Z会ブログトップへ

2017.01.04 21:35

年始年末、ほんの少しだけ(苦笑)自宅の整理をしていたら、本棚から
『自由と規律』(池田潔)
が出てきました。

この本、昨年末に勤務先のICT CONNECT 21にて、「プログラミング教育」の勉強会で、イギリスの教育制度や、「Computing」という教科についていろいろ学んだ際、講師の方から紹介された書籍なんです。

『自由と規律』、購入したのは、大学生時代、(サークル活動を一緒にやっていた)日本女子大学の学園祭にて、古本で10円で売っていて、店員の女子大生が薦めるので(笑)、内容もよくわからず買った記憶があります。
どうやらそのときのことを一瞬忘れていたみたいで、アマゾンで10年前に新品で購入歴あるようですww
※今回出てきた本は、大学生時代に買った本で、扉にしっかり元の所有者名のお名前が…

恐らく以前にこのような経験がなかったら、今回講師から『自由と規律』を紹介されても、私は「読もう」と思えるまで興味を示さなかったと思います。
他にいろいろやることがある中で、「しらないもの」「触れたことがないもの」への行動は、人間どうしても億劫になりますから。

今回は、書棚にある本で、かつ、中途半端にしか読んでいませんでしたので、今回再読しようと思っています。
「講師の方が紹介する前に一度触れていた経験」が、知を得る行動へ自らを向かわせた例ですね。


世の中には、自らの知識や知恵が追いついていないため、自らの興味・関心が喚起されていないものがたくさんあります。
少年少女の頃「なんで勉強しなければいけないの?」と、とくに自ら嫌な教科について思ってしまい、ときには言葉にまでしてしまうのは、「自らの知識や知恵が追いついていないため、自らの興味・関心が喚起されていない」ことも影響していますよね。
だから、知識や知恵が追いついたら、「もっと早く勉強しておけばよかった!」となるわけで…。

とはいえ、知識や知恵がないものに対し、ベクトルを向かわせるのは大変です。
そこで、提案したいのは、「触れておく」ってことであり、教育する立場の側からすれば「触れさせておく」ってことになると思います。


私が立ち上げに携わった塾に「Z会東大個別指導教室プレアデス」があります。
塾の中には、英治出版さんに多大なるご協力を頂戴し、多くのためになるビジネス書が並べられています。
これは「東大の先」を見せることで「社会に役立つ人」を志向するようになる「場づくり」の演出とともに、「触れさせる」ことに拘ったからでもあります。

この塾で育てば、大学に入って再度その本に出会うと、「あ、どこかで聞いたことがある」と思い、本を読む、という次の行動につなげられるだろう…という願いを込めて。

ソーシャルブックマーク:

2016.04.22 15:59

ここで使う「いじめっ子」は、ドラえもんのジャイアン的ないじめっ子をイメージしてください。
のび太くんをいじめてばかりだけど、どこか愛くるしい、という(笑)


「俺、PTA会長になっちゃってさー」
幼い時代をともに過ごし、高校生のお子さんを持つ友人から、先日連絡がありました。

この友人、中学時代は、私をいじめてました(苦笑)
殴る蹴る、のような感じではなく、威圧する、小突く、といった具合でしょうかね。いじめる、というより、いじる、という感じが(彼からすると)正しいかもしれませんね。
ハタチの成人式の場で、幼少時代の同級生が集まり、そのときからなんとなくやり取りもあり、最近はソーシャルメディアが発達していますから、ゆるいお付き合いがずっと続いていたような友人です。
そういえば、成人式も、確か派手な格好で現れていましたっけ、彼。。。

「いじめっ子がPTA会長になる。」
この言葉だけ見ると「はい??」と思う方もいらっしゃるかもしれません。むしろ多いのではないでしょうか。
でも、結果として、それはとても良いことだと思いますし、彼のこれまでの生き方を見ていると、ある意味必然の結果だとも思います。


なんでこんなことを書いているかというと、ジャーナリスト(そして法政大学准教授)の藤代裕之さんの、下記記事を拝見したからです。

なぜMARCHの学生は、大学では東大生より勉強しなければならないのか
(↑記事にリンクしています)

まったくつながらないような記事かもしれませんし、つながったのは私の独特の感覚かもしれませんが。。。


藤代さんの記事は…
ぼんやりと、将来「良く」なって、幸せになれるといいなー、と思って、普通に勉強して、普通に大学を目指す、という選択肢を(結果的に、かもしれませんが)とられる方、という(世の中によくある)カテゴリに属しつつ、いわゆる「偏差値」という括りで順位付けられたものに従って大学進学を決めた方の場合、カテゴリの中での順位付けが下の方は上の方より大学合格後勉強しないと、差は離れる一方で、「いまの価値観」で思っている望みは叶えられませんよ、というお話ですね。
藤代さんも書いている通り、「トップ校の学生が偉いとか、勉強が出来る人間が良い人生を送るとかを言っているわけではありません。」ということであり、あくまで「なりたい職業や担いたい社会的な役割が明確な場合だけでなく、まだぼんやりしていても目標が定まった際に出来るだけチャンスが得られるように「確率(勝率)」を上げるためにはどうしたらよいでしょうか。」と考えたときに、

「勉強する。東大の学生より何倍も。」

という結論が最も良い、ということです。

私自身、Z会東大個別指導教室プレアデスの代表を務めながら、講師の東大生に触れ続けていますが、彼らは本当に勉強熱心です。
東大に合格した上に、大学生になったから、かもしれませんが、5教科だけではなく、社会のことに対する勉強欲も強く、そんな気持ちに応えたい、という社会人から、こんな研修もご提供いただいています。
講師の皆さんが、少しでも早く社会貢献できるように、社会に出る前に社会のことに触れられると、人間として大きくなるのでは…という意図で、毎回、希望する方のみご参加していただいているのですが、ほぼ毎回10名以上が参加されますし、所属講師の半分程度が参加するときもありました。
それくらい、「東大までの人、ではなく、東大からの人を育成する」というメッセージに共感した講師陣の意欲・努力は、客観的に見ると高いのです。

大学進学を希望する高校生にもよくする話なのですが…
大学進学のための勉強に出遅れ、放置している方が「3年になったら人間の倍近く勉強して、追いつく!」と口にすることがあります。
より勉強しようとしている意欲は素晴らしいですが、“その方の価値観・感覚”の中から、3つの視点において欠けていることをよく感じます。

1.できる人も高3生になったら勉強量を増やすこと
=目指すベクトルが同じ方向の場合、ゴールに近い人も(ゴールに遠い人と)同じ挙動をとりがちである、という視点に欠く。
2.できる人はできない人より、同じ勉強時間では理解するスピードが早いこと
=できる人よりできない人の勉強時間が少し多くて、ようやく現時点での学力差が保てるくらい。差を縮めるには倍くらいの勉強量が「必要条件」という視点に欠く。
3.できる人は「勉強する」「努力する」ことに精神的苦痛を余り感じないこと
=同じだけの勉強量(たとえば「3時間勉強する」という行為)において、できない人はできる人より苦を感じる、という視点に欠く。

だから、“いわゆる偏差値の高い大学”に合格したいのであれば、早めにやり、早めに優位に立っておくことが、「早めにやらなくて大丈夫だよね」と思う人ほど大切なんです。平均よりやや遅めで、高校2年生になってスタート、という感じでしょうか。この方もそうでした。
そして、差がついてしまった、という状態から取り戻すには、できる人より、「その人(=できない人)が“思って”いる」よりずーーーっと、勉強量を増やさないといけないのが現実なのです。
※逆に、その覚悟があれば、「勉強する」という現実を作ることができるので、追いつくことも可能です。


閑話休題。。。

PTA会長になったいじめっ子は、はっきりいって勉強していませんでした。そりゃそうですよね。
でも、しっかり社会人になり、お金を稼ぎ、いわゆる「いい父ちゃん」になって、PTA会長になっているんです。
そこそこ勉強する高校生・大学生が目指す「幸せな人生」を作っていると感じます。

いわゆる「いじめっ子」には、メタ認知ができている人が多いと感じています。
つまり、「俺は勉強できないから、別の道で」的なことを、おそらくは無意識のうちに感じていて、そして無意識に、自らの特性や価値観にあった、自らの道を切り拓けているんですよね。
逆に、残念ながら、普通に勉強し、なんとなく大学進学時を考え、東大に入るほどの勉強量をせず、一般的な(と申しますか)偏差値の大学に進学した方には、メタ認知が弱い方が多いと感じます。

だから藤代さんの記事のようなものを提示しないと、し続けないと、なかなかわかりません。
(藤代さんにハッキリ指摘してもらい、学べる大学生は、幸せだと思います)
「幸せな人生」を送るために、いま、自分がすべきこと、というものが。

(とくに5教科の)「勉強」“だけ”がすべてとは思いませんが、「勉強」に対し努力した人が結果的に社会に入って報われることが多いですし、「報われる」というのもその人の価値観の中に過ぎませんが、多くの人は、“「勉強」したその先で得られる確度が高い果実を得ること”を「報われる」と言っている気がします。


一方で、教科的な「勉強」以外の道を切り拓くのも素敵じゃないですか?
PTA会長になった、メタ認知ができていた、友人のように。
彼であるからこそ、教科的な「勉強」をする以外の生き方を自ら提示でき、その上で、「我以外、皆師なり」という意味合いでの「勉強」する努力を、しっかり子どもたちに伝えていけると思いますから。

教科的な「勉強」をすることでこれまで過ごしてきた方は、“これまでの「勉強」を、より必死になってやってください。それが「報われる」確度を高めます”というアドバイスになります。
「勉強」の延長線上にある果実を得る確度も、そして、(いまやっている)「勉強」以外のものに真剣に励むことに気づく確度も。


最後に。
PTA会長になったジャイアンから、報告を受けたときのメールにはこうかかれていました。
「寺西はなんで塾の先生になったの?」
そして、その回答を受けて
「そうかー、子どもたちに伝えていくわー。ありがとう!」
いやいや、僕こそ、ありがとう、ですって。


【宣伝】
Z会東大個別指導教室プレアデス本郷校では、東大生が五月祭のときにカフェを提供します。
「東大生に、恋した日」。「学び」の頂点に立つ、東大生に触れる機会を、五月祭、プレアデスを会場に、ぜひ。
ソーシャルブックマーク:

2016.04.07 21:22

Z会東大個別指導教室プレアデスから第一期生が東大合格!
インタビューを掲載しています。

2016年度春 東大合格者インタビュー

勉強法のヒントになることも盛りだくさん。
ぜひご覧ください。
ソーシャルブックマーク:

2016.04.06 21:00

東大情報はマメにチェックしていますが、今年の東大五月祭のページがキレイに出来上がっていることにさっき(笑)気づきました。

第89回五月祭
↑公式HPへリンクしています。

キャッチコピーは「東大生に、恋した日。」
わかりやすい(笑)


実はZ会東大個別指導教室プレアデスも本郷教室がありますので、五月祭連動企画やりますよー。

Z会×東大生カフェ~東大生がもっと身近になる空間~(無料・入退室自由)

高校生と東大生が出会う場を、作ります、プレアデスで。
ソーシャルブックマーク:

2016.02.22 18:39

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司さんのブログで、非常に納得する記事を拝見しました。

「自己受容」は「幸せ」と比例する
↑ブログ記事にリンクしています。

「自己受容が高い人は人生満足尺度も高く、自己受容が低い人は人生満足尺度も低い傾向が、くっきりと現れています。」(ブログより引用)

そして、「自己受容」が高い、と判断されるアンケート項目の1つに、次があることが注目です。

「自分の人生を振り返ったとき、今までの物事の成行きを喜んでいる」


今まで起きたことについて納得していれば、これから必ず幸せをつかめる!(だから納得すればすべてOK!)…とまではいえないと思う一方で、今まで起きたことについて納得していれば、人生満足尺度が高い自分自身を作る確度は高まるとはいえるわけですね。

東大合格者に、合格直後に聞いたインタビューの第一声で出てくるコメントで多いもの。
「これまでお世話になった皆さんに感謝しかありません」
何か関係しているような気がしませんか?

受験生の皆さん。悔やんだって幸せになりません。
これまでやってきたことに自信を持つだけで、幸せをつかめることだってありますよ。


そして…Z会東大個別指導教室プレアデスでは、入試前日まで東大受験生を応援します。

入試直前!東大生による最終レクチャー
↑サイトにリンクしています。

東大生を味方につけ、直前講義と東大下見。
きっと皆さんに自信を植え付けることと思います。
ソーシャルブックマーク:

2016.02.08 23:50

Z会東大個別指導教室プレアデス
おかげさまで渋谷に1号店を開校し、もうすぐ1年が経過しようとしています。

叡智と情熱に溢れた東大生講師のお陰で、開校年から素晴らしい実績が出ています。
それがこの、聖光学院の方です。

プレアデスに通って3ヶ月、成績がグンと伸びた
↑記事にリンクします。

記事中にもあるとおり、1年→2年になる際は学年下位をさまよっていた聖光学院の彼。
「選抜クラスに入りたい」という目標を持ち、東大生講師の「能力を引き出す」指導により、わずか3ヶ月で成績上位1/4まで躍進。
2学期はわずかに選抜クラスに入れなかったそうですが、吉報が届きました。
「3学期は選抜クラスに入れました!」


しかし彼は甘えることはありません。
「3年のスタート時で選抜クラスに入ることが何よりも大切。3学期期末も気を抜きません。」

何と頼もしい。

そのことを東大生の講師に「彼凄いよね」と告げたら
「何言ってるんですか寺西さん。東大合格までそんなこと言っちゃダメですよ。そして目標はその先の人材育成じゃないですか。」


これがZ会東大個別指導教室プレアデスです。


東大入試直前には、東大生の叡智を結集したレジュメも配布する企画を行います。

【受験生直前企画】入試直前!東大生による最終レクチャー

↑紹介ページにリンクします。

地方在住の方も参加できる企画になっていますので、続々申込がたっています。
定員になる前に早めにお申込ください!
ソーシャルブックマーク:

2016.01.31 14:56

大学入試改革が昨年より話題になっています。

「面接を導入する」「複数回実施を見送る」「記述式を導入する」…云々、入試の「手段」についてはいろいろ話題になりますが、なかなか話題にならず見落とされがちなのは

どんな「学力」がこれからの若者に必要で、どんな「学力」を評価しようとしているか

という本質的な視点です。


実は「学力の3要素」として、2007年の学校教育法で定義されたものがあります。

(1)基礎的・基本的な知識・技能
(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等
(3)主体的に学習に取り組む態度


大学入試改革では、これらの3要素を測るための試験を模索しているんですね。
(明日に続く)


【PR】
Z会東大個別指導教室プレアデスでは、東大入試直前まで受験生を応援します。
地方からの東大受験生にとって耳寄りな企画をご紹介!
【受験生直前企画】入試直前!東大生による最終レクチャー
ソーシャルブックマーク:

2016.01.30 23:15

【受験生直前企画】入試直前!東大生による最終レクチャー

地方出身の私が、Z会に就職し、やりたかった企画の一つ、叶いました。。。


地方にいると、いろいろと情報不足で不安なんですよね。。
直前に東大生にアドバイスを受けられたり、下見に付き合ってもらえると、不安が薄れるな…と、私自身が思った気持ちをそのまま形にしています。

多くの受験生に役立つことを願っています。
ソーシャルブックマーク:

2015.10.20 22:05

この10日間くらい、Z会の教室事業では、アクティブラーニングの取り組みを行いました。

【Z会東大進学教室】<首都圏の中高一貫校に通う高1生対象>アクティブ・ラーニング型の新しい授業が体験できる!高1英語・数学講座を10月11日より無料開講!
↑クリック!次回は10/25(日)です!

【Z会東大個別指導教室プレアデス】「アクティブラーニング」を東大生講師と体験!10月17日(土)にイベント開催!【無料・要申込】
↑クリック!今後も定期的に開催予定です。


文部科学省は「学力の三要素」として、
1.知識・技能
2.思考力・判断力・表現力
3.主体性・多様性・協働性
の3つを定義しています。そして、1は独学でもそれなりに身につくもの、2は集団授業でもそれなりに身につくものですが、21世紀型の能力ともされる「主体性・多様性・協働性」は、これまでの学習形態ではなかなか身につくものではありません。とくに高校教育以降において。。。

そこで注目されているのが「アクティブラーニング」なんです。
アクティブラーニングとは、平成24年8月28日の文部科学省答申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~」用語集にて、次のように定義されました。
───────────────────
教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。
───────────────────
冒頭に上げた講座・イベントでは、この形式にチャレンジしています。


世間も注目しているんですね。
グーグルトレンドで「アクティブラーニング」の注目度を追うと…

2004年以降の「アクティブラーニング」

キーワード「ゆとり教育」との比較(2015年に検索回数が逆転)

直近12ヶ月のトレンド(年初比約3~4倍の検索ですね)

「アクティブラーニング」、Z会エデュース(=Z会の教室部門の新会社名)でも追求していきます!
ソーシャルブックマーク:

2015.09.26 10:55

教員は多忙だから解消を! VS 教員は定時帰りばかりと思うけど?

これからはICTで豊かな教育を VS ICTに教員がふりまわされてよくない

アクティブラーニング!VS 教師が“教え”なくてどうするんだ!


賛否両論あるものは、どっちの意見も(そこだけみれば)部分的には正しいからこそ存在するわけです。
そして大勢をしめるのは、より「共感」を生んだ方。だから主張者は、共感を生みやすい短めの言葉を使います。
正しさがその後の選択を決めるわけではありません。

未来創造を最も阻害するのは「無邪気で勉強不足でメタ認知に弱い(相対的に)現状肯定者」だと思います。
世論にこのタイプが多いと社会は変わりません。

変わること、変わらないこと、どちらもそれは形に過ぎず、変わるべきときに変えられる賢さと、変えようとする勇気が未来創造には必要です。

若者たちのことを思うからこそ、大人は賢く勇気を持っていたいものです。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ