Z会ブログトップへ

2014.03.10 23:50

「大事なのは理念の共有」 – BestTeacherとZ会が連携して提供する新たな英会話の勉強法
(↑クリック!「THE BRIDGE」にとびます)

こちらで、弊社吉田のコメントとして、次のように書かれています。

「吉田:今回の連携が実現したのも、人と人を「つなげる」のが得意で、ベンチャーが好きな人間がいたことが大きい。
社内ではまだ特殊なタイプと言えるかもしれませんが、外でネットワークをつくり、社内の適切な人間にパスをつなぐ人間の存在は、今後重宝されてくるのではないでしょうか。」


「つなげる」のが得意…
特殊なタイプ…
とは、僕のことです(苦笑)。
「特殊なタイプ」とは思っていませんが(←嘘つけww)、「“まだ”特殊なタイプ」と話していただけたところに、これからは僕のように、情報発信し、外とつながるタイプをもっともっと増やそうとしているんだ、会社は、と、一方的に良い様に受け止めるとします(笑


書かれているように、「つなげる」のは得意です。というか、趣味です。
世の中、社会、組織、身の回り…は、自分ひとりの力じゃ変えられない。
自分のできないことは、自分の気心しれた人間がやってくれるとありがたい。
気心しれた人間同士つなぐキッカケを作っただけで化学反応がおき、世の中、社会、組織、そして身の回りを良い方向に導いてくれるアウトプットが出ると、いいじゃん!

単純にそう思っている、だから趣味なんです。

で、こと会社の仕事となると…
「つなぐ」だけではなく、「断る」ことも、数多くやっています。
だって、「あ、これは、うちの会社とやっていうのは無理だな」と思ったら、最初からキッパリ言って、断った方が、お互いにとっていいですから。
(だから、断り方も、キッパリとしています。過剰に「申し訳ありませんが…」感を出しません。変にその次の期待をさせてしまい、お互いにとってメリットないですもん)

仕事は時間の使い方がすべてです。
時間の投入を、意識して、生産性が高い方向に持ち込むのは、当然のこと。
だから、「すぐ断る」ことも、大切な、大切な、「真摯な」ビジネスマンの能力です。


コラボすることで新しいものを生み出したいのであれば、「つなぐ」ことだけではなく、「断る」ことも同じくらいやらないといけませんね。
その経験から、「つないで、結果を残す」確度が高まっていくんです。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ