Z会ブログトップへ

2014.08.18 23:50

先日、「【無料講習会!】広告・マーケティングに関心の高い大学生・大学院生へ」の記事で紹介した、Z会のインターンシップ。
「よければ紹介して~」と、大学生との接点も多い、知人の増沢隆太さんや石渡嶺司さんにお伝えしてあったら、ありがたいことに2人とも記事にしてくださいました。

Z会からのお知らせ「広告・マーケティング業界志望の大学生・大学院生へ」(←増沢さんのブログ)
「友人割引を差し引いて、マーケティングをお仕事として、ン十年やってきた立場からすればこれは・・・・・・おススメですね。」

Z会のインターンシップは赤字添削で泣ける?(←石渡さんのブログ)
「この添削は大きいですね。自分の書いた企画書が現役社員、つまりマーケティングのプロによって、フィードバックが受けられるわけですから。」

理系のためのキャリアデザイン 戦略的就活術』著者の増沢さん。
就活のコノヤロー ネット就活の限界。その先は?』著者の石渡さん。
2人とも、「就活」というキーワードでは、かなり名の知れた方。
そんな2人にご紹介戴けてとっても嬉しいです。


僕は「よければ紹介して~」とはいいますし、「ほら!僕の頼みだから紹介しますよね?」と冗談めいて(笑)言うことだってありますが、強制はしません。
だって、強制して紹介してもらう文章って、つまらないですもん。
本人が「いいじゃん、これ!」と思わない限り、僕の頼みを無視して頂いた方がいいですし、僕が逆の立場でもそうしますし。

そんな僕の頼み方のコンテクストをしっかりわかって、そして「いいじゃん、これ!」と思ってくれたから紹介してくれた、だから文章がとても「伝わる」ものになっていますし、僕の立場からするとそれが大変ありがたいことでもあります。


「紹介したい」という気持ちが、紹介する行為の、いつだって前提、ですよね。
ソーシャルブックマーク:

2014.08.13 15:14

…結果的にタイトルは釣りっぽくなってしまいましたが、結果論です結果論(苦笑)。

どーしても、(とくに)広告・マーケティング業界志望の大学生・大学院生に見てほしかった、そして実践してみてほしかった。
そんな気持ちが強すぎて(意外と、商社、金融志望なんかの人にもアリかも…)。

しかも、「広告・マーケティングに関心の高い大学生・大学院生」が「なんかいいものないかな~」という興味関心ではなかなかたどりつかず、かつ、“今の自分の興味関心のレベル・領域では、そのレベル・領域での気づきを超える企画の情報に気づかない(つまり、「ほんとうにいいもの」に気づきにくい)”という現実がある中、どうやったらそういう企画をお伝えできるか、との苦心の結果のタイトルです。
「無料講習会!」などとすれば、気づくかな、と。。。

言い訳っぽいことが続きましたが(笑)、さておき、実際、何があるか、って、これです。
9月3日(水)、5日(金)、9日(火)、10日(水)、14日(日)、1日がかりの企画。

【企画書添削付!1DAY】マーケティング基礎と企画の立て方
↑マイナビ2016にリンクします。

Z会の企画なんです!

「えーなんだ、Z会じゃあ、広告とは…」
「電通とかサイバーエージェントとかじゃないんだ…」

ちょいまちちょいまち、そういう発想でたどりつく企画では気づかない気づきを与えたいから、タイトル苦労したのに(笑)
確かに、電通さんとかサイバーエージェントさんとか、その道のプロの方がやる、広告・マーケティング一般論の講習会、というわけではなく、あくまで“Z会の商品に沿った”1DAYインターンシップですから、MBAのような体系的な学びの機会とは異質です。
とはいえ、自社のことながら、オススメの理由を3点、申し上げさせてください。


1.事業者(クライアント)側からのフィードバックがもらえる!

広告やマーケティングに興味があるなら、当然そういう業界の方々から話を聞くことって大事ですが、「それだけ」ではまず感性は磨かれません。
これは7年間、宣伝担当を経験した身として断言します。
「こんな広告・マーケティングをやってみたい」という安易な考えだけから出てきた提案が、いかにクライアントの気持ちを汲まず、チープなものになりがちか。。。

広告やマーケティング業界の方にクライアントが期待するのは、「クライアントの“気持ち・考え方”に100%応えてくれ、かつ、素敵な成果物」なんです。
「これ、いいでしょ!」だけではクライアントは心打たれません。
もちろん、突き抜けたスキルをもった方の提案は、それで心打たれる場合もありますが、そのスキルを身につける過程において、そういう方は必ず、クライアント側の気持ち・考え方を把握しようという努力を続けた経験をお持ちなんです。

大学生・大学院生の皆さんにとって身近な「教育」というフィールドで、事業者側の気持ち・考えを受ける機会は余りないと思います(社会人になったらまずほとんどありません)。
加えて今回は、Z会の強みを活かし、「あなたの企画を添削します!」


2.理系の人にはとくにオススメ!

本企画、理系、文系、と偏っている企画ではないんですが、なんで理系の方にオススメか、というと

理系的な企画書を作るための、マーケティング的考え方を聞く機会なんてほとんどないから

です。

一般消費財を売るために「広告・マーケティング」を考える状況は、どうしても文系脳よりになります。

・世の中で「ガチ理系」の方は少なく、文系的な考えが受け入れやすいから(→マスに受けるには文系的提案になりがち)
・購入などを決定する場合は「(ふわふわとした)心理」に影響される場合が多く、正解のある世界での体験を多く経験しているガチ理系脳だけでは、有効な広告・マーケティングの発想が生まれにくいから

などが理由でしょうか(個人的な感覚ですが)。
いずれにせよ、理系×マーケティング、って、機会として余りないんです。
でも、理系×マーケティング、という人間の僕自身(笑)、マーケティングがいかに理系的考え方に幅をつくってくれるか、経験的にわかっています。

Z会の書籍には数学も理科もありますから、「そっち系」の人が考える「企画・マーケティング」の発想や、望んでいる企画、などの話がまるっと聞けます。これ、ないですよ、ほんと、なかなか。。。
■このブログをご覧頂いた方のみこっそり情報…■
ガチ理系の担当者が登場するのは、(9月)9日、10日、14日です!


3.Z会のマーケティングって評価されているの、知ってた?

アピールにもなりますのでさらっといきますが(笑)最先端のデジタルマーケティングを賞する「コードアワード2014」にて、Z会はディズニーと並んで、グッドブランディング企画として表彰されているんです!

ディズニーさんの企画
Z会の企画

※↑クリック!さらにおまけ↓企画の今年度バージョン(笑)
超難問コロシアム2014


大学生、大学院生の皆さんだから、「教えてあげよう!」のような気持ちが働き、無料で大学生・大学院生にすごくメリットがある、こんな企画ができるんですが、社会人になるとほんと、機会ないですよ。
宣伝会議さんなんかがこんな企画をすると、受講料1万円越えるんじゃないでしょうか、いやマジで(笑)。
注)宣伝会議さんは、広告やマーケティングを「プロ」的に教えてくれますので、宣伝会議さん主催の1DAYセミナーは、実際には2万円を越えるものが多いです。


もう1度リンクしておきます↓機会を逃さないでください!
【企画書添削付!1DAY】マーケティング基礎と企画の立て方
ソーシャルブックマーク:

2013.08.09 10:06

大学生の皆さんに、教育書籍の企画から、どうやって書籍に仕上げていくか、などを経験するチャンスが!
 
マーケティングの考え方から売れる書籍を企画しよう!
(マイナビ2015サイトへリンクしてます)
 
1日もののインターンシップ企画ですが、Z会が(1日でも)インターンシップを企画することは余りないと思うので(これまでの自分の社歴から振り返ると)、
 
・マーケティングの勉強
・企画の勉強
 
をしながら、いかに教育書籍企画が難しいか、経験するいい機会になると思います。

9月5日(木)大阪、9日(月)と16日(月)は東京です。

 
 
 
「教育書籍企画が難しい」と書きました。
“「こんな本欲しい!」と思っているけど世の中にない…ほんとに出版社の人たち、考えているのかなあ”
 
 
と思っている学生さん、きっと多いと思うんですよ。
実際、僕が大学生だったら、そう思っていると思いますし。
 
 
でも、企業で企画に携わると、いかに「こんな本欲しい!」が多くの人に支持されないか、わかります(苦笑)。
自分の発想が独善的であることに気づかされますし、ある程度多くの人の同意を得る発想であっても、実際にはそこまで売れない、ということ、何度も経験します。
無料だったらあるに越したことはないんですが(苦笑)、有料となると、お客様にお金を払っていただける満足まで仕上げることはかなりタフなんです。
 
きっと、そういうことも、疑似体験できるのではないでしょうか。
是非、Z会の本のサイトをご覧戴き、「私ならこうつくる!」「こんな本を作りたい!」という大学生の皆さん、参加しましょう!
 
 
僕がZ会を志望する大学生だったら、間違いなく参加しています。
僕が就活したころは、こんな企画体験、外資系企業(ゴールドマンサックスとか)しかやってなかったですので…。
超余談ですが、外資系企業は、こういう体験を「インターンシップ」とは余り言わないので(多分)、これで「働くということが(かなりの割合で)わかった!」とは思いすぎないほうが良いかと。

#日本の大学生には「1dayインターンシップ」という言い方が定着しているので、こういう表現せざるを得ないんですけどね。

 
 

 
 
「仕事の一端を知るとっても良い機会で、社会人になるといろんな業種に触れる機会がなくなるから、知った以上は参加しよう!」という感覚&積極性で、マーケティングの考え方から売れる書籍を企画しよう!に参加して欲しいですね。
 
 
エントリー締め切りは8/27(火)です。
 
 
イラスト
ソーシャルブックマーク:

2011.07.28 23:00

なかなかブログを書く時間がとれず、ごめんなさい。

そんな中、僕自身が会社の立ち上げに関わった(株)レイズアイよりお知らせが届きましたので、今日のブログのかわりにお知らせ!
このブログを読んでいる、意識の高い大学生の皆さん、
無料で参加できるものがたくさん!
是非ご自身が参加したり、周りの方に知らせたりしてみてください!

===

今回は、Z会×栄光×リンクアンドモチベーションで共同で設立した、
レイズアイ( http://www.raise-i.co.jp/ ) で募集している
就活スタートプログラムのご紹介、同じくWEBビジネスカレッジ(無料)の
ご案内になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[1]賢い就活、始めませんか?夏の就活スタートプログラム開催!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そろそろ周囲も就活を始めてきた頃。

『とりあえずインターンにはエントリーしてみたけど、
 どうやって企業を選ぼうか、いまいちわからない』

そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?

時間がある今のうちに、自分を知り、企業を知り、
企業を選ぶ基準を創っておけば
無駄な情報には踊らされず、
一番大事なことに時間を使える「賢い就活」ができるはず。

今回は、採用コンサルとして採用活動の裏側を知り尽くしたプロ
リンクアンドモチベーションの元コンサルタントが特別に講義を開催します。

なるべくここでしか話せない内容をしてもらいたいと思っていますので、
この機会に参加してみては??

8月1日から毎日開催していますので、
時間の合う時に自由にお越しください!


★自分が企業を選ぶ眼を養うために、ビジネスの構造を理解する!
⇒「ビジネスの本質理解講座」http://www.raise-i.co.jp/info/shukatsu_start
 ビジネスはどういう仕組みで成り立っているのか?
 どのようなフレームでビジネスを捉えればいいのか?

★自分が本当に就きたい企業から、選ばれるポイントを知る!
⇒「選ばれる人材講座」http://www.raise-i.co.jp/info/shukatsu_start
 夏のインターンシップ選考では企業は何を見ていたのか?
 今後、選ばれる人材と選ばれない人材は何が違うのか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■[2]参加者から高評価・99%が満足した『WEBビジネスカレッジ』OPEN!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年の参加者の99%が役に立ったといっている『WEBビジネスカレッジ』。
業界を代表する企業のビジネスを体験でき、「自分のやりたい仕事」や
「自分に向いている仕事が見えてくる」大学生の必須プログラムです。

参加者からは…………………………………………………………………………
「就活の業界研究に役立った」「具体的な仕事内容を体験できよかった」
「仕事に対しての具体的なビジョンを作るきっかけになった」
「就職活動前に自分を見つめる機会になってよかった」
「企業側から見た自分という視点で見ることができ、自分の弱みに気づけた」
………………………………………………というコメントをいただいています。

☆「どんなプロセスで仕事が進むのか?」「働くとはどういうことか?」など
 仕事に対する理解が深まる貴重な体験ができる!!

☆企業からの評価・フィードバックがあり、自分の強み・弱みが明確になり、
 今後の自分の課題、社会から求められる力が明確になる!!

●『WEBビジネスカレッジ』協力企業●……………………………………………
アドヴィックス・NTTドコモ・キヤノンマーケティングジャパン・第一生命保
険・中外製薬・東レ・凸版印刷・日本通運・みずほフィナンシャルグループ・
三井住友海上火災保険・三菱UFJ信託銀行・リンクアンドモチベーションなど
……………………………………………………………………………………………

また、8月からは集合型の『REALビジネスカレッジ』の募集も開始!
同じ場所に集まり、実際に顔を合わせて行う短期集中型の仕事体験で、
体感型のグループワークを行いながら、業界や仕事への理解を深めます。

▼参加申込急増中!急げ!『WEBビジネスカレッジ』(無料)参加申込はこちら▼
http://www.raise-i.co.jp/service/business-college
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ