Z会ブログトップへ

2011.04.13 00:41

「レベル7 チェルノブイリと同じ」

これだけ聞いた受け止め方。

「チェルノブイリは520テラベクレル、福島は63テラベクレルと、チェルノブイリの1割程度」

これも聞いた受け止め方。

人によってバラバラだと思いますが、どちらの報道も「真実」です。


一方、あるニュースで、原子力安全・保安院の上記発表の多くを見た後…
このように報道している(別の)ニュースがありました。

・まず「チェルノブイリと違う点」の(保安院の)発表を流す
・それにかぶせるように「原子力安全・保安院は、チェルノブイリとは違うことを“強調”したが―」とナレーションを流す
・避難民の不安そうな声を流す

“強調した”かどうかは受け止め方によって違います。
上記報道の「構成」も何とでもできます。

国が「安全だ」と説明していることについて「信じられない」という、テレビ局側の「意図」が感じられる報道でした。


たまたまその前のニュースを見ていたから「意図」を感じたんですが…
ニュースを受け止めることもまた、難しいな、と思った瞬間でした。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年07月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ