版の採用テストモニターを受講された方は、
 今回のアルバイトにはご参加できませんので、ご注意ください。

・英語版のテストとなっており、ガイダンスも英語で行います。
 テストで英語の読解に苦労をされている場合は、
 謝礼をお支払いできない可能性があります。
 ※TOEIC700点以上、留学経験がある等が一定の目安かと思います。
---------------------------------------------------------------
☆約2時間のテスト体験で5000円お支払い☆
☆成績上位者には特別報酬5000円(Amazonギフトカード)を追加支給☆
☆本番以外ではなかなか受験することはできない貴重なテスト☆

お申し込みは下記URLよりお待ちしております!!
(申込み画面URL添付)

=====アルバイト概要=======

【給与】120分のテスト体験でその場で5000円お支払いします!

 ★さらに★
 成績上位者には特別報酬5000円を追加でお渡しします。
 ※テスト採点終了後、Amazonギフトカードをお送りします!

【日時】以下の日程から1日程を選び参加してください。
    開始時刻に遅れての参加はできませんので、時間厳守でお越しください。
   ・7/11(月)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
   ・7/12(火)18:30-20:30 [受付開始 18:15~](※)
   ・7/13(水)19:00-21:00 [受付開始 18:45~]
   ・7/15(金)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
   ※7/12(火)は日本語のみのアナウンスとなります
  (その他日程は英語のアナウンスを実施いたします)

【服装】自由

【持ち物】筆記用具

【会場】AP西新宿
    住所:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル4F・5F
    アクセス:http://www.ap-nishishinjuku.com/info/access.html

    ※JR・小田急・京王・都営新宿線「新宿」駅徒歩約6分
     都営大江戸線「新宿西口」駅D5出口徒歩約3分
     西武新宿線「西武新宿」駅徒歩約3分

===================================

<お申込み方法>
レイズアイ会員の方は、下記URLからご応募下さい。

・7/11(月)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005358

・7/12(火)18:30-20:30 [受付開始 18:15~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005359

・7/13(水)19:00-21:00 [受付開始 18:45~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005360

・7/15(金)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005361


会員登録がまだの方は、下記URLから会員登録後、
上記URLを活用しお申込み下さい。
http://www.raise-i.co.jp/

※「自分創り」のための無料講座も開講しております。
ソーシャルブックマーク:

2011.03.11 23:30

大変な地震(東北地方太平洋沖地震)が起きてしまいました…


多分このブログをご覧頂いている方は、被災地の方よりも安全な地域の方の方が圧倒的に多いと思いますので、お願いを申しあげます。


「相手に対して、自分にできること」を考えながら、言動してほしいと思います。


例えばボランティアに行くこと。とくにこの時期時間のある大学生の皆さん。
気持ちはわかる。
一方で、自分にできること、本当にあるか?という気持ちもどこかでもった上で行ってほしい。
単なる気持ちだけでは、人間一人が被災地から、単に食料を奪う行為になりかねないので。


例えば「被災地の方が心配です」とネットで語る人。
心から心配と思う気持ちがあればもちろん問題ありません。
しかし、「心配だ」と「発言する」自分自身に酔おうとしている気持ちが少しでもあれば、絶対に止めてほしい。
その言葉が被災者に伝わり、気持ちが被災者に見透かされると、被災者の気持ちを害するだけですから。
#ボランティアと同じで、人に対して優しさを発揮する自分を作りたい、と言う自己満足の人、少なくないんですよ…。


何もしないでじっとするしかない、というつもりも毛頭ありませんが、
人に対して何かする、と言う行為は、徹底的に相手の立場への想像力を働かせてやって頂きたいと思うのです。
とくにこんなときは。

感情的にではなく、冷静に、相手に尽くすことが、安全な地域にいる人間が一番弁えることだと思います。
ソーシャルブックマーク:

2011.03.09 19:45

会社立ち上げ時にお手伝いしていた株式会社レイズアイ(raise-i)のサイトができました!

株式会社レイズアイ

まだまだのサイトですが、登録すれば4月からメルマガが届きます。
僕が絡んだ会社なので安心してください(笑)

大学生(とくに新1年生)の皆さん、是非ご登録を!

ソーシャルブックマーク:

2011.02.11 23:07

『100番目のメッセージ』(かんき出版

大学生5人組が、「素晴らしい大人たち」の声を集めて作成した書籍です。

「こんな大人の声を多くの人に知ってほしい」

という想い、そしてその裏にある

「多くの人たちが幸せになってほしい」
「幸せを自らつかみ取ってほしい」

という願いが感じられる書籍です。


『100番目のメッセージ』の公式ブログにも書かれていますが、今日明日でmessage cafeを原宿にて行っており、本日見に行きました。
大学生5人にもご挨拶。


素敵な空間でしたね。


世の中を良くしたい、という大人がネットでどんどんつながっています。
そんな大人が若い人にどんどん発見され、自分たちで幸せを作っていこうとしている若者はどんどん増えています。


当事者意識のない人は社会にいられなくなる…
そんなムーブメントをひしひしと感じます。


いい時代に向かっている気がします。


ソーシャルブックマーク:

2011.01.19 23:00

もうほとんどの方はご存知ですよね、この記事。

「他人に刺された」通報はうそ=自殺図った学生、怖くなり…―石川県警

記事から、多分この学生、今まで挫折経験なかったんだろうなあ…と、瞬間的に思いました。
就職に失敗しているという現実を受け入れられなかったんでしょうね。


僕は高校○年生のとき、Z会東大模試の数学で2点をとりました。
2点ですよ、2点。120点満点の2点。しかも東大志望の人間が。

数学なので、ある程度「できていない」ことくらいわかります。答案は白紙ばかりで提出。
…もう、なんともいいようのない、むなしさ覚えて。
きっと「学」の方では、初めての自分が「できない」ことを徹底的にわからされる経験だったと思います。

この試験のあと、僕は、ちょびっと反社会的行動をしました。
何をしたかは…申し上げられません(苦笑)
ノートビリビリにして道端にばらまくとか、まあ、これではないんですが、そういう行動をしたと思ってください。

とにかく「悪さ」をしたい衝動に駆られました。それも「悪さ」をしよう、と思って悪さをしている意図的なものではなくて、無意識、衝動、そういう類のもの。
声に出すなら「わーーーーーーーーっーーー!!!!!!」って大声で叫ぶイメージです。


まあはっきりいってガキですわ(苦笑)
多分事件を起こした大学生、同じなんだろな、と思いました。


挫折を知らないとこうなるんです。
自分が今、何者か、「よくわからなくなる」あるいは「よくわかりたくない」状態に。
そして「社会」という漠としたものに牙をむきたくなる。
全然牙をむいている行動じゃないのに。

こんな牙のむきかた、大人になればなるほど恥ずかしい行為となって現れます。


だから、挫折は早いうちに経験した方がいいんです。
幼いころに見せる社会に対する抵抗は「かわいい」と大人にとられますから。
ハタチを超えたら、それは「恥ずかしい」と見られますから。


ちょっと話はずれますが、Z会の通信教育も、一度挫折し、そこで這い上がった方がいいんです。
その経験が人を一段成長させてますから。
もちろん、ずっと出し続け「どんなことがあってもスケジュールを守る耐性」を付けるのもいいことですけどね。

ソーシャルブックマーク:

2011.01.09 21:08

これまでお世話になってきたみなさんを紹介するコーナー。
このコーナーで紹介した方は、間違いなく信頼できますよ!というお墨付きでもあります(笑)
※紹介したくない人を無理に紹介すると僕のメッキがはがれちゃいますからまずやりません(^^

2回目は(株)JOYWOW会長の阪本啓一さん。
経営コンサルタントで、ブランディング、リーダーシップ、マーケティングの3つの領域においては、本当に人を魅了するアドバイスをしていただけます。
著書がすごい!著書一覧はこちら

昨日のブログで紹介した鮒谷さんが、「ビジネス系高額セミナー」(鮒谷さんの場合は「放談会」でした)に参加した初めての方でした。
料金、半日3万円(確か5時間くらい)。
このテのものに参加した経験のない方にとっては「高っ!」と感じる料金でしょうが、それだけの価値がある放談会でした。逆に、3万円と価値づけができるのが、講演者の自信と自らへのプレッシャー(=それだけのものにしなければお客様に申し訳ない)につながっているんだ、という体験をしたのも、この放談会。

阪本さんがその2人目、こちらは確か、半日2万円で10人に満たない少人数セミナーでした。
ここでも2万円を出してよかった!と感じるものを一杯頂戴し、その後の僕の人生における「行動」につながっています。
#「行動」につながらない「聞いてよかった~」は、えてしてダメですね(苦笑)


阪本さんのことを知るには、ブログを見るのが早いです。
『共感企業』も超オススメの本ですので是非。これを読めば考え方がよくわかります。


彼は「共感」の輪を広げるため、まだ阪本さんのことを良く知らない人向けに、全国でセミナーを開催しています。2月5日は仙台で。学生さんは申込時に「学生」と明記し、当日学生証を持ち込めば、無料で受講できます!
※社会人と学生の融合の場を作るのが彼の願いでもあるので。するとこんな楽しい空間が生まれます。
是非宮城県近辺の方は足を運ばれてみてください。
ソーシャルブックマーク:

2011.01.03 23:49

遅ればせながら日経の1月1日号を見ました。
去年のクリスマスにお会いし、急速に仲良しになっている(と勝手に思っている)佐賀県武雄市長の樋渡啓祐さんが大きく取り上げられていたのが嬉しかった一方で、一面に取り上げられていた、就活する若者の意識と保護者の幻想求めには(いろいろなところで見聞きした現実ではあるものの)、寂しさに似たような感覚を覚えます。


まず、商社志望の人ですら、国内勤務希望が増えてきている、という件。
今の僕の考え方で「商社志望」になったら、間違いなく海外勤務を希望します。とくに早いうちでの。

「国内勤務」×「商社」という志向性の背後にあるのは、「大企業で安定」「かっこいい企業(人に自慢できる企業)」「なんかいろいろできそうな企業」…
推測にすぎませんが、根拠はそんなところではないんでしょうかね。


もうひとつ。上と一部重なりますが、相変わらずの「安定」という幻想を求め続けている志向性。
大企業を志向する、ということ自体は否定的ではありません。大企業でしか学べないことも一杯ありますので。
しかし、「大企業に寄りかかる」ため、大企業を志向してももはやダメな時代ってことは気づいてほしいんです。
#まあ、そういう志向性の人は、大企業もまず落とすでしょうが(匂いでわかりますからね)。あるいは、通った大企業は、いずれ凋落の道をたどるんではないでしょうかね、某航空会社のように…

大企業にはいり、その規模と資金力を利用して、自らが起爆剤となり世界に打って出る!という気合で大企業を志向するのであれば良いかと思いますし、今僕が大企業を志望するのであれば間違いなくこの根拠で志望していますね。


「安定」という幻想を追い求めている就活には、様々な人から話をうかがう限り、
間違いなく保護者が悪影響を与えています。
ですから、大学生のそのような姿だけを見て、大学生をすぐに責めるつもりはありません。

自分が同じ世代だったら、保護者を始めとした「余計な大人たち」の影響を受け、安定志向になっていたかもしれませんから…


ただ、そんな中でも、安定志向ではなく、自らしっかり社会を研究し、望み通りの就職を勝ち取っている大学生もいます。
だから、大学生を責めるつもりもないですが、「自分たちは不幸だ」的論を展開する大学生は、情けないとも思います。

愚痴を言ってても先につながりません。
今の状況で、どう、自らの幸せを勝ち取るか。
すべての思考はそこから始めてほしいんです。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ