Z会ブログトップへ

2014.10.31 23:50

「人脈を広げるといい」

とは、誰しも理解できることだと思います。

しかし、「人」が「脈」になっているか、その「質」の部分を見ないと、意味がありません。


僕は人一倍、人とのつながりが多いと思います。
なんでそこまでつながりができたか、といいますと、

・人と出会う機会があって
・その人に報いたいな、と思って
・僕にできないことは、僕の知人を紹介し
・紹介した知人が期待に応え、二人のご縁ができ
・その双方から感謝され
・双方からいろんな方を紹介され
・紹介された方に報いたいな、と思って…(以下続)

という感じ。

僕が報いているんではなく、僕の知人が報いてくれているんですよね。
それでも人は脈になっていく実感があります。


ただ、その脈は、広範に流れるものの、細いのです。


一方、自らに軸を持ち、その軸が周りから評価され、人が集ってきて、人が脈になる方がいらっしゃいます。
この脈は、広がりのスピードにおいては速くないものの、形成された脈は太くて強固。


少し前までの僕は、人の脈を広げることの方が多かったと思っていますが、10月から仕事の内容が変わり、おかれている立場も変わり、その中で僕ができること、と思うと、広げるよりも脈を太くする方にシフトしようと考えています。
そのためには、自分の軸をしっかりもたなきゃいけませんね。

僕の軸って何だろう。
今までも考えていないわけじゃないんですが、より考えるようになっています。


いずれにせよ、人とつながっているだけではなく、脈となって動いているかどうか、ということが、人とのつながりを構築していくときに、忘れてはいけない視点ですね。

Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.10.30 13:36

月刊『教職研修
↑教育開発研究所のサイトへリンクしています。

公教育の動向を見るのに必須の書籍。
2014年11月号が昨日届き読み進めています。

巻頭に「中国古典に学ぶ~前向きになるためのヒント」(山田史生)というコーナーがあるのですが、今回のタイトルをそのまま、このブログのタイトルにしています。
言葉の根拠は、「君子は豹変す。小人は面を革む(あらたむ)」

誤らない人なんていません。君子だって誤ります。
しかし、君子は、自分の誤りに気がつけば、ただちに改めるんです。
一方、ろくでもない!?人は、上っ面だけ変えて、変わったように見せかけます。

日本語で「君子豹変す」と使われるときに、「節操なく態度を変える」ことと同意に使われるときもある気がしますが、これ、「小人は面を革む」の方をさしますね。


両者を見分ける境目の1つに、「当人がこの言葉を使うかどうか」というのがある気がします。
態度が変わったことを指摘されたときに「だって、君子は豹変す、というじゃない」と言い放ち開き直る人は、面を革めているだけのことが多いのではないでしょうか。

周りの人が「変わった、それがいい」と評価する行為が「君子は豹変す」ですね。


月刊『教職研修』、今月号もまだまだ楽しみに読みます!
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
教職研修
ソーシャルブックマーク:

2014.10.27 17:53

※本ブログは、教育業界のことを皆さんに届ける意味合いもありますので、競合他社さんのことですが、情報だけを取り急ぎ。。。

早稲田塾が、東進ハイスクールなどを運営する、(株)ナガセの子会社になるようです。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120141027065459.pdf
↑東証開示情報のPDFにリンクしています。


正直、驚いている部分もありますが、こと、Z会社員としては、競合他社がどのように動こうとも、お客様に最もよい教育サービスを追求する、という姿勢に変わりはありません!

1つ前のブログ志と存在意義。で書いた「志を強くしなきゃ!」という思いをますます強めることになる出来事でもありました。



[PR]Z会の教室 冬期講習情報
高1向け
高2向け
高3・受験生向け
※それぞれの対象講座を掲載したサイトへリンクしています。
Tags :
Z会
教育
早稲田塾
ナガセ
東進
ソーシャルブックマーク:

2014.10.26 23:40

株式会社ウゴカス代表の佐々木圭一さん(『伝え方が9割』著者)の授業が、千葉県の増尾西小学校の小学校3年生を対象に行われました。

「伝え方の授業」開催!
↑増尾西小学校のサイトにリンクします。

この企画、佐々木さんに初めてお会いしたときに、「学校(公教育)で授業したい!」という想いを受け、知り合いの小学校の先生に僕から声をかけて実現した企画なんですね。
当日僕は参加していませんが、自分がキッカケとなれたこと、ほんとに嬉しく思っています。


終わった後に、佐々木さんからメールを頂戴しました。一部引用します。

「伝え方は学べます。
教育を通じて伝え方をひろめる活動をいただき、
あらためて、ありがとうございました!!」


この言葉には、佐々木さんの、想い、志、たくさん込められています。
「公教育の時間割に、伝え方の授業があるだけで、日本人のコミュニケーション能力は格段に上がる!
その技術をちょっと身につけただけで沢山のメリットがあるのになあ!」

最初にお会いしたときから、このように熱く語られており、だからこそ僕も「何か佐々木さんに報いることをしたい」と思いました。


一方、今回機会を提供してくれた知人の小学校の先生からもメールを頂戴しました。

「この度は、貴重な機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。寺西さんの志を強く感じました。」

正直、この言葉をもらったとき、戸惑ったんですね。。。
え?僕の志、どこにある?できることを協力した、それだけなのに…と。
注)否定的に感じているわけではなく、率直に感じたことを文字にしたにすぎません。

なんだろう、僕自身が「志」と感じていないことを、相手は「志」と感じることって…。
そういう(相手との感覚の)ギャップから、自分をみつめなおすこと、僕は比較的よくやります。
で、歩きながら考え…、「あ、わかった」と。
僕はきっと、「志」と「存在意義」を使い分けているんだ、と。


少しだけ大学時代、就職活動の話をします。
環境問題への関心が強く、環境問題解決のために貢献したいと思っていた僕。
「で、どうやって、環境問題解決に僕は貢献するんだ?」と自問自答をし…
結果、行き着いた結論が、「人間が死ぬことが一番いいんじゃね?」と。だってそれで環境問題はおきませんから。

でも、そんなの嫌だ、という気持ち。じゃあなんで、僕は生きているんだろう、という気持ち。
そんなもろもろの気持ちが同時に湧き起こってきました。
結果、「教育」という選択をするのですが、このときに「自分の存在意義」について深く考え、その後の人生でも、存在意義を強く意識しています。

自分がいることで、プラスになることを。
自分がいることで、社会にプラスになりたい。
自分がいることで、社会がプラスにならなきゃ意味がない。
そんな気持ちを自然に持ち合わせながら動いているので、「(自分がいることで初めてできた)機会」に敏感で、「機会」を逃したくない、と、心と体が反応する自分がいるんです。


今回の件に落とし込むと…

・佐々木さんは、「公教育で授業をしたい!」と思っていた。でもどうすればいいかわからない。
・自分と仲が良い先生は、「素晴らしい方の話ならいつでも聞きたい」と思っている。けれど、その人のアテ、ツテがない。

という状況があるときに、僕がいた、それだけで、両者の間を「つなぐ」ことができます。
これは僕からすると、僕がいて初めてできた「機会」を成果に変えただけで、存在意義の発揮、なんですね、僕からすると。
大げさですが、ちょっぴり「生きてるな~」って実感するのは、こういうときです。


では、「志」とはなんぞや?と考えると、「たまたま得られた機会を活かす」以上に、やりたい!と強く思うことを叶える為に、機会を発掘する、創る、そして成果にする、というレベルまで昇華したものだと思っています。
上述した、今回の佐々木さんの想い、そしてその実行が、まさに「志」の発露ですね。

「志」の発露は、やはり「働く」ということを通じてやるべきだと思います。
換言すれば、「本業」でやることだと。大人になって、一番「社会」と接点をもち、ともに高めていく活動が、「働く」ということですからね。
だから、僕でいうなら、Z会という会社を通じ、成果として発揮することが最も大切、となります。

サラリーマンだと、なぜか「志」が発揮しにくいように、若い皆さんは思われるかもしれません。
確かに、自分ひとりで動く方が、「志」の実現への道がわかりやすいでしょう。
でも、ひとりでやれることは限界があります。
「民間の教育機関から、世の中の教育をよい方向に変えるんだ!」と思っても、ひとりじゃ達成までは相当困難。しかし、Z会でやるのであれば、困難なことには変わりはないですが、ひとりよりもずっと、世の中への影響力は大きい。それが(Z会に限らず)組織で働く楽しさ、面白さでもあります。

もちろん、ひとりで大きな「志」を持ち、達成に向けて奮闘するのも素晴らしいことは、佐々木さんの想いと言動を見ればよくわかります。
大切なのは、志を持ちながら、あるいは意識しながら働く、ということに尽きますね。


小さなうちから夢をもて、志高く、と言われること、皆さんもあるでしょう。
そしてそれができるなら、それに越したことはありません。
しかし、実際に「働く」ということがイメージできないまま、夢、志、といわれてもピンとこないか、あるいは、イメージしやすい職業に、夢や志が偏りがちです。

そんなときには「存在意義」という考え方をしてみるのも一つのテだと思います。
自分にできることはなんだろう、と。
自分の強みはなんなんだろう、と。
その部分で自分を活かせたら、十分「存在意義」を発揮できているじゃないか、と。
感性にもよりますが、そう考えた方が気持ちが落ち着く人もいらっしゃる気がします。
そして、存在意義に関わる(社会からの)要求をクリアーしていくことで、どんどん自分に価値が身につくことだってありますよ。「仕事」に就いていないうちは、それができるチャンスが沢山あります。

存在意義に基づくことは無意識に発揮しながら、志を強めていきたい。
まだまだ志が弱い、と自分では感じている僕は、そう思います。
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
教育
佐々木圭一
伝え方が9割
ソーシャルブックマーク:

2014.10.24 13:11

東大理学部が「高校生のための冬休み講座」開催
↑サイト「リセマム」へリンクしています。

高校生向けの講座、東大は以前からかなり積極的なんです。とくに理系。
理系的な「知」をはぐくみたい、早いうちに、理系的な「知」に対する構えを作っておきたい、そんな気持ちの表れなんじゃないでしょうかね。
「東大を目指してほしい」とか「東大を目指すような、現時点で知識が豊富な人に、さらに高みを」とかいう以前に、

いろいろな知恵・知見を身につけて、問題解決できるような人間を育成したい、しなければ、という志

のようなものを感じるんですよね。強く。


このような講座が開かれると、きっと高校生の皆さんは「高校生にとってもわかりやすい授業にしてくれるに違いない」と思うでしょう。
そしてきっと、教授も、「なるべく、高校生にとって、わかりやすいように」を意識するとも思います。

一方、受け手にとって「わかりやすい」という瞬間は、知において薄っぺらいものしか得ていないケースが多々あります。
難しいことというのは本質的にわかりにくいものであって、そのわかりにくいことをわかりやすく説明する努力は(教え手に)必要なものの、本質的なわかりにくさがわかりやすくなることはありません。
このあたりを勘違いして、「難しいことをわかりやすく手早く得たい」と思っている、“理解しよう”という姿勢が欠ける受身の高校生も沢山いらっしゃいます。
…というか、学校の授業に慣れた高校生なら、ほとんどそうじゃないでしょうかね。
僕だって高校生の頃はわかっていませんでしたから。「わかりにくいことをわかりやすく教えてもらえて当然だ」みたいに思っていた、とでもいいますか。

東大ですからね、そこまで「知」において、浅薄なものを提供するところまで歩み寄らない(=聞き手に「あーわかった」という気にさせるため、を最大限意識するが余り、薄い内容しか教えない)とは思います。だからきっと、実際の授業では

・東大の教授は、「わかりやすそうな内容を、わかりやすく」教えているつもりだけれど、実際はそこまで簡単な内容ではない。
・高校生は「ちょっとわかりにくいな、難しいな…」と感じるけど、実は(学問的に見ると)そこまで難しいことではない。

という空間が生まれると思います。多分。

でも、それがいいんです。その経験そのものを繰り返すことで、「わかりにくいことに向かっていく姿勢」が身につき、それが「わかりにくいことを理解する」能力の伸長につながるのですから。

…というわけで、是非、高校生の皆さん、行ってみてはいかが?無料の講義なんて、ほんと、お得ですよ!


[PR]Z会の教室も、冬期講習やります!もちろん!!
高1向け
高2向け
高3・受験生向け
※それぞれの対象講座を掲載したサイトへリンクしています。

冬期特別東大対策として、高1生には…
高1向け「極」シリーズ
なんてのもありますよ!!
Tags :
Z会スタッフの日常
冬期講習
東大
Z会
対策
ソーシャルブックマーク:

2014.10.23 11:42

東ロボくん:東大合格は?猛勉強で私大A判定も
↑毎日新聞のサイトにリンクしています。


すごい時代だ…としかいいようがないですね。


そして、いつも思うんですけど、こういうのを開発するのは、まぎれもなく「人間」であるわけで。

自分が住んでいるマンション。
走っている電車。
そして今、目の前にある、コーヒー飲料、水筒、便せん…
全部人間が作っています。

ほんとに小さなことかもしれませんが、「これ、どうやって作るんだろう?」と思うものがあるたびに、人間ってすごいなあ、こういうのを作れること自体が、と思います。


僕も、僕にしかできないこと、やらないと。
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
Z会
ソーシャルブックマーク:

2014.10.22 23:53

10月から東京勤務となり、
・通勤に今までよりずっと時間がかかる
・夜遅い時間に帰ることになる
などの変化がありました。

学生時代に不摂生をしていたおかげか(苦笑)環境の変化や、不規則な生活への耐性はあるようですが、何分、物理的に
・時間がとれない
・そもそもその時間が空いていない
ということが増えてきています。
※今の仕事そのものは、それまで以上に(辛いながらも)楽しんでやっているので、読者の方ご心配なく。


どうしても捨てなければいけない、人との逢瀬、人との出会いが増えてきています。会う頻度も1人あたまで減っています。
とくに、三島市の地域の方との交流が。2年前から少しずつ深くなっていただけに、ちょっぴり悲しいところも。
でも、それはそれで仕方がないですよね。。


こんなときふっと思い返します。これまでどれくらい、捨ててきた人間関係があるだろうか、と。

中学時代、高校時代の同級生。大学時代にバカした仲間。
社会人になりたての頃につるんでいた社内の同期。
セミナーに頻繁に顔を出すようになってつながってきた友人たち。
ソーシャルメディアが最初の出会い、そこからリアルで友人になった人。

濃い付き合いの時期もあった人間、たくさん、たくさんいますが、今ではほとんど連絡をしない友人たち、結構いるもんですよね。これ、みんな、そうだと思います。

でも、連絡をしないことと、連絡が途絶えたことって、違うんですよね。
今でも中学高校の友人と会うことがあります。数年ぶりに会う友人同士で吞み会開くこともあります。

濃い時間を過ごし、お互い「ずっと一緒」と思いあっていれば、かならずご縁はまたあります。
繰り返します、必ず、ご縁はあります。


今、どうしても時間をとれなくなった地域の人たちとも、また、どこかで、触れあう時間が、きっとあると思っています。

加えて、東京勤務になったからこそ、久しぶりに会える友人もまた、生まれています。
そんなもんです、ね。ほんと。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2014.10.21 23:30

ある子がいじめられた、と先生に言ってきた。
普段勝ち気な子で、いじめられるような子ではない。
周りにいろいろ聞いてみても、そのそぶりはない。

保護者は「とにかく調べて」とか「学校のせいだ」「担任のせいだ」と、とにかく文句を言う。
文句は今回に限ったことじゃない、いつも学校に文句を言うタイプだ。


そしてわかった、数ヵ月後に。
いじめられた、という子の自作自演だと。


上記の話はフィクションです。
しかし、似たような状況を、先生方から見聞きすることはあります。
自作自演の子を、そうとは知らずにかばい、他者に激しく問題解決を要求する保護者の話を。

加えて、そういう保護者~すぐガミガミ言う親~のことが嫌で、自作自演に走る子どものケースも聞いたことがあります。
自分が「良い子」と保護者から思われていることへの反逆なんですよね、多分。


正直、自作自演、という行為だけ見たら、僕が幼い頃もありました。
しかし、最近の聞くところによる例だけ見ると、悪質になってきている気がします(注:当然子ども本人は「悪質」だとは思っていません)。
加えて、「嘘だった…」と言うまでの時間が長くなっていたり、あるいは絶対に認めなかったり。


こういう子どもたちになっているのは、「教育」を人任せ、とくに「学校」任せにする、大人社会に原因があるような気がしてなりません。
「自分は悪くない」
とずっと言い続けるのは、そういう大人社会の中で学んできた態度だから、でしょう。


教育は大人一人一人が「社会」の中で責務を負います。
…というか、そういう意識を持つこと自体が大事だと思っています。
Tags :
Z会スタッフの日常
教育
ソーシャルブックマーク:

2014.10.20 23:40

本日は明らかな手抜きブログです(笑)。
※まだまだ公私ともやることがありまして。。。

【超難問コロシアム】決勝は、東大寺!洛北!筑駒!
↑人気Z会ブログ「ただいま添削中」にリンクしています。

超難問コロシアム、盛り上がってきましたぁ~
11月9日(日)、楽しみです!
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
ソーシャルブックマーク:

2014.10.19 23:35

祝・新海誠展 来館者数1万人突破!
↑大岡信ことば館のサイトへリンクします。

嬉しいですねえ、これは…。
とくに10月に入ってから来場者が伸びたようで、幻に見えた1万人の来場者が達成できるなんて!


昨日今日いらっしゃった友人もいて、Facebookにこんな投稿を。
=====
・初三島!最終日、ギリギリ間に合いました。
寺西 さんに連絡せずに来てしまった…

・三島に来たので、新海誠展に行ってきました。
ゆったりとした空気の中で堪能できました。
「言の葉の庭」は2013年に公開された映画でしたが、
公開前の2012年8月に新海さんがCWF社(配給会社)に提言された、本作のマーケティングについての見解が激アツ。
ターゲットに関しての時代背景から見る深い見解と、
広報手段についての時代にあわせた的確な意見などがとても刺激的。
寺西 さん、かなり濃い内容で大変楽しめました!ありがとうございました!
=====
他、何名かの友人…恐らく10名は越えていると思います、新海誠展に来る+僕に会う+三島を堪能する、の合わせ技で、三島にいらっしゃっていただいた人間は。
とてもとても嬉しかったです、三島をご案内できたのもまた嬉しいことで。


いらっしゃった方も、三島にいる僕も、とても幸せになる企画でした、新海誠展。
また、こういう企画、ありましたら、お届けします。

Tags :
Z会スタッフの日常
大岡信
ことば館
新海誠
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2014年10月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

月別アーカイブ