Z会ブログトップへ

2012.12.30 16:47

[PR]「もうすぐ小学生だねー」。年末年始、家族・親類とそんな会話が生まれるシーンも多いのではないでしょうか。
Z会小学生コース1年生のご請求をすると、いまだけ『1年生準備 ことば・かずワーク』プレゼント中ですよ!
この本を見て、小学生の学習を是非イメージしてみてください!資料請求はこちら


僕が今まで見聞きした「いじめ」について。

いじめには「ボス」と数名の「とりまき」がいます。
いじめられている子の味方をしようとすると、味方をしようとした子を叩いていく、しかも叩くのは「とりまき」が中心。ここが「ボス」の狡猾で卑怯なところです。

「ボス」は身動きの早い「とりまき」をつけます。そして「とりまき」を通じ、いじめられている子の味方をしようとした人間を早い段階で潰そうとします。
潰す(つまり、味方をする言動を遠ざける)と、またいじめられっ子は孤立し、いじめの状態が続きます。

それを「ボス」は本能的に知っています。
つまり、いじめの状態を継続するためのポイントは「フォロワー」を早い段階で潰すことなんです。
だから、「フォロワー」が孤立しないように、フォロワーを複数名にしていくことが、いじめられっ子を救う一つの仕掛け的処方箋と言えます。



なんて書いていたら、話は思いっきり脱線しますが(苦笑)教師批判も同じだなあ、と思えてきました。
「ダメ教師」論が世に蔓延ると、「教師」そのものへ無意識に「しっかりうちの子を育ててくださいね」という意識が過剰に働き、結果、集団として「教師」という「職」への「いじめ」を生みだします。「教師」だって頑張ってる!という意見が言えない雰囲気が作られるんですね。
このボスは誰?誰かわからないから厄介でもあります。

ただ、この2年くらい、公教育の先生にいろいろコミットさせていただき、頑張っている人の割合は、普通の職の人より格段に多いという感を受けます。
ならば、そういう人に、子どもたちへ全力投球できるような環境を整備する、ぶっちゃけ、教師に時間をとってあげる(休日をとってもらうことも含めて)
自分たちにできる教育は学校に頼らず自分たちの手で、というのが、学校と言う中で「いじめ」が起きようとした時に兆候段階で食い止める方法じゃないかな、と思うのです。

そういう考え方をする「フォロワー」を増やすことがとっても大事なんじゃないかなとも思います。


とりあえず来年は、学校の先生(あるいは学校教育、学級経営と言ったもの)の実情がうまく世の中に伝わる、そんなWebの仕掛けを考えていきたいと思っています。あ、個人的に、ですが(^^

そして自分の子どもが小学生になったら、PTAには深くコミットします。
行政も巻き込んでコミュニティスクールに発展できたらとても嬉しいですね、数年後。
まだ三島市にはないはずですから。コミュニティスクールが。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年12月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ