Z会ブログトップへ

2011.04.13 09:13

「主観を伴って」情報が伝播することが嫌いな僕は、今回の「チェルノブイリと同じ」というメッセージを皆さんがどのように受け止め、どうメッセージを発しているか、についてとても関心があります。
そんなわけで深夜に書いた「レベル7 チェルノブイリと同じ」に引き続きブログアップ。


こんなつぶやきをみつけました。

福島原発事故・レベル7の報に接した方の懸念

これを読んで…
僕が「チェルノブイリと同じ」という報道を、どこか違和感を持って受け止めていた“もやもや”感が少しスッキリしました。
数万テラベクレルを超えたら全部レベル7だから「同じ」と言われているけど、ぜんぜん違う!…というところに感じる違和感とはまったく性質が違う“もやもや”感…。


僕の主観だ、直感だ、との断りを入れた上で述べると、今回の報道に

「何か意図がある」

と思ったのは否めません。


少しずつ復興に向かおうとしていた矢先に大きな余震があった…不安が大きくなったこのタイミングで「レベル7」と格上げ発表しても、政府が批判の矢面になる上に、首都圏在住の方もより不安になるのは簡単に予想がつきますので。


放射線の総量はすでにつかめていた事実です。
それをどう表現するか、だけの問題です。
だから単純に、「判断」が遅れただけかもしれません(もちろん、だとしても、いいこととは思いませんが)。

が、僕は、どうもそうは思えないんですよね…。


「レベル7」であること、基準では「チェルノブイリと同じ」という見方もあること、は事実です。
しかし、事実の発表の仕方、発表のタイミング、世間の動静…など、総合的に見て、「自分はどう思うか、感じるか」を見定めた方がよろしいかと思います。

そしてそれは主観に過ぎません。
信じられるのは、自分の知識と感性だけです。
(だから、常に勉強する姿勢を持ち、世の中への感度を高めておくって、ほんとに大事だと思うんです。生まれ持った感受性ではなく、「アンテナの高さ」は、後天的に身につくところが大きいと思いますので)
ソーシャルブックマーク:

2011.04.13 00:41

「レベル7 チェルノブイリと同じ」

これだけ聞いた受け止め方。

「チェルノブイリは520テラベクレル、福島は63テラベクレルと、チェルノブイリの1割程度」

これも聞いた受け止め方。

人によってバラバラだと思いますが、どちらの報道も「真実」です。


一方、あるニュースで、原子力安全・保安院の上記発表の多くを見た後…
このように報道している(別の)ニュースがありました。

・まず「チェルノブイリと違う点」の(保安院の)発表を流す
・それにかぶせるように「原子力安全・保安院は、チェルノブイリとは違うことを“強調”したが―」とナレーションを流す
・避難民の不安そうな声を流す

“強調した”かどうかは受け止め方によって違います。
上記報道の「構成」も何とでもできます。

国が「安全だ」と説明していることについて「信じられない」という、テレビ局側の「意図」が感じられる報道でした。


たまたまその前のニュースを見ていたから「意図」を感じたんですが…
ニュースを受け止めることもまた、難しいな、と思った瞬間でした。
ソーシャルブックマーク:

2011.03.22 23:56

NPO法人CANVAS、フェローの山口裕美さんから、フェロー間のメーリングリストで届いたメールを掲載いたします。
※本人の許可を得ております。
「この数日でも、テレビ等の報道で、幼い子供が危険という話が出てこないので、心配になっていました。ぜひ(掲載を)よろしくお願いいたします。」とのことでした。

教育関係者、親御さん、しっかり読んでください。
そして、危険から子どもを守ってください。
対処することで不安はなくなりますから。。。

=========

ずっと書き込みもせず、お役に立てなかった山口裕美です。Canvasの性格上、1つ提案させていただきます。

今回の福島原発で思うのですが、実は放射能の汚染は大人はあまり危険ではなく、幼児および子供が危険にさらされています。

私は86年、当時、ヨーロッパにおり、チェリノブイリの原発事故に起因する放射能の雨を浴びました。当時、テレビでもチェリノブイリの事故は放送していたのですが、ドイツ語もあまり出来た訳ではない私は、ノーテンキに近所のスーパーマーケットに行きました。
すると葉物の野菜と野菜の缶詰がなくなっていました。素朴に「なんで?」と思いました。当時はまだウェブはありませんでした。
それで近所の人に聞いたところ「ロシアの原発事故で、汚染が始まるので、今ある野菜を加工して備蓄し、今ある野菜缶詰を備える」とのことでした。ドイツ人は必ず自宅やマンションの地下に備蓄倉庫を持って
いたのです。
さらに、そののち、急にテレビで甲状腺のガンの話が出てきました。
その話によると放射性ヨードを身体にいれるくらいならば、先にヨード剤を飲んだ方が良い、と言っていたのです。それで薬局へ駆けつけると、もうすでにまったく残っていませんでした。ドイツ人は黙って行動する人々でした。(笑い)
で、本物の放射線の雨は、その事柄の始まる前で、私はその雨をジムのあとの心地よい雨として浴びました。ただ、帰宅後はシャワーを浴びたのが幸いでした。

で、ブログやフェイスブックにも書きましたが、放射線は泥のようなものです。洗い流せる、ものなのです。しかし問題は子供、幼児です。
さらには犬の問題です。犬も散歩をするし、地面から近いから、とても心配です。
ドイツではその後、まず小学校などの砂場が立ち入り禁止になりました。
牧草地や砂場が放射線を集める場所、溜まる場所だからです。
また、御医者さんに相談しながらヨード剤を幼児に飲ませるように、情報が開示されました。
ただしそれも、親の判断で政府が介入することはありませんでした。

マスクも効果大です。
昨日は雨で、放射能に敏感な人はたぶん極力、外出しなかったと思います。
で、お母さんはマスクをしているのに、子供にはマスクをしていない人が多く見かけられます。私は幼児を守りたいです。

私がチェリノブイリの雨に打たれた同時刻、バイエルンの牧草地で遊んだ日本人家族がいました。私が日本から取り寄せたヨード剤を進めたのですが、「裕美さん、気にしすぎ!」と一笑され、飲まなかったその家族の一番小さかった少女は、日本帰国後、ガンで他界しました。私はそのことがとてもショックでした。そのご家族は製薬会社関係の方だったです。
今でも、チェリノブイリのせいではないか、と私の中での疑問は消えません。

募金も大事だと思います。
でも子供を守ることが先決に感じております。
小学生限定でも幼児向けでもいいです。まずこの福島原発が収拾されるまでの間、子供たちにマスクを贈りませんか?
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年06月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別アーカイブ