Z会ブログトップへ

2013.11.03 23:20


しばらくの間遠出していたので、1つ前のブログに続き、まとめて書いています。

日本シリーズ、巨人対楽天、今回は本当に、本当に、面白かったです。

6戦目、7戦目は全部、他の試合も結構なイニングに渡って、TVに釘付け。
結果はご存じの通り楽天の勝利で終了。
 
1999年、現楽天監督の星野さんが中日ドラゴンズの監督だった頃、仕事をそっちのけで!?年間33試合も野球観戦に興じた、普通じゃない「熱狂的」な部類のファンだった頃もある僕の純粋な感想として…
 
6戦目、巨人には「負けたくない」もっと言うと「田中投手に負けたくない」という強烈なオーラを感じました。それが勝敗にも影響したのだろう、と。
7戦目、楽天には「勝ちたい」という強烈なオーラを感じました。それが勝敗にも影響したのだろう、と。
 
どちらも、本気の、プロ集団の戦いでしたね。
6戦、7戦に限って言えば、その根本が「負けたくない」と「勝ちたい」、その差で最後僅かに、楽天が上回ったんだと感じました。


言葉遊びかもしれませんが、「自分が下回らなければいい」という気持ちと、「自分が上にならなければ」という気持ち、それが「負けたくない」と「勝ちたい」という、僅かな差なのかもしれません。

楽天も立派でしたが、巨人も立派。

判官びいきの僕で、アンチ巨人を自認していますが、そんな僕でも、今回は巨人、負けてあっぱれ、そんな戦いぶりでした。
日本国民の多くを敵!?にまわして、堂々とした戦いっぷりでしたもん。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2013年11月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ