Z会ブログトップへ

2011.05.22 09:05

誤解と言う言葉を使うのは極力控えています。嫌いな言葉の一つでして。

誤った解釈、と書いて誤解。
誤った理解、と書いて誤解。

解釈にしろ理解にしろ、事を受け止めた側の主観領域なので、「絶対的な誤解」というのはよほどのことがない限り存在しませんよね。


「誤解しないで!」と懇願する状況というのは、発言者の意図とは違うように捉えて欲しくない場合。
つまり、発言者の主観や意図とは異なる、というのが誤解だと思うのです。
あくまで相対的なものとして。

この場合、発言者が「伝えた」つもりでも、「伝わる」事ができていないわけで。
それは、受け手だけではなく両者の問題。

そして、「誤解しないで!」と「懇願」ではなく、理解していない人を「責める」人は、だいたい発言者自身が「伝わる」努力をしていない場合がほとんど。
言葉や態度がマスタベーションの方だと感じています。


だから誤解と言う言葉は発しないよう心がけています。
かといって、受け手の立場では、理解しようと努めなきゃ、ですけどね。

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年04月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ