Z会ブログトップへ

2013.12.01 23:15

Facebookでこんな投稿をしました。
===========
事を変えるにはイノベーターが必要、絶対に必要。
しかし、イノベーターが何人か集まって一つのことを推進しようとすると、「日本で」は際物扱いされ逆に推進できなくなることが結構あると感じる。
イノベーターにはフォロワーが必要。秘書が必要。翻訳家が必要。そういう人たちの存在を大事にするイノベーターが、「日本で」新しいことを為し得る気がする。
===========

すると友人がこんな投稿を、自分の投稿欄にしました。
===========
よしよし。またひとり、
「フォロワー」
というキーワードを明示する方を見かけた。

一億総リーダーシップ論から早く脱却して
早くフォロワーシップの重要性が
もっともっと語られる世界になって欲しい

そうでなければリーダーが育たない
===========


イノベーターも大事だけれど、日本においては、イノベーターに共感し、支えるフォロワーが必要、というのは、ここ1年くらい自分が強烈に感じていることです。

僕が知っているイノベーターには、一般に「善くない性格や言動」としてあげられるものとして
・感情的になりやすい
・これまで「良かった」部分を壊す部分もある
・人の話を聞かない
・一つのことに拘ると、視野がとても狭い一面を見せる
・・・
などが、割と共通するんです。
ただ、そこだけ見て「だからその人はダメ」というレッテルをはると、イノベーションを起こしてくれる人がいなくなります。
だから、その性格や言動を超えて、イノベーティブなところがあって、社会をより幸せな方に導いてくれるのであれば、そのイノベーターの一部として包含されている、そこは周りがぐっとこらえて支えないと、と思うんです。
それがフォロワー、ですね。


フォロワーシップとリーダーシップは、一人の中に両立するものです。

フォロワーシップという“力”を意識しよう。

今の自分は上記サイトにある「職場リーダー」を目指しています。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ