Z会ブログトップへ

2014.03.18 19:37

嬉しい出来事が2つありました。
いずれもFacebook上での出来事です。

ひとつめ。
新しくフォローしてくださった方のお知らせが届いたので、見ると、そこには「長井彩」(仮名)と名前が。
「おー、長井さんって確か、(彼女が)大学1年生のときに、僕が企画したイベントで学習相談を手伝ってくれた東大生だよなー」
と思って、すぐFacebookメール、すると「覚えていてくれたんですか!ありがとうございます!」と返信。お会いしたのはイベントのときだけです。

このイベント、10年くらい前のイベントなんですよね。
それだけ前のことであっても、「Z会で学力をつけ、合格した!」「これからは後輩に恩返ししていきたい!」という想いがある受講生で、そして実際に協力してくれた方のことは記憶しています。


ふたつめ。
また別のフォロワーさん、今井翔太(仮名)くん。プロフィールを確認すると、とある高校の高校生。
Facebookの友人関係を見て、「もしや…」と思ったら、果たして、全国高校生徒会大会に参加する、進学校の方でした。
※個人的に本イベントに協賛したり、手伝ったりしています(^^

すぐに今井くんとメールをやり取り。
どうも彼は、全国高校生徒会大会の協賛で僕のブログを知り、「日本ってほんと、いい国ですよ」のエントリーに共感して、僕(とZ会)に興味を持っていただけた、とのことでした。


時が経っても。場所が離れていても。歳が離れていても。いくらでもつながれるんですよね。


Z会の本社は静岡県の三島市にあります。首都圏に比べたら、若い人に触れるイベントは少ないです(アタリマエですが)。
加えて通信教育の教材づくりを業務としていると、塾と比べると、学生さんに触れるキッカケが少なくなります。
でも、それを理由にして、「高校生の声を聞く機会がない…」と愚痴っぽく言うのは、間違っています。
残念ながら年に数回、若い社員からもそういう声が漏れ聞こえてくるのですが、聞こえてきたときにはキッパリいいます。「高校生の声を聞きにいこうとしていないだけじゃないの?」と。
※まあ、(目の前に生徒がいる、という形態である)塾が全盛の教育業界ですから、そういいたくなる気持ちはわかるんですけどね~


お客さんのことを知りたい。
自分が提供しているサービスがどんな風に受け止められているか知りたい。
理屈は抜きにして、若い人と仲良くなりたい!

…と、そんな気持ちがあれば、いくらでも工夫して、高校生他の若い人と接点を持ち、関係性を築き、時と場所を越え、「今の若い人」の気持ちを知ることはできます。
個人的には「若い人と仲良くなりたい!」って素の気持ちが、教育を生業としている人間にはとっても必要だと思います(自分の教え方をいろんな人に届けたい、一辺倒の「上から目線」では、若いお客さんのことなんてわかりっこないですよね)。

若い人の声を聞きたい!って気持ちが強ければ、聞き出すための工夫や知恵につなげようとしますよね(「成長するため身につけるべき、最後の大切な姿勢。」で触れたことにもつながります)。
僕の場合は、聞きたいからこそ、まず、自ら情報発信。繰り返し、繰り返し、継続的に。。。
発信された情報が運良く頼りとなって、上の長井彩さんや、今井翔太くんとつながり、関係性を持つことができたわけですからね。


インターネットで、時と場所はポン!と越えられるようになりました。
遠くにいる人とも、つながれます。以前よりはずっと簡単に。

そして、インターネットで関係性を保ち続ければ、会いたいという想いもお互い強くなり、リアルな出会いの価値が一層、高まるものではないでしょうか。
ソーシャルブックマーク:

2014.01.05 15:00

2014年度のZ会「中学受験コース」5・6年生向けに、塾と通信教育を併用したい方向けの「塾併用」プランが新登場しました!

中学受験コース・5・6年生のプラン
※2月~1月と「まるっと1年分」申し込む締め切りは、1/11(土)です、お早めに!

もちろん、従来どおり

「中学受験塾に行くほどの余裕はちょっと…。お金の問題もそうだけど、なるべく主体的に学んでいく方がきっと力になるはず。」

「不得意な教科だけ補習塾でみっちり習って欲しいけれど、得意な教科はなるべく自宅で学習させたいな…」

などの要望にお応えするため

・自宅の学習のみで、中学受験を突破するための該当教科の実力がつく!
・必要な教科だけを選んで受講できる!

という「レギュラープラン」も用意しています。
Q6 志望校が中学受験コースの対象校であれば、Z会(レギュラープラン)の受講だけで大丈夫ですか?
※お客様の声(2013年度女子学院中学校合格者/2014年度入会案内書より)
「Z会の教材はとにかく解説がわかりやすく、受験に必要なことがすべて網羅されています。自分のペースで単元ごとにきちんと理解して次に進めるので、わからないままにならないところがいいですね。Z会の学習を続けて弱点を作らずに実力をつけられたことが、合格を勝ち取れた理由だと思っています。」


しかし、学習法は人それぞれですし、塾に行った方がグンと力がつく方がいらっしゃるのも事実です。
その一方で、塾に行っている方にいろいろリサーチしたところ

「塾の“教え方”だけで、考え方が偏らないかちょっと不安…。」
「塾以外の違う視点から、問題演習をもう少しだけ追加できるといいな…。」
「塾に通っている人たちも受験のライバルだから、塾だけの人に一歩差をつけたい!」

という方の声を拾うことができ、

「塾と併用して、Z会がお手伝いできることはないだろうか?」

と考えてできたのが、Z会 塾併用プランです。
レギュラープランと同じく、必要な教科だけを選んで、最適なレベルで受講できますので、得意の強化や苦手克服にピッタリ!


もちろん、塾に行きながら、「レギュラープラン」を受講することもできますが、添削問題に取り組む前の教材だけでかなりのボリュームになる上に、添削も1教科あたり「月2回」ありますので、予習→答案作成→復習を“塾に行きながら”行うのはなかなか大変で。。。
いや、やっていただいても、ほんとにいいんですが(苦笑)、これまで中学受験する皆さんをいろいろ見てきて、塾と併用するなら

・予習用教材は「問題演習中心」で!
・添削は月1回で!

というのが、上述した

「塾の“教え方”だけで、考え方が偏らないかちょっと不安…。」
「塾以外の違う視点から、問題演習をもう少しだけ追加できるといいな…。」
「塾に通っている人たちも受験のライバルだから、塾だけの人に一歩差をつけたい!」

の不安を解消したり、ニーズを満たしたりするのに丁度いいと判断、自信を持って新プランを登場させることになりました。


僕自身も本プランの設計に少しだけ関わりましたが、『間違いだらけの中学受験』などの著書もあるおおたとしまささんのサイトやFacebookの投稿(笑)などをいろいろ参考にし、なるべく中学受験を控えた親御さん・お子さんの心理(←ここがキモ)を反映させた教材になっています。
中学受験、ライバルに一歩差をつけるために、オススメですよ(^^
ソーシャルブックマーク:

2013.03.21 23:40

中学受験という選択 (日経プレミアシリーズ)

結構売れているようです。筆者のおおたとしまささんとは仲良しですので、売れてくれて嬉しいです。

で。仲良しだからまあいいか、っていう、本ブログ表題のパクリ(笑)


中学受験をするなら塾が必要!ってのが世の中の一般認識ですね。
確かにZ会も教室事業を行っていますし、公立中高一貫校受検のための塾もあります。

でも…

・金銭的に塾に通えない方
・近くに塾がない方
・余り夜遅くまで外に子どもを出させたくない方

そんな皆さんのサポートをしてきたのが、Z会。
※僕もそんな受講生の一人でした(近くに塾がなく、Z会6年間で東大合格^^)

Z会の小学生対象コースには、3年生から、中学受験向けのコース、あります。
そのお客様の声

==(サイトから引用)==
良質な教材に高い信頼。
中学受験はZ会だけで十分です。


以前から、Z会の教材の質の高さは他社と比べても群を抜いていると思っていました。実際に取り組んでみても、過去の復習問題や応用問題などをきちんとこなしていけば、Z会だけで十分、難関中学にも合格できると感じました。とくに、長文問題を正確に読み取れる力がついたおかげで、答えを導くまでの時間が早くなってきたのはうれしい成果です。子どもに教えるときは解説冊子『答えと考え方』を活用。図解入りで丁寧に解き方が説明されているので、教えやすく助かっています。
=============

塾と併用されている方もいらっしゃいますが、Z会だけで中学受験合格!って方も相当数いらっしゃいますよ。


中学受験コース3年生には、4月からの入会特典、3/29(金)まで!
ソーシャルブックマーク:

2012.06.11 23:47

「小学生に塾は必要かしら…」

ふう、悩ましいところですよね。


塾には塾の良さがありますが、

・高い
・塾まで通うのが面倒
・受身での学習に馴れてしまう

などの心配もあります。


Z会の通信教育は、それらの塾のデメリットがメリットに変わります。

・安い
・自宅で出来る
・積極的な学習姿勢が身につく


迷われている方は、Z会の1年に1回の企画。

夏のおためしてんさく

是非、この機会に!
ソーシャルブックマーク:

2011.02.14 12:21

ブログの間が空いてしまいすいません。
子どもがインフルエンザにかかり、てんやわんやで…


さて、2月と言うこともあり、Z会の受講を検討されている方も多いかと思います。
通信教育ではベネッセさんの進研ゼミ、塾では駿台、河合塾、代ゼミ、東進ゼミナールさんなんかと比較されるんでしょうね。

僕個人は、Z会の社員ですし、Z会の教材体系が最も良い、という信念で働いています。
だからZ会が一番良いと思っています(というか、思わないとサラリーマンの態度として失礼だと思います)。

しかし、その教材体系が「受け手」にとってベストか、と言うと別です。
様々な家庭環境がありますから。
だから
・僕はZ会が一番良いと勧めますよ。
・だけど「押し売り」のように勧めず、いいところ、悪いところは聞かれたら答えますよ。
((受け手にとって)イマイチなところが一つもない教材なんてまずありませんから)
・そのうえで皆さんに「信頼して」Z会に任せてもらえれば一番嬉しいですよ。
という立場です。


で、ネットでいろいろ拝見する、Z会に関する質問を見ると…

「どの教科をとったらいいの?」

というものが大変多いです(とくに大学受験コースにおいて)。


結論から言うと、どの教科を、というものはありません。
恐らく「知識を得る」ためにどの教科をとったらいいの?という質問の背景があると思いますが…
大切なのは

「その教科を“Z会で勉強する”過程で得るものがあるかどうか」

というところなんです。


Z会をとると、月2回の添削が学習環境に組み込まれます。
Z会の教材作成担当は、そんな皆さんの姿を想像して教材作成しています。
(教材内容ではなく、教材学習スタイルまで含めて「教材」なんです)
その過程で無意識につく、表面的ではない「実力」の養成を必要としているか、そこに重きを置いて教科選択を考えていただきたいのです。
(だから、他人の例は「アドバイス」にすぎず、そっくりそのままあてはめてはいけません!)


僕自身がZ会の受講生だったころ…

・英語:長文はかなりできた。単語を覚えることに集中したかった。その中でZ会は「不要」だった(単語の勉強だけで毎日、ほんとに365日間、1時間程度使いました)。

・数学・国語:ミスの原因を指摘される機会を月に2回は設けたかったので、Z会を使いました。

・理科:物理は正直「捨て教科」(いくら勉強してもわからなかった…)、化学は点取り教科だったので、化学のみ受講。

・地歴公民:センターのみなので不要(当時Z会にセンターコースがなかったので…)

見たいな感じで受験に臨みました。
塾は行ってません。というか近くにありませんでした(苦笑)。
けど、いまだに、塾に行くよりもずっと高い学力を身につけられたと思っています。
自分でやってきたわけですから。
そして、そのとき身に付けた「ほんとうの力」は、社会に出てからの比較優位になっています。


Z会を利用する過程で何を得たいか、そこを考えて科目選択していただければ、と思います。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ