Z会ブログトップへ

2015.10.20 22:05

この10日間くらい、Z会の教室事業では、アクティブラーニングの取り組みを行いました。

【Z会東大進学教室】<首都圏の中高一貫校に通う高1生対象>アクティブ・ラーニング型の新しい授業が体験できる!高1英語・数学講座を10月11日より無料開講!
↑クリック!次回は10/25(日)です!

【Z会東大個別指導教室プレアデス】「アクティブラーニング」を東大生講師と体験!10月17日(土)にイベント開催!【無料・要申込】
↑クリック!今後も定期的に開催予定です。


文部科学省は「学力の三要素」として、
1.知識・技能
2.思考力・判断力・表現力
3.主体性・多様性・協働性
の3つを定義しています。そして、1は独学でもそれなりに身につくもの、2は集団授業でもそれなりに身につくものですが、21世紀型の能力ともされる「主体性・多様性・協働性」は、これまでの学習形態ではなかなか身につくものではありません。とくに高校教育以降において。。。

そこで注目されているのが「アクティブラーニング」なんです。
アクティブラーニングとは、平成24年8月28日の文部科学省答申「新たな未来を築くための大学教育の質的転換に向けて~生涯学び続け、主体的に考える力を育成する大学へ~」用語集にて、次のように定義されました。
───────────────────
教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。
───────────────────
冒頭に上げた講座・イベントでは、この形式にチャレンジしています。


世間も注目しているんですね。
グーグルトレンドで「アクティブラーニング」の注目度を追うと…

2004年以降の「アクティブラーニング」

キーワード「ゆとり教育」との比較(2015年に検索回数が逆転)

直近12ヶ月のトレンド(年初比約3~4倍の検索ですね)

「アクティブラーニング」、Z会エデュース(=Z会の教室部門の新会社名)でも追求していきます!
Tags :
東大
Z会
文部科学省
アクティブラーニング
プレアデス
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2015年10月   >>
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ