Z会ブログトップへ

2017.02.23 12:44

「メールマガジン」という呼称がついているのだから、メールでの「マガジン」ではなければいけない、というのは、アタリマエだと思っています。

「マガジン」であるからには、読者が読みたいものでなければいけません。
“伝えたいことを伝えるために一斉にメールを送る”のは、”メルマガを送る”のではなく“一斉送信メールを送る”ことです。

「マガジン」であるからには、編集責任者(編集長)や編集者が存在してほしいものです。
紙の「マガジン」もそうですが、執筆者だけでは本は売れません。そこに編集者が存在し、ネタを世に出し、そして売れるものにしているんです。
つまり、「メールマガジン」を「書く」のは、本来「(話題を)伝えたい」と思っている方であって、「伝えたい」だけでは伝わらないので、編集者が介在し、話題を加工してよくする、あるいは場合によっては削除する、などがあるわけです。
「伝えたい」だけのメルマガなんて、読者がつきませんし、10年前は「チラシメール」などと呼ばれていた(いまでも、なんですかね)俗称のものになり、「届いているけれど読まれちゃいない」ものになります。

執筆者のネタの提供と執筆、編集者の加工の協働作業で、メールマガジンは「伝わる」ものになっていきます。
これには、(Z会編集者時代もそうでしたが)執筆者と編集者の、互いに対する感謝の念が、とてもとても必要になります。


…と、最後に宣伝ですが(笑)、現在担当しているICT CONNECT 21 のメルマガ
https://ictconnect21.jp/mail-mag/
は、自分が着任して以来の8ヶ月で、読者数は2倍近くに膨れ上がりました。
私がすごいわけではありません。私が「編集」でき、「執筆」で支える皆さんとの役割分担ができ、最終的に「伝える」ではなく「伝わる」を、組織として強く意識しているからに他なりません。
ソーシャルブックマーク:

2016.12.08 23:50

ICT CONNECT 21の号外メルマガを本ブログにて紹介します。
ICT CONNECT 21 のメルマガ
https://ictconnect21.jp/mail-mag/
では、教育の情報化に関する情報を、
・事実に忠実に
・早く
伝えることを目標にしていますので、このような情報を早めに収集したい方は、どうぞ上記サイトよりご登録を(笑

今回の号外で紹介した「デジタル教科書」につきましても、検討会議においては、サイト
https://ictconnect21.jp/news_161205_002/

で紹介したコメント↓
「本会議で話されている「デジタル教科書」の位置付けを、全国の教育委員会ほかが誤解しているときを多く感じる。予算にも関わることが多いので、首長を含めて、正しい理解を進めていってほしい。そして、一般の皆さんへの理解につなげてほしい。」
の通りのところもあると思います。


私見ですが。。。
「デジタル教科書」は「道具」に過ぎないと思います。
「道具」だからこそ、長所もあり、短所もあり。
「長所」から受けられる益を享受し、「短所」から受ける不利益を極力少なくする、ということが大切です。

「デジタル教科書万歳!」「デジタル教科書断固拒否!」、どちらの意見も極端だと感じます。
そして、こういう極端な意見からは、利用する児童・生徒たちの姿を想像していると感じられないんですよね。。。
(結果的に)児童・生徒の良質な学びを生むためにも、温度感も含めて(とでもいいますか)、事実にできる限り忠実に情報を届けられれば、と、ICT CONNECT 21の広報担当として、思っています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ ICT CONNECT 21 メールマガジン号外(2016.12.06) ★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ICT CONNECT 21 事務局の寺西です。
日頃より ICT CONNECT 21 の活動にご興味をもっていただき、
誠にありがとうございます。

11/30(火)に文部科学省にて開催されました
“「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議(第10回)”の
配付資料が、12/5(月)に公開されました。
本会議にて、最終まとめ(案)が提示されました。

同会議はメディアの注目度も高く、当日の傍聴席は満席でした。

ICT CONNECT 21 では事務局員が傍聴し、議事を記録いたしました。
資料のリンク先とあわせ、ICT CONNECT 21 のWebサイトにて
議事を公開いたしましたので、号外メールマガジンの形で
皆様にお知らせいたします。

★「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議
(11/30、第10回)配付資料
https://ictconnect21.jp/news_161205_002/


なお、ICT CONNECT 21 では、Webサイトでの公開と共に
Facebook も連動し、新着情報としてお知らせています。
https://www.facebook.com/ictconnect21/
Facebookをご利用の方は、本ページに「いいね」すると、
Facebookからの情報を早く知ることができます。


Webサイト、Facebook、そしてメールマガジンで、
国の施策を中心に、教育とICTに関わる情報は
今後もいち早くお届けしたいと思います。


ICT CONNECT 21 の情報発信にこれからもご期待ください!

ソーシャルブックマーク:

2016.09.22 20:46

7月よりICT CONNECT 21という団体で業務に励んでいます。

ICT CONNECT 21
https://ictconnect21.jp/

「教育の情報化」を進展させる、という目標に向かい、文部科学省や総務省、経済産業省などの各省庁のご助言を頂戴しながら、前に前にと進んでいます。


私の具体的な業務としては、文部科学省の皆様との打ち合わせ(→ToDoへの落とし込み)の時間が長いのですが、他には広報全体も担当しています。

メールマガジンは毎週水曜日に配信中です。
※メールマガジン登録
https://ictconnect21.jp/mail-mag/

この仕事を担当しているからこそ得られる情報…決して「非公開」の情報ではないのですが、なかなか(業務上、時間的な都合上)手に入りにくい情報をお届けしています。
たとえば昨日(9/21)配信したメールマガジンの冒頭では、中央教育審議会(第108回)の冒頭で、松野文部科学大臣がお話しされた内容をお届けしました。

(以下、9/21メルマガより引用)
本日(21日)、中央教育審議会第108回が行われました。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/kaisai/1377216.htm

松野文科大臣も出席され、冒頭に下記のような内容のことを語られたようです。
※事務局スタッフの傍聴メモを加工してご連絡いたします。

(以下、傍聴メモより)
「総理から、教育政策は安倍内閣のもっとも重要な政策の一つと言われている。
これだけの急激な社会変革があるなかで、教育政策は極めて重要。」

「特に、各家庭の教育費用の負担、
高等教育進学率はOECD諸国に比べて決して高いとはいえない。
給付型奨学金の充実等、改善を図っていく。」

「また、児童生徒の可能性を最大限に伸ばすために、教員の質向上、
教員がこどもと向き合う時間の確保が重要。」(以上)
(引用終了)

大臣の言葉により様々な文教施策が動きますので、このような発言を知っておくことはとっても大切なんですね。

メールマガジンの登録はどなたでもできますので、こちらから是非どうぞ。


Facebookページもあります!
https://www.facebook.com/ictconnect21/
こちらでもリアルタイムで様々な情報をお届けいたします。

ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ