Z会ブログトップへ

2011.08.02 23:30

「さあ!みんなでアイディアを考えよう!」
「考えたアイディアをみんなでもちよろう!」


こんなシチュエーション、学生の皆さんも社会人の方も、「チームで動くとき」にはあると思います。


そこで出てくる「アイディア」。

A:こういうことがないとアイディアを考えない人

のアイディアは

B:普段から「なんかないかなー」と考えている人

から見ると、「アイディア」ではなく「常に考えていること」の領域を出ない場合が、残念ながら多いです。


それくらい普段から、マーケティング脳、アイディア脳が働いている人といない人…
ビジネスマンで言うならば、「自分で飯を食っていく」気骨のある人とない人の違いは露骨に出ます。
#「自分で飯を食っていく」気骨があれば、自ずとマーケティング脳になりますので。


Aの人は、どんどんBの人に近づくために、姿勢自体を改善していくことは必要ですが、「その場で出すアイディア」でBの人に勝つには…

アイディアを具体化(抽象論ではなく、5W1Hができるだけ分かる形)

することに尽きると思います。
#Bの人は、具体化に弱い場合も往々にしてあります。


Aの人が「せっかくアイディアを考えたのに…(みんなで検討してくれない)」という愚痴になる場合。
残念ながら「みんなで検討してくれない」ほど、「アイディア」になってないんですよね。

本当にやってみたいアイディアであれば、周りを巻き込む努力をすることが大切ですね。
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2017年05月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ