Z会ブログトップへ

2014.02.22 23:40

元インテルの社長、西岡郁夫さん。
http://nishiokajuku.com/blog/30/_1943_1966.html
このサイトにもありますが
1.自己変革の意欲無き者は去れ
2.雄弁は金、沈黙はクズ
3.出過ぎた杭になれ

まっ、そんな方です。

携帯の将来を考える「モバイル文化研究会」というチームでご一緒させていただき(2008年頃)、先日、田澤由利さんの出版記念パーティーで久しぶりにお会いすることができました。
70歳を超えるというのに、開拓者精神がまだまだ凄かったです。


そんな彼が、この記事

教科書を7回読むだけで、断然トップになれた!

をご覧になって、Facebookにこんな投稿をされていました。

こういう能力を重視する正解主義は、会社経営など正解のない実社会では役に立たない。
日本の会社を弱体化させたのは、正解主義の教育で優秀な人間が経営でも優秀だと誤解したことに始まる。
明治時代のように列国の後を追う時代は正解主義に価値があったが時代は変わった。こういう能力に憧れる必要はないよ。
今は行動してを結果を精査してスピーディーに修正を繰り返して結果を出して行く能力が求められる。


いろいろ語りたくなって、投稿にコメントで反応(^^
以下が僕の意見です、いかがでしょうか。

===
>行動してを結果を精査してスピーディーに修正を繰り返して結果を出して行く能力が求められる。

は100%同じ想いです。
では、どこから教育を変えていくか、と、僕のような教育畑の人間は考えてしまいます。

この山口さんが幼いころから目指していたのが弁護士、とするならば、司法試験、および大学入試が「正解主義の方が合格しやすい」となっていることを変えないといけません。大学入試はその方向に進もうとはしています。

一方、「なんで大学入試ってあんなに正解主義なんだ!(おかしいよ!)」という意見は結構拝見しますが、その正解主義を作っているのは、他ならぬ日本人自身(ときには、そういう意見を言っている人自身)と感じています。

1990年以降の大学入試を見ていると、「説明責任」という言葉の下、「点数開示」の流れができ、不合格者に「不合格の理由」を受け止められるようにしなければ、という圧力がかかり、結果、○×の付けやすい問題(つまりは知識問や基本問題)が加速度的に増加している感を受けます。
出題側が勝手に圧力を感じている部分もありますが、一方で「○×が明確ではないものに納得しない」という受け手側の問題がそれ以上にあると感じています。
※勤務先が「添削」の会社なので、添削基準づくりの一連の労務を見ていると、ほんとわかるんですね、相手の付けた点数に納得しない人がいかに多いか。。

大学入試は、大学のアドミッションポリシーに基づき、大学が、採りたい人を採るわけですから、「公平(フェアー)である一方で、“主観的な”評価基準」で構わないわけです。この評価基準に同意する大人がある程度影響力を持つようになることをあわせないと、教育から正解主義の日本社会を変えることはできないと思っています。

大学入試が変われば、自ずと、高校および高校の先生が変わらざるを得ません。それくらい高校において、大学入試というものは重いので。

理想主義的視点に立てば、幼児や小学教育から変える方がいいとは思うのですが、現在の義務教育の在り方(受け止め方)、運用、教師の資質(教員採用のあり方含む)…もろもろを総合すると、下から変えるのは極めて難しいと感じています。

が、入試改革もそこそこ時間のかかる話なので、手っ取り早いのは、大学で、正解主義ではおおよそ単位取得が不可能な必修カリキュラムおよびテストを一定割合入れる方が早いは早いと思っています。理想より実利をさらに優先するやり方になってしまいますが。

蛇足ですが、僕自身は、管理職の立場で、スピード重視、修正主義重視です。
きれいな提案書にまとめようとしている所作を「詳しすぎて読む気しない」と却下するくらい(笑
自分にできることをやっている、つもり、です。
ソーシャルブックマーク:

2013.04.03 21:00

Z会で偏差値38→68
1年で偏差値30上げた俺の勉強法を公開するブログ


こういう体験談を書いてくださるってほんとに嬉しいです。
Z会社員が書いても、なかなか信じてもらえませんから…苦笑

僕自身も、中高のZ会の6年間がなければ、まず東大に合格出来てませんし、だからこそ教育業界志望になったときにはZ会を選んだんですけどね。
田舎育ちなので周りには塾がなく、大学受験勉強では、Z会しか頼りがなかったのもありますけれど…
(おかげで塾通いの費用はかかってないので、安上がり♪)

ソーシャルブックマーク:

2012.02.25 23:20

ツイッターやFacebookでかなり話題になっているブログ。

あなたの作ったものはゴミである、あるいはプロとアマの分岐点

これは深く、深く頷きました。
最後の方のこの文章…多くの人に(とくに指示待ち人間に)伝えたい。

==(以下引用)========
「ゴミだね」を恐れて指示を待っていると、永遠にゴミしか作れない。
・価値があると信じて自分の頭で考えたモノを作る。
・そして「ゴミだね」と言われる。
・そこでイチイチ立ち止まらずに、また自分の頭で考えて作る。
この繰り返しでしか、プロフェッショナルになれない。
傷ついたことを「ゴミだね」と言った人のせいにしているうちは、決してプロフェッショナルにはなれない。
==(引用終了)========

自分を否定された経験の多さが、自分をより強くしていくんだと思っています。
僕も、僕のことをバカ、バカと言ってくれる先輩が、大学時代から今に至るまで必ずいて、本当に恵まれていると思っていますし。

あと、「自分はバカと言われてもいい」というオーラを出すことも、実は大事だったりします。
バカと言われて「人権侵害だ!」なーんてすぐ言う人間に、バカとは言いにくいですからね。誰しも。
(そういう人めんどくさいんだもん。苦笑)


一回の提案で、人が動くと思ったら大間違い。
否定的な反応でも、ましてや反応がなくても、「相手を動かす」ものを出さなきゃ、という姿勢が、社会人の姿勢です。


頑張っても報われない、それを知っていること、弁えて行動することが、社会人です。
ソーシャルブックマーク:

2011.10.12 15:29

・大学の入学前・入学後における基礎学力向上プログラム
・大学向けのeラーニングによる就職支援のための就業力育成プログラム
・高校生向けの学力向上プログラム

の開発・提供を目的としたZ会の子会社「株式会社ファカルタス」が出来ました。

株式会社Z会と株式会社エデュケーショナルネットワークによる合弁会社設立に関するお知らせ


「リメディアル教育」にターゲットをあて、まずはこの分野に新サービスをリリースするのが第一の目的です。


今後の展開にご期待ください!
ソーシャルブックマーク:

2011.03.03 01:10

すいません、自分の覚え書きも兼ねて、紹介ブログのタイトルをそのままもってきました。

日本の大学入試制度は本当に間違っているのか。

とても勉強になりませんか?
ソーシャルブックマーク:

2011.02.17 19:44

人気を博したブログ「大学プロデューサーズ・ノート」著者の倉部史記氏の処女作。

文学部がなくなる日―誰も書かなかった大学の「いま」 (主婦の友新書)


とても良い本でした。


僕の「良い本」の定義は人とちょっと違います。
「僕自身ためになった」ということだけではなく、

・著者の「出来るだけ多くの人に読んで欲しい」「そのためにできるだけわかりやすく」という姿勢があふれているもの。
・「専門家は知っていて当然だけど素人は知らないであろうことも押さえて書く」姿勢が見えるもの

などが、一方的な伝達ではなく、心底、相手のことを考えた本だと思うんです。


倉部さんとは一度お会いし、大学についての博学ぶり、よーーーーーく存じ上げています。
彼の知識は(書籍にかかれた)こんなものじゃありません。
でも「こんなもの」すら、「大学について詳しくない人」は知らないのが普通。
そこをうまく突いて書き、「知って欲しい」に溢れた書になっています。


こういう本を書くのって勇気いるんですよ。
専門家崩れのバカタレから「こんな素人みたいな本を売りやがって」「実態を詳しく知らない癖して」という批判がすぐきますから。
(そしてそんな批判を見るのはめんどくさいし、なによりも気持ち滅入りますよね)

#ほんとにこんな人たち、社会の生産性を奪っていると思いますよ。

素人が知らないことを専門家のバックグラウンドをもった人間がわかりやすく伝える、これってすごく難しいんですよ、最後まで「伝わる」って。


そんなわけでオススメです、教育に「そこそこ関心の高い」人は必読。
あと、僕のような姿勢で書籍を読む教育関係者も。

文学部がなくなる日―誰も書かなかった大学の「いま」 (主婦の友新書)

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ