Z会ブログトップへ

2016.02.26 23:40

厚切りジェイソンのツイートより。

===
幼稚園→周りと合わせろ
小学校→周りと合わせろ
中学校→周りと合わせろ
高校→周りと合わせろ
大学→周りと合わせろ
会社→周りと合わせろ
「やりたいことが分からない」とよく相談受ける理由。 
自分で考える機会が今までなかったから。
===
出典は下記ツイートです。
http://twitter.com/atsugirijason/status/649486784917848064


大学入試改革の議論では、「今後は“協働する力”が大切だ」ということがよく言われます。
この「協働」とは、上記ツイートで表現されている幼稚園~会社で行われていることとは似て非なるもの。

協働することと馴れ合いは違います。
すでにある集団の決まりや雰囲気に合わせることを最優先するのが、同調圧力による馴れ合いです。
すでにある集団の決まりや雰囲気を常に疑い、異質の価値を最大化するのが協働することです。

異質の存在を認め、異なるものを活かそうとしているのが、大学入試改革の動きであり、今後の社会で求められることでもあります。

メテウス
(←クリック)は、馴れ合いではなく、「協働力」をしっかり身につけますよ!
ソーシャルブックマーク:

2016.02.09 10:10

Z会の教室は様々なブランドで展開していますが、その一つに、「難関国公立・公立トップ高校に強い」Z会進学教室があります。
この教室に、東京都立高校推薦入試の合格の報が続々と届いています。

2016年度 高校合格者数速報「東京都立高校推薦入試結果」
↑サイトにリンクします。

多種多様な方が受ける「推薦入試」の中で、高い合格実績を出せています。


一般入試に比べて、推薦入試は「対策」がしづらいといわれます。
Z会グループは、小手先の「対策」はしません。
「主体的に学ぶ力」を引き出す指導によって、受験生がどのような状況に置かれても、しっかり立ち向かえる力が身につくから、この結果がでるといえます。


もちろん、入試傾向分析もZ会はしっかりします。
しかし、その前にある、「主体的に学ぶ力」を涵養する指導を、どの教室も、どの通信教育も、忘れてはいません。決して。


メテウスではさらに、その力を高めます!
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年08月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ