Z会ブログトップへ

2013.01.06 23:59

[PR]センター試験の最終対策に、模試と思って自宅でチャレンジ!
「直前予想演習シリーズ センター試験即応講座」
http://www.zkai.co.jp/home/final/


イノベーションが必要な時代だ!などと、世の中では言われていますね。

マーケティングの世界では、ロジャースのイノベーター理論が古くからあります。
http://www.jmrlsi.co.jp/mdb/yougo/my02/my0219.html
この分け方、今でもさほど変わらないんじゃないですかね。キャズムが出現した以外は。
※キャズム
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/chasm.html


実は世の中には、アーリーアダプターなだけでイノベーターと思われている人が沢山います。
この二者の違い。

イノベーターは壊せる、捨てれる。
アーリーアダプターは壊せない、捨てれない。


ただ、アーリーアダプター自身はイノベーターへの理解はあります。
自分の存在が、イノベーターによって守られていることを肌で感じていますから。


イノベーターに真っ向から対立するのは、ラガード(遅滞者、伝統主義者)です。
しかもその時点での常識に忠実だから、世に受け入れやすい論で。
ロジャースの論に基づくと、イノベーター1人に対しラガードは6、7名の割合でいるので、ラガードは「世間」(マジョリティ)を取り込み、イノベーターを潰そうとします。

ロジャースの提示した割合では、イノベーターとアーリーアダプターあわせてようやくラガードに追いつきます。
つまり、イノベーションが必要なこの時代、アーリーアダプターという自覚症状がある人は、全力でイノベーターを支援する声を発していかなければ、ラガードが作る波に負けちゃうんです。


だから、アーリーアダプターは、「イノベーターを応援しよう!」と言う声をどんどんあげ、アーリーマジョリティを自分たちの方に引き込む必要がありますね。
声をあげない限り、気づかれませんから。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年10月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ