Z会ブログトップへ

2011.08.17 19:20

部下や、他部署の若い人(20代を想定してください)から、メールにて

「こういうことをしたい」
「ここをこういう風に変えて欲しい」

などの、意見・提案・お願い事を受けるとき、傾向として

やたら提案や意見の理由を合理的に説明しようとしている(=言い訳にも聞こえるときがある)。

と感じます(そのためメールが長い…)


悪気はないんだと思います。
僕の中では「若い人の傾向」なんだろうな、と思ってます。

でも、本人の気持ちは関係なく、「メール」というブツだけみたとき、この姿勢はとってもジコチューに感じてしまうものなんです。
#…と、本ブログを見ているZ会の若い人、気づいてくださいね~。

提案や意見の理由をどれだけ説明したところで、それは「提案者の立場」での理由の域を出ません。
提案される側が、どんな心境で、どんな立場で、どんな責任を背負っているか…などへの配慮がないわけですから。


「一生懸命に説明しようとしている」「合理的な根拠をいろいろ調べている」姿勢は褒めたいのですが、それらすべてを

いきなりメールを送る

という行為に訴えると、メールをもらった側は「うっ…」となるんです。
何の前触れもなく、自分の心の中に、自分が想定していなかった異質のものが舞い込むわけですから…。

メラビアンの法則の通り、言語で伝えられる情報はわずか7%に過ぎません。
その情報にすべてを満たそうとすると、「想定していなかった受け手」は、まずもって何のことか分からない(どんな背景=決して「提案者のひとりよがりの背景」ではない背景=でそうなったか理解できない)上、必要以上に反対感情も湧くこともあります。


若い人に欠けてるな、という「やり方」。
それは事前にさぐりを入れること。
ちょっと悪い響きのコトバを使うと「根回しが足りない」となります。

「根回しなんて時間の無駄だよ~」と思う人もいるかもしれません。
僕は決してそうは思いません。

事前に探りを入れないで、伝えたい相手の気持ちや考え方がわかりっこないですから。

逆に、「いきなりメール」が齟齬を生み、生産性を落すことの方が圧倒的に多いです、経験上。


提案や意見を持っている場合は、「こういうこと思っているんですけど、問題ないでしょうか?」と、事前に会ったり、内線電話などで相談したりしてみましょう。
すると、自分の気づかなかった「今そうなっている理由」がいろいろと見えてきます。

最低限、口頭でのコミュニケーションをとる姿勢。若い人に求めたいです。
ソーシャルブックマーク:

2011.05.23 23:00

違う企業からZ会に転職してきた方から、先日、

「寺西さんのやっていることは革新的すぎますから、社内ではなかなか理解されないこともあるんじゃないでしょうかね…」

と言われました(苦笑)


表向き、というか、実際に口論するシチュエーションも決して少なくない僕ですが、お世辞抜きに社内外の理解者には恵まれていますので、「自分のことが理解されない」と強烈に(とでもいいますか)思ったことはほとんどありません。
逆に、理解されていないときは、僕の説明不足か、それとも「頑張り」から醸し出す前向きな姿勢が欠如しているとき…と思うようにしています(し、実際にそうなんだと思います)。

で、本題はこちらではなく、その前。「やっていることが革新的すぎる」ということ…。


入社3年目までは、社内のとある問題解決(自分では「放置するのが許せない」と思っていたこと)に必死でした。
この問題が解決した後、メールマガジンの発刊(2002年春)を通じて通信教育の会員とのコミュニケーションをとる手法を拡大していきました。この頃はまだ数学の教材編集担当ですね。
2004年に宣伝担当に異動し、次の年携帯コミュニケーションサイトを立ち上げました。
2006年にはSNSの立ち上げに協力(僕はメイン担当ではありません)。その後、ブログやWebマーケティングの拡大など…
そして今、教材編集課長として4月より奮闘中。

自分の意識の中では、革新的なことをやってきたつもりは全然ありません。
・Z会の中の問題点や弱みを発見し、それを克服する。
・Z会の強みで隠れているものを表に出す。
などをやり続けているだけで、「これまでのZ会」に沿っているわけですから、「革新」と言える領域ではないと思っています。単なる「改善」で。

加えて、自分の業務のやり方を変えて効率化したり、エクセルなどで業務管理フローをやりやすくしたり。。。
などの行為は、(組織の中の、仕事、という尺度で考えたときに)「改善」というのはおこがましいと思っています。これは単なる「(普通の)仕事」。これができず、今までのことと同じことを繰り返しているのであれば、アルバイトで十分なわけで。


改革とか、革新的なこと、というのは、これまでのZ会では考えもつかない、けれどそこに活路を見出し、成功させることでしょう。あるいは、考えつく領域だけれども、成功の尺度(売上げとか利益貢献とか)がとても大きいものとか。


改善行為をルーチンワークとし、改革を成し遂げられること。それが目下の僕の成長目標です。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年03月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ