Z会ブログトップへ

2013.02.26 23:20

「今日、幼稚園で何があった?」という質問が息子に嫌がられていた理由

なるほどなーと思いました。
子どもに漠然とした質問をすると、いっぱい聞かれているような気になっちゃうんですよね。。。


Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2013.02.25 23:30

面白いニュース記事がw

既婚者に聞いた!結婚してみたらどうでもよかった結婚相手の「条件」ランキング

僕にあてはめると…

顔:よくない
背:低い
家柄:理髪店
若く見える:オッサン顔と言われます
スタイル:何それ?
声がかっこいい:ウザイとよく言われます
若い:結婚は32歳
友達:多い
大手企業に勤めている:Z会は規模的に中小企業です
まめに連絡をくれる:(彼女には)しない

なんと8位の「友達が多い」しかあてはまっていない!!!
ということで、結婚前と後とでイメージギャップがないため、おかげさまで円満です(笑


Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2013.02.24 23:37

[PR]新小学1年生に今だけ資料請求特典つき!


「社会の成員としての役割を果たしながら、幸せに生きていく」

ことが大切、って肌感覚、若いうち(遅くとも20代)に身につけておかないと、後からなかなか涵養されない気がしてきました。

このバランス感覚がなければ、社会の一員であることを過剰に意識するが余り、幸せをつかみ取ろうと自ら動けないか、自分勝手な自分だけの幸せを求め社会にババかけ続けるか、どっちかになりがち。。。


これまでは「与えられた社会」に「居る」だけで相当程度の幸せって感じとれたとは思います。
これからは社会を創る(ある程度明確にコミットする)当事者の割合が確実に増えます。
社会の成長を汗水たらして「創る」ことをしないと今と同程度の幸せを受けることができませんので。


「社会の成員としての役割を果たしながら、幸せに生きていく」って価値観、どう植え付ければいいんでしょうね。

大人の多くがかっこよければ無問題なんですけど、そうじゃない場合、どんな仕組みが必要なんでしょうね…。


今のところ、僕の案としては、大人の多くがかっこよくなることが近道としか言えません。。。
そして少なくとも、自分がかっこいい大人であり続けなきゃいけない、と思うだけです。
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
子ども
Z会
ソーシャルブックマーク:

2013.02.23 23:26

3日間ほどブログを書いてなくてすいません。

…とタイトル書いた瞬間に、娘が泣いてすりよってくる…
すいません、まだ僕がいないと寝れないんです。。。
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2013.02.22 23:50

「完璧な人なんていない。」と思い、相手のできないところをフォローするのが、優しさ。

そんな優しさがつながりあう社会は素敵です。

できないところの揚げ足ばかりとる社会より、ずっと。
Tags :
Z会スタッフの日常
教育
子ども
ソーシャルブックマーク:

2013.02.19 13:14

[PR]Z会だからこその分析!2013年大学入試も、分析資料をお届けします!
http://www.zkai.co.jp/high/event/stra/bunseki/

===

Z会 東大対策ブログにいつの間にか、我が!?理科課の部下勢ぞろいの写真と、東大入試直前の理科対策についての記事が掲載されていました。

東大理科対策 最後の1週間でできること

課長の僕がいないうちに…写真に写ってほしくなかったらしい(笑)
#体調が優れずお休みしている時に撮られた写真、というのが実際のトコロです。


部下が勝手に声かけて集まって。
勝手に受験生へエールを送る。
一人一人じゃなく、「みんな」で。

素晴らしいチームだなぁ、と思いました。


先日、親交のある『ザッポスの奇跡』著者、石塚しのぶさんが、こんな記事を書かれていました。

「会社は終わった」論にひとこと、もの申す

とっても共感を覚えていたときに、今回の部下の動き。
一人じゃできないメッセージを、受験生に届けてくれたと思っています。

組織っていいなあ、チームっていいなあ、そう感じた瞬間でした。


受験は家族のチームワークが大切と言われています。
合格者、とくに東大合格者から出てくる一番の声が「家族に感謝」。
気づかないところで気遣える、家族のチームワークが、受験を成功に導きます。


あと6日で国公立大学前期試験、最後まで頑張れ!受験生!!
Tags :
理科
Z会スタッフの日常
合格
東大
Z会
ソーシャルブックマーク:

2013.02.18 19:05

[PR]新学年での小学学習ツールとしてZ会をどうぞ!

===

小中高大すべてのステージで教鞭をとったことのある異色の方

大西正泰さん

が佐賀県武雄市と湯布院を訪れ、その感想をFacebookに綴っていました。



武雄市2日目。朝から市内を巡って、新たな図書館、学校、神社、温泉街や公共施設など、ぐるっと見てきました。普通の街の、どこにでもある、良く見たことのある風情ですが、市役所は活気ある空気感で、動いている感じがしました。何より、掃除のオバちゃんの挨拶がいいー。何気に良いです。Facebook課も皆さん一生懸命仕事してましたが、隣がイノシシ課。これぞ、武雄市でしょうー




湯布院が教えてくれたこと
ここへ行ったらイイよと勧めて頂いた旅館の料理店に行ったら満席で断られた。が、その受け答えがイラットキタ。
湯布院は成功している、女の子もいっぱいだ。けど、全てが予定調和で、驚きも感動もない。ただ、丁寧に。ただ、お決まり通りに。どこかの雑誌の写真で見たようなデジャブの連続。サービスの大量生産によるものなんだな。
けど、武雄のホテルからはもてなそうとする、頑張ろうとする気持ちが見えた。
湯布院に比べたら全然人が来ていないけど、どちらにまた行きたいかと言えば、自ずと答えは出ている。
成功は人を怠惰にし、予定調和で終わろうとする。
危機感は人を感動させる。
それほど人は成功体験に溺れやすいということだ。気をつけよう。そして、予定調和のループにハマるな。オバハンノ冷たい仕打ちでよーーくマナベタ笑




成功は人を怠惰にし、予定調和で終わろうとする。
危機感は人を感動させる。



胸にズキンと響きました。


Z会は、難関大学への合格者輩出として、これまで一定の成功を収めた企業です。
だからこそ、その成功に溺れやすい。企業の中の人間として、これはよくわかります。
これまでの勉強法に拘泥したり、新しいことをやるときに「捨てる」ことを恐れたり。。。
それは最終的に、お客様に見捨てられることを先延ばしするだけの、「予定調和」の動きなんですよね。

もちろん、僕を初めとして、(企業として)そうなっちゃいけない、と思っている人間はたくさんいます。
これまでの成功に溺れず、お客様に感動される教育サービスを…

大西さんの言葉を深くかみしめなきゃ。
Tags :
Z会スタッフの日常
小学生
武雄市
Z会
大西正泰
ソーシャルブックマーク:

2013.02.15 10:50

12日(火)、朝、起きるとき、右眼が強烈に痛い、というか、腫れた感じで…
そして2、3日過ぎるに従い、どんどん、体はだるくなーる、だるくなーる。。。

この症状、いつもの花粉症。


いつも4月に入ってからくるんですけど(遅いクチ)、今年は早い…
対策をうたないと…


ちょっと憂鬱なのです、はい。
ほんとに心も体もだるーくなっちゃうので、花粉症のとき。。。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2013.02.13 13:55

そしてバレンタインまであと1日(笑)

個別試験の直前対策、Z会ではいろいろ用意しています。

Z会の個別試験 直前対策

オススメはZ会の映像 ファイナル東大コースです!

・自宅でできる
・好きなときにできる

これが直前に効く!


本日これから出張につき、Z会の宣伝ブログで…
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
二次試験
Z会
国立大学
ソーシャルブックマーク:

2013.02.11 23:35

[PR]夢に向かって!「Z会×宇宙兄弟」キャンペーン中!!
http://www.zkai.co.jp/home/uchukyodai/

昨年の12月上旬からランニングを始めています。
まだ毎日、というペースにはなっていませんが、1週間空けてしまう、ということはないようにしています。

元々運動大大大嫌い人間です。自ら進んで動くなんて、自分でも信じられません。
止むに止まれぬ事情があって走ってます。

早い話、コレステロール値が医者の二次検査状態だったんですね(汗)
その程度でもいつもなら「そんなの知るかー(医者なんて行くかっ…)」って性格なんですが、昨年の秋にちょっとした挑戦をしようとしたとき、心臓に痛みが走り、ドクターに見てもらったら、結構ヤバいところまで来てまして…心底身の危険を感じようやく走り始めたって状態で。

そんな人間なので、走っている最中、まだ多くの方がいうように「(ランニング)楽しい!!」って状態じゃありません。


で。
昨日、朝起きて、天気がド快晴だったので、頑張ろうという気持ち半分、「あーめんどくさい…」という気持ち半分で走り始めました。
すると、すれ違った車の中から

「○×★△■!」

と大声で。
えっ、名前呼ばれた?知り合いだった?…と考えながら走り進めていると、気づきました。

あ、「ファイト!」っていってくれたんだ!って。
それがわかって、とっても気持ち良くなって、いつもより快適にランニングが続いたのは言うまでもありません。


自宅に戻ってきて、G1サミット関連のツイートをハッシュタグでおいました。
G1サミットプログラム
仲良くさせていただいている武雄市長の樋渡啓祐さん、アイスポット社長の山田メユミさん、サイボウズ社長の青野慶久さんが分科会に登場するわ、参加している知人が10名程度いるわ…というサミットで、いろいろツイートを拝見したかったんです。

すると、竹中平蔵氏がこんなツイートを。

「昨日、G1サミットの冒頭セッションに世耕官房副長官、グロービス堀義人さんと一緒に登場した。会場は熱気に満ち日本を良くしたいという意欲が強く感じられた。確かに、いま日本はチャンスを迎えている。しかし、ここで足を引っ張ろうとする志の低いグループが存在することも事実。改革は闘いだ。」

足を引っ張ろうとする志の低いグループ…残念ながら日本社会に、少なからずいると感じています。
チャンスを活かし改革を実行しようとする人の案に対し、部分的な欠点だけを声高に主張し、全体の改革を止めようとするグループが。。。

欠点の指摘そのものは構わないと思います。しかし

1.欠点の指摘をすることで、修正し、全体がよりよい方向に動けばよい、と考えての指摘
2.その欠点を直さない限り全体を進めてはいけない、とする指摘
3.全体が気に食わないため一つの欠点を持ってして意図的に全体を止めようとする指摘


で全然違います。

1は素晴らしい姿勢、2は場合によって善し悪しあり、3は基本的に好ましくない姿勢と考えます。
竹中氏の指摘したのは、3ですね。で、3の指摘を呑んでしまわざるを得ない雰囲気の社会では、竹中氏の指摘するように、チャンスに改革を起こし日本を良くしてくことができないばかりか、上記2の「悪い」指摘の方がより存在するようになり、これも改革を止める方向へリードします。

改革の必要がない社会ではそれでよかったのかもしれませんが、今の日本社会、現状保全をするだけであっても、以前では「改革」と言われていたことを実行しないと、社会の「幸せ」が持たない、そう感じています。これ、きっと、僕だけではないですよね。
で、あれば、欠点の指摘をするにしても、1および「善い」2の行為が全体を取り巻くような社会を創っていくことが大切ではないでしょうか。


2および3は、減点主義とでもいえる考え方ですね。だからよく改革派は、「減点主義より加点主義で!」なんて言葉を言いますし、僕も比較するなら、減点主義より加点主義の方がよほどいいと思います。
しかし、「減点主義より加点主義で」という考え方そのものが、減点主義を(全)否定することで加点主義を導く、考え方の構造だけ見ると上記3と同じではないか、とも思うのです。
1に傾き過ぎると改革の暴走も生みますし、善い2の指摘を(社会が)見過ごす場合もありますから、減点主義的考え方の中にも善い部分はあるわけで。
※とはいえ、今の日本社会においては、むしろ1に傾き過ぎる方がいい現状もある、と個人的には思いますが、それは別の話として…。

3の考え方を否定するなら、「反例主義は止めましょう」だと思うんです。
一つの善くない点を指摘しただけで全てダメだという、その論理展開が蔓延る社会は、善い改革が妨げられるんです。

反例を出して命題を否定する方法が正しいのは、命題が全称命題(=一つの集合を構成する全ての項について、 ある性質を肯定する命題。「人間は全ていつか死を迎える」など。)の場合のみ。
命題そのものの正誤が100%と言い切れない場合、反例をあげてもそれだけでダメと言い切ることもできません。
で、世の中の意見、代替案…その他、全称命題なんてほとんどないですよね。ということは、「反例あげてもダメっ!」と言い切れるわけですし、言い切る社会の方が改革は進むと思うのです。

反例主義の部分、もっと、支援主義になってはどうかと思うのです。
上記「欠点の指摘」3パターンのうち、1および「善い」2は、なんとか善い代替案を出し未来を創っていこう、そんな「支援主義」に基づく考え方ともいえます。

欠点の指摘に限った話でもなく、僕がランニング中「ファイト!」と言われて嬉しくなって「今後も継続しよう!」と思ったように…
支援するオーラを社会全体に振りまいた方が、いろんなことが始まるし、継続するし、それらがきっと、未来を創ることにつながると思いませんか。

公務員にダメ出ししてきた。教師にダメ出ししてきた。。。そんな日本社会。
「で、どうするの?これから。」

行政を担う、教育を担う、そんな人たちにダメ出しするより、支援した方がいいと思いませんか?
たとえば、の話。
「ファイト!」と言われ、元気づく、ランニングが続く、そんなもんですから。


支援主義を世の中の風として吹かせるために…
僕のランニングにはまだ余裕がないですが(苦笑)、継続することできっと、「ファイト!」と言われたら「ありがとう!」とすぐ言える、そんな体力、身につけますから、僕も(笑)
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
宇宙兄弟
反例主義
支援主義
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2013年02月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

月別アーカイブ