Z会ブログトップへ

2016.08.08 08:30

初等中等教育アクティブ・ラーニング研究会主催の、アクティブ・ラーニングフォーラム2016 in 京都に出かけてきました。
元堀川高校校長の荒瀬克己先生と、大学ジャーナリストの後藤健夫さんとの2時間近くの「対話」を中心に、多くの学びと交流があった会でした。

この会に出席した多くの方は、現場の先生です。
業務ではなく自腹で勉強にいらっしゃってる方が大半だと思います。
そして、そんな会が、全国でたくさん開かれる、それが夏休み期間なんです。
※夏休みの間でしか、離れたところの皆さんと一気に交流できる期間がないので。。


昔話をします。

大学生時代、「駒場子ども会」というサークルに入っていて、夏のこの時期は2泊3日で約100名の子どもたちと一緒にキャンプに行っていました。
子どもたちの楽しんでいる姿を見て、また来年もやろう!という気持ちになったものです。準備はめちゃくちゃ大変でしたけど。
※キャンプが終わった数週間後に、もう次年度に向けて動き出しました。

キャンプが終わると、「よく頑張ったよなあ、俺たち」という気持ちももちろん多分にありました。

ただ、今にして思えば、子どもたちの生き生きと姿を見るための「頑張り」を、学校の先生は普段からずっとやっている、継続してやっているわけですよね。
そう考えると、先生って凄い、「学校」っていう場って素晴らしい…と、ふっと思ってしまうのです。


その上、冒頭に書いたような、学び続ける姿勢。
一部には不祥事を起こす教師もいらっしゃいますが、それだけで教師をひとくくりにして述べては絶対にいけないと、学び続けている教師の皆さんを見るたびに感じます。

これからの学びをつくってくださる先生の皆さんに改めて敬意と感謝を表し、今日も私は、自分ができる「教育」の動きに頑張ろうと思います。
しばらくは「教育の情報化」をミッションとして。

ソーシャルブックマーク:

2013.10.12 23:50

三島南高校の生徒会が呼びかけて、高校生が大人に呼びかけて、大人が子どもも連れてきて。
そんな感じで毎月、楽しみながら参加している活動があります。


それが清掃活動。

本日参加のみなさん

三島南高校清掃活動


ゴミ仕分け中
三島南高校清掃活動

僕と、仲良くしている高校の先生とのツーショット三島南高校清掃活動
 
土日のどちらか、月1回、午前9時~10時で、緩い感じでやっています。
 
 
 
伊豆箱根鉄道の皆さんもご協力いただいております。
 
 
 
高校生が主体的に動けば、地域が変わります。
また、高校生は、清掃活動を通じて大人との会話が生まれ、随分勉強になっているようです。


僕も娘を連れて行き、娘と高校生・大人が触れあう、キャリア教育の場にしています。

そして僕自身は、高校生に触れることで、商品・サービスの「感性」を忘れないような場として、随分役立っています。
ビジネス表現をするならば、「顧客を見る」ってことなんですよね。

 
 
動く力は、変える力。そして、学ぶ力。
学ぶ力は、学力。
 
机の前でコリコリやるだけが、学力形成じゃないんだよ、と思います。
 
 
ソーシャルブックマーク:

2013.06.04 23:58

6日から8日まで、内田洋行さん主催のNew Education Expo に伺ってきます。

Facebookのイベントウォールでも本告知があったので、参加される方をいろいろ見ていたら、ネット上で何度かやり取りはあるものの、お会いしたことのない方が何名か…

ネットでやり取りしていると、距離が近いんです。

「こんにちはー。NEEにいらっしゃるんですって?よろしければお会いしませんか?」

「おお!是非!!」

そんな方が小学校の先生だったりします。僕にとってはとっても貴重な話が伺える機会が、また一つできます。


ちょっと自分から声をかけるだけで、新しいつながりが一つ、生まれます。
ソーシャルブックマーク:

2012.08.22 15:38

昨日のブログ「いいチームだ~」、実は僕のFacebookにも似たような内容を投稿していたんですが、友人(学校教育関係者で、知り合って2年くらいになる方です)から嬉しいコメントが寄せられました。

Z会の人って楽しそうに仕事してそうで、たいへんにうらやましい。なんだかみんなはつらつとしているのは社風なんでしょうか。」

他社で働いたことがないのでわからないのですが(苦笑)、僕の周りには、「子どもたちの学力増進に貢献する教育サービスを生み出そう!」を強く目的として設定することで、無意識に組織人としての「あるべき」にそった行動をとる人が多いですね。
いいチームだ~」の例であれば、自分の主張に拘りすぎるのではなく「リーダーを立てる」ことが大切で、それにより素敵な教育サービスを生み出せる、という考え方にそった行動、とでも申しますか。

かつ、「きょういくじん」としての自己実現のため、楽しんで働こう、楽しまなきゃダメだよねっ!と感じている人が多いです。
だって、「教えるのが上手な先生」よりも「活き活きとしている先生」の方が印象に残ってませんか?皆さんも。
…決して「教えるのが上手な先生」がダメとか、そういうのではなくて、活き活きしていることが「教える」立場の人間の必要条件、とでもいいますか(これに加えて「教えるのが上手」が付加され、初めてプロの「きょういくじん」ですよね)。


今回紹介されたようなコメントを頂戴したのは、ありがたいことに、一度や二度ではありません。


Z会社員は、このZ会ブログをはじめ、FacebookのZ会ページ、そしてFacebook個々人のページなど、様々なソーシャルメディアで自己表現しています。
先週末、とある高校の先生とお会いしていたのですが、小学生のお子さんがZ会員。
「えっ、ありがとうございます!」とお礼を述べたら、「だってーFacebookやZ会ブログで見るZ会の社員の方が皆さん楽しそうで、あ、こんな皆さんの会社なら教材もきっと良いよね、って思ったんですよ。」と。

ソーシャルメディアがない頃には考えられなかったお客さんの獲得方法ですね。
ということで、小6生の皆さん、今年新開講の中学準備コースも良くできていますよ(笑)
締め切りは8月29日と間近ですのでお早めに~。


と、宣伝はさておき、活き活き働きましょうね。それだけで、お客さんになってくれる方、たくさん、たくさん、いますから。
ソーシャルブックマーク:

2011.09.03 23:40

今日、都内で、小学校の先生たちといろいろ情報交換してきました。
プライベートの時間を、自らの立つ位置「教育」の勉強に、と、皆さん時間を割かれているわけですよね。

そんなの普通じゃん、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…
プライベートと仕事を分離したい!のような論が出てくるようになった昨今、自分のプライベートの時間を、自らの業務内容と重ねたことに割く人は、決して多いとはいえません。


不祥事の報道だけ目立ち、イマドキの先生はなっとらん!的な意見をすぐもってしまいがちな方が世の中には決して少なくありません。
でも、僕の知っている先生たちは、よくやっていますよ。
そして何よりも、「自分たちは頑張っている」と誇示しない、素晴らしい皆さんですよ。



少なくとも、業務時間以外に、自らの業務についての学習の時間に割くことがほとんどない人は、「先生」という職種だけひとくくりにして、上記のような「ありがちな批判」をしてはいけないのです。


副校長の残業実態のニュースなんかもありましたね。

なり手いない副校長、都内公立小の2割で不足


学校で、子どもたちを成長させるには、まず、先生を、肉体的にも精神的にもラクにしてあげること。
そこからすべてが始まると思っています。今日においては。。。
ソーシャルブックマーク:

2011.08.11 23:00

今、文科省、初等中等局の決定において、「キャリア教育における外部人材活用等に関する調査研究協力者会議」という会議体があり、先日中間とりまとめが発表されました。

その中間とりまとめに対する意見がこちらになります。


学校教育で、もっと企業のことを教えるべき!とか、先生に民間人活用を!とか、もっともらしく、かつ、簡単な意見は誰でも言えます。
本気で思うのであれば、今、官や専門家でどのような意見が交わされているかを知った上で、意見すべきだと思うんです。


しかし、意外と、こういう議論がされていることを知らない方が多いです。
参考までに掲載しておきます。

ソーシャルブックマーク:

2011.08.08 23:50

週末は、第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in 東京〜教師も子どもも元気になろう!今こそ『学び合い』!!〜に行っていました。
真剣に教育を考える…というより、「まず、第一に、子どもの笑顔」と無意識に感じ、行動している先生方と一緒に2日間、とても充実した時間を過ごしました。
※『学び合い』についての詳しい説明は『学び合い』Wikiおよび以前のブログに譲ります。

『学び合い』という教育観について興味関心が高い人たちが集まり、『学び合い』について考える会だったわけですが、ここに集まった先生方の特徴は

外に開放している

ことだと思います。


自分の学級や授業における悩みを出し、経験を語り、他人から様々なことを吸収する…
そして、先生同士だけではなく、僕のような企業の人間とも熱心に会話する…。

このような「先生の集団」って、他にないような気がします。
多くは「○○教育委員会~会議」などで「閉じて」いる集団で…


教育は何よりも、人とのかかわりが大切ですので、もっともっと公教育も、『学び合い』に関心のある皆さんのように、外にベクトルを向けてみると良いと思うんですけどね。
「学級」「学校」に閉じこもらず…
ソーシャルブックマーク:

2011.06.13 00:00

前篇の続きです。

前篇で書いた『学び合い』の良さは、あくまでも結果論だと認識しています。
その結果を導く、子ども側、そして先生側の変化(根本的な成長)が本質だと思います。


子ども側の成長の本質は

他人を信頼できるようになること


につきると思います。
これについて、詳しくは「子どもの学力向上は信頼から(後)~福島出張その1:「学び合い」授業参観」をご覧ください。


そして、先生側の変化。

子どもの能力を信頼できるようになること(すること)

大人が、先生が、「教えないと(子どもは)わからない」。
もちろん、そういう事柄もあります。
しかし、99%の大人は、「教えないと(子どもは)わからない」と、子どもたちの自己解決能力を超えたバランスで、過剰に思いがちではないかな、というのが、僕の感覚です。

まず、子どもを信頼する。
すると、見違えるほどの自己解決能力を、「子どもたち」という「集団」で発揮するようになる。

すると、子どもが信頼できるようになる。
これがまた、子どもたちの自己解決能力を伸長するという良循環を生む。

これが『学び合い』の、先生の立場から見た、本質的な素晴らしさの一つです。


もうひとつ、先生側の素晴らしいところ。それは

先生の〝余計な”肩の力を抜けること

教えなきゃいけない…がなくなります。
授業中は、(「放擲」ではない)「自由」が子どもたちに与えられ、結果、自由な時間が先生に作られます。
物理的にも、精神的にも、肩の力を抜けることで、先生自身が元気になります。


僕はツイッターでほぼ毎日つぶやいています。

毎日1同言 「大人が明るく前向きに、働くことを楽しんでいる(=何も考えないのではなく、不安と対峙し少しずつ解決することで未来を作っていく)姿を見せるのが、子どもたちへの一番の教育だと思っています。何かを“教える”より、ずっと」

先生が、子どもたちに、この教育を与えられるんです。


もちろん、信念を持ち、心が強く、どんな制度的・社会的制約があろうとも、子どもたちをグイグイ引っ張っていくスーパーな先生もいらっしゃいます。教育のあるべき論を唱えれば、こちらが正解なのかもしれません。
しかし現実、全国に(大学を除いて)100万人規模で配置しなければいけない「先生」という職種全員に「あるべき姿」を求める、という考え方が、現実に即しているとは思えません。
(ゆとり教育の失敗も、とどのつまりはここでしょう)

地域コミュニティがなくなり、躾がされていない家庭も散見するようになった昨今、学校では、学校教育のみならず、家庭教育や社会教育の一端の任務を背負わないと、そもそもの学校教育が為し得ない環境にあるところが大半でしょう。
文科省や教育委員会への提出書類も増えており、プライベートが皆無になった人も増えているようです。
そんな中、「子どもを教え“なければいけない”」という考え方は、益々先生の精神を追い込み、多忙とあわせ、子どもたちに笑顔を見せられる先生像を形成しにくい方向へ導いてしまいます。

「いいじゃん、子どもたちに任せようよ」

これだけで、先生は「ほっ」となります。その気持ちが笑顔を生みます。
その笑顔が、子どもたちに伝播します。それが子どもたちの自主性をさらに産みます。

ここに良循環が生まれるのが、『学び合い』の本質の1つだと思っています。


蛇足になりますが、「今の時代は誰だって忙しい、先生だけじゃない!」と反論される方もいらっしゃるかもしれません。
でも、だからといって、先生を厳しい環境に追い詰めて、子どもたちの教育に影響させることが良いこととは思いません。
次世代を作る子どもたちに多大なる影響を与える先生だからこそ、極力先生以外の人たちは、先生の肩の力を抜けるよう、環境的な配慮をしてあげたいと思いませんか…!?


『学び合い』それは。

子どもたちの笑顔を見たい、と、心から願う、「フツウ」の先生たちによって創造される、「フツウ」の先生が出来る限りのことを子どもたちに施す考え方

だと感じています。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ