Z会ブログトップへ

2014.04.14 15:30

表敬訪問は嫌われる 会話は「等価交換」で
(↑日経産業新聞の記事にリンクしています)

このブログのタイトルにもした表現、何度も何度も「そうそうそうそうそうそうそう!!!」といいたくなりました。


「担当が変わったからご挨拶したい」

うんぬんで、アポをとろうとする姿勢って、僕は余り好きではありません。
多分、好き嫌いって、個人によって差があるとは思いますが。
いまだに「担当者が変わったのに挨拶もこないのか!」という人、世の中にはいらっしゃると聞きますし。

僕は、自分の時間が「相手の都合」だけで奪われるのが一番嫌です。
そうせざるを得ない必然性がある場合は仕方ないですが、必要がないのに「相手の都合」全開で向かってこられるのがとても嫌。
僕にも時間があるのです。1日24時間しかない。
駄)かといって「お時間頂戴してよろしいでしょうか?」と、会話のはじめにつける頻度が過剰に多い人も、ちょっとコミュニケーション不足じゃないかな…と思うところもありますが。


記事の最後の文章もまた、強く同意しました。太字にして紹介しようっと笑。


「日本国内でも多くのミーティングが、きちんとした目的やゴールの無いものになっていることが多いように感じる。無駄話は一切するなとは言わないが、ミーティングというのは、自分の時間だけでなく、他人の時間を「いただいている」という意識は大切だ。

 「会話は等価交換」。これは、何もシリコンバレーだけでなく、誰もが人に面会を依頼する際の、最低限の礼儀であると考えている。」
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2014年04月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ