Z会ブログトップへ

2011.04.13 09:13

「主観を伴って」情報が伝播することが嫌いな僕は、今回の「チェルノブイリと同じ」というメッセージを皆さんがどのように受け止め、どうメッセージを発しているか、についてとても関心があります。
そんなわけで深夜に書いた「レベル7 チェルノブイリと同じ」に引き続きブログアップ。


こんなつぶやきをみつけました。

福島原発事故・レベル7の報に接した方の懸念

これを読んで…
僕が「チェルノブイリと同じ」という報道を、どこか違和感を持って受け止めていた“もやもや”感が少しスッキリしました。
数万テラベクレルを超えたら全部レベル7だから「同じ」と言われているけど、ぜんぜん違う!…というところに感じる違和感とはまったく性質が違う“もやもや”感…。


僕の主観だ、直感だ、との断りを入れた上で述べると、今回の報道に

「何か意図がある」

と思ったのは否めません。


少しずつ復興に向かおうとしていた矢先に大きな余震があった…不安が大きくなったこのタイミングで「レベル7」と格上げ発表しても、政府が批判の矢面になる上に、首都圏在住の方もより不安になるのは簡単に予想がつきますので。


放射線の総量はすでにつかめていた事実です。
それをどう表現するか、だけの問題です。
だから単純に、「判断」が遅れただけかもしれません(もちろん、だとしても、いいこととは思いませんが)。

が、僕は、どうもそうは思えないんですよね…。


「レベル7」であること、基準では「チェルノブイリと同じ」という見方もあること、は事実です。
しかし、事実の発表の仕方、発表のタイミング、世間の動静…など、総合的に見て、「自分はどう思うか、感じるか」を見定めた方がよろしいかと思います。

そしてそれは主観に過ぎません。
信じられるのは、自分の知識と感性だけです。
(だから、常に勉強する姿勢を持ち、世の中への感度を高めておくって、ほんとに大事だと思うんです。生まれ持った感受性ではなく、「アンテナの高さ」は、後天的に身につくところが大きいと思いますので)
ソーシャルブックマーク:

2011.04.13 00:41

「レベル7 チェルノブイリと同じ」

これだけ聞いた受け止め方。

「チェルノブイリは520テラベクレル、福島は63テラベクレルと、チェルノブイリの1割程度」

これも聞いた受け止め方。

人によってバラバラだと思いますが、どちらの報道も「真実」です。


一方、あるニュースで、原子力安全・保安院の上記発表の多くを見た後…
このように報道している(別の)ニュースがありました。

・まず「チェルノブイリと違う点」の(保安院の)発表を流す
・それにかぶせるように「原子力安全・保安院は、チェルノブイリとは違うことを“強調”したが―」とナレーションを流す
・避難民の不安そうな声を流す

“強調した”かどうかは受け止め方によって違います。
上記報道の「構成」も何とでもできます。

国が「安全だ」と説明していることについて「信じられない」という、テレビ局側の「意図」が感じられる報道でした。


たまたまその前のニュースを見ていたから「意図」を感じたんですが…
ニュースを受け止めることもまた、難しいな、と思った瞬間でした。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年07月   >>
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ