Z会ブログトップへ

2012.07.31 11:42

Facebook上で、いろいろなアドバイスを頂いている、佐賀県の小学校の先生がいらっしゃいます。
その方向けにこんなメッセージを書きました。

=====
Webの世界では著名な、河野武さんって方がいます。
http://smashmedia.jp/
彼の座右の銘が、「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」です。この言葉、読めば読むほど好きになっていく言葉で、人間ってこれができれば十分過ぎるほど十分じゃないかな、と思っているんです。
自分のため、自分の好きな人のために全力を。これって、その人から見て「関係性」や「(好き、という)感情」が強い人を大事にするって言葉なのかな、と。そして決して、それまで関係のある人のみを大事にする、という、いわゆる「内輪受け」を意味する言葉でもありません。

いくら自分が、自分の思う、素晴らしいことをやっていて、そして、相手にコミットしてほしくても、相手を「その気」にさせないといけないですよね。
そして、「その気」にさせるのは、相手のことを見ていますよ、慮っていますよ、という態度だと思うんですよね。
=====

このメッセージに、ありがたいことに、先生が共感を覚えてくださったようで、彼の投稿欄で紹介されていました。
ただ、このメッセージに至るまで、彼といろいろやり取りした複線もあり、経緯を知らないと唐突感のあるメッセージかもしれません。

そこで、ついで、というのもなんですが…
僕がこの言葉を好いている理由をブログに書きたいと思います。
加えて、失礼ながら、その先生に送るメッセージとして書かせていただきます。
注1)ブログに書くのは、そういう前提の中でも、読者の皆さんに参考になるところがありましたら…という気持ちからです。
注2)河野さん自身が解釈されている上記言葉の解釈とは異なるかもしれません。あくまで、僕の解釈です。

・・・

人は何のために、何を目標として、あるいは、なぜ生きるのか、と問われたら、答えは決まっています。
「幸せ」のため、ですよね。
僕の考え方・思想性、および行動の起点は、すべてここです。

誰の助けも不要、一人で、あるいは家族だけで、衣食住を含めた生活基盤まで全部まかなえる…
極端に言えば、服や靴も自分で作れて、食材も自給自足して、自給自足のための土地も自分だけで持っていて、公共財の利用を一切断って、市民権を得ないで…その状態で「幸せ」であれば、別に構わないと思います。
しかし、貨幣が流通する社会を待たずとも、原始から、物々交換による人との関わり~つまり「社会」は生まれているわけですから、現実的には、社会との関わりなくして人は幸せになれない、と言い切ることができます。

社会と関わる以上、社会を動かす対象物…具体的には「人」になるわけですが、他者である「人」に対して満足を与え、その代わりに自分が満足を得る、これが幸せを得るための基本であると考えます。
もちろん、人に満足を与えずに、人から満足をもらえる状態を作れば、それも「別に構わない」となるわけですが、そんな状態が許されるのは、現実的には「子ども」~しかも、「子ども」は今後、社会を動かす動力になるという共通認識がある社会下において~だけかと思います。

ドラッカーも語ってます。「まともな社会なくして、まともな個人はありえない」と。
自分の存在理由、自己実現、云々、個に落とし込んだ「自分の豊かさ」を考える側面のように見える思考においても、結局、社会の存在を切り離すことはできない、ということを端的に語った言葉だと思います。

…となると、人は何を目標にして生きるか、の答えは、“「幸せ」のため。ただし、社会の存在という制約条件下において。”というのが、僕が現時点で得ている、最も近い解になります。
そして、社会の存在をそれほどケアしなくても「幸せ」をつかめる状態を作ったのであれば、それはそれで構わないのですが、一部の超スーパーな人間(例としてわかりやすいのは、イチローのような人)以外の、我々のような一般人、凡人は、社会という制約条件を負荷に感じない、つまりは、「社会と共に歩んでいる」感を自分の中で形成しない限り、「幸せ」は得られないと思います。
換言すれば、社会の中で受け入れられる自分を作らなければいけません。

じゃ、自らの幸せを鑑みつつ、他者にどうすれば受け入れられるか、となると、「他者の幸せ」と「自分の幸せ」をすりあわせていくことが必要になります。
他者(Aさん)の中で「自分が存在することで他者(Aさん)が幸せになる」という心を醸成しないといけないわけです。
これが、他者視点の心理で見たときの「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」という言葉であり、その気持ちの中に入っていかないと(=関係性を構築しないと)、めぐりめぐって、自分の幸せ、あるいは、それを具体に落とし込んだ「達成したいと思う事柄」を達成できませんよ、という、僕なりの解釈です。

自分視点で見たときも、結局は「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」のが、幸せになるメンタリティだと思います。
語りだすとこれ以上に長くなるので省略しますが、全くそれまで関係のない人に対して支援する行為(寄付行為から、道端のお年寄りに手を差し伸べる行為すべて)も、自らのちょっとした幸福感を得るためという感情まで全て含めて「自分のため」というものに含まれると捉えると、究極的には「自分の幸せ」のために行っている、という結論に行きつき、むしろ、現象として「多くの支援をしている」と思われている人ほど、「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」というメンタリティを強烈にもって行為を行っているのではないかな、と思います。

ちょろっとだけ脱線的に、かつ、ちょっと言葉は悪くなりますが、何か甚大な災害が起きたときにのみ支援行為を起こそうとする人と、普段から「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」を考え方として、態として持っている人が、社会の中でどちらが社会の中で幸福感を増すベクトルに動かしているか、というと、後者だと思うんです。(生きるのは)“「幸せ」のため。ただし、社会の存在という制約条件下において。”ということを強烈に捉えていますから。
#もちろん、甚大災害のときに支援する行為を否定するものでもございません。

閑話休題。これが“彼の座右の銘が、「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」です。この言葉、読めば読むほど好きになっていく言葉で、人間ってこれができれば十分過ぎるほど十分じゃないかな”と語った理由になります。
小学生くらいの子どもに態を植えつけたいのであれば、言葉として、「父ちゃん母ちゃん、友達を幸せにできるような人間になれば、それだけで自分も幸せになるから、そのためにがんばんな」で十分だと思うんです。途上国の人に思いを馳せよう、その人たちに支援を、という言葉を小学生くらいの歳で投げかけるより、よっぽど。


じゃ、がんばる、って、具体的には何をすれば、ぼくと、ぼくの好きな人に満足感を与えられるか?という答えが、僕の座右の銘であり、ブログのタイトルにもしている「和顔愛語 先意承問」という言葉につまっています。

自分が幸せになるために、社会から支援を受けたときは、無表情無関心、あるいは怒っていても、当然ですが、他者の幸せに寄り添うことはできませんよね。だから「ありがとう」という。優しい心をもち、優しい態度で接する、それが「和顔愛語」という言葉で表される態であり、教育視点では「情」の教育にあたることだと捉えています。

また、心だけでは人は助けられません。人を助ける技量を身につけなければいけません。それが「先意承問」~相手(「先」方)の「意」思を「承」って「問」いかけを発せられる~という言葉で表される態であり、教育視点では「知」の教育にあたることだと捉えています。


発展した現代においては、問題解決も複雑に絡み合うことが増えているため、昔以上に「知」が必要です。
Z会にいる自分の存在理由でもありますが、本当の意味での「学力」を自分の中で形成しないと、自らの幸せはつかめないと強烈に思っています。だって他者を支援できませんから。
安彦忠彦先生も仰っていますが、公教育の存在も、「学力形成」が主であるべきなのです(Z会は、学校という場だけではどうしても身につけられない高度なレベルでの問題解決力を育成するための存在というのが僕の解釈です)。

そしてもちろん、「情」も必要です。アタリマエですが、自分に情がないと、他者からの情を引き出せませんから。
そして公教育は、学校でしか身につかない「人格形成」を副の目的としてあるもの。
一方で副の目的に過ぎず、人格形成は、家庭教育、そして地域教育。三位一体が必要条件であり、現代ではそれに加え、「地域」という場の存在が、地域を飛び出した「場」や、インターネットでつながることまで含めた、広義の「場」の中での教育が、人格形成において大切だと思っています。

一番の教育問題を語るとしたならば、家庭教育と地域教育が機能していない現象が増え、結果として学校教育に必要以上の人格教育を求める現象を誘発し、結果として三位一体で形成される人格よりも低レベルの人格しか形成されない上に、学力形成(not 「受験に合格するための」学力形成)が御座なりになっている点です。

蛇足ですが、Z会で働く僕の顔は、上記のとおり、公教育ではどうしてもできない学力形成に寄与することに邁進する顔であり、これはこれで社会の一部分を創っている行為と思っています。
一方で、教育人としての僕の顔は、家庭教育と地域教育が機能していない現象を直視し、「ぼくとぼくの好きな人のために」機能不全の解消に邁進するという時間の使い方をしています。
妻の協力もあり、今のところ「ぼくとぼくの好きな人」に大きな教育問題は発生していませんが、今後、PTAなどを初めとした「公教育と家庭教育の接続点」がおかしなことになりそうだったら、間違いなく割って入ります。
個人的な活動として、自治体を通じて行う教育も芽も出てきました。
こうして24時間、「ぼくはぼくとぼくの好きな人のためにがんばる 」ことを単純にやっているだけなのです。
“「幸せ」のため。ただし、社会の存在という制約条件下において。”
Tags :
Z会スタッフの日常
教育
和顔愛語
先意承問
Z会
ソーシャルブックマーク:

2012.07.30 10:10

Z会の中学準備コース

2012年、新規開講!!

<特長>

・4教科の小学範囲を効率的に復習できる!
・英語・数学・古文…。新しく学ぶ科目の先取りができる!
・“自学自習”の学習スタイルが自然に身につく!



Z会のこだわりは、最後の部分。自学自習の学習スタイルが身につくこと。
これ、小学生の通信講座をやるうちに身につけば、中学以降の学習はとってもラクになります。

塾に通ったとしても、必ず、自宅で学習する習慣が必要になりますから。。。


中学に入る前に、月々2,900円のお得なコース。それが

Z会の中学準備コース

4教科の復習をするなら、8/29までにお申し込みを!
Tags :
小学生
Z会
通信講座
中学準備
復習
ソーシャルブックマーク:

2012.07.29 23:30

いろいろ検討して、MNP。
ナンバーポータビリティ制度を利用して、携帯キャリアを変えました。

手続き自体もそうですが、登録変更などもろもろでほぼ1日がかりの作業。。。
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
子ども
Z会
ソーシャルブックマーク:

2012.07.28 01:30

※後日報告!
Tags :
ソーシャルブックマーク:

2012.07.27 11:20

毎度毎度宣伝ですみません。
いや、これからの学習プランの見直しを考えている、お客様がいっぱい集まる夏休み名ものですから(笑)

「中学準備コース」新規開講!

6年生の受講生には8月の教材内で告知したところ、問い合わせがかなり入っているみたいです。
その影響か、Web上でも、「中学準備 通信教材」で検索する方がランク外からいきなりトップになる、なんて現象が!
Z会の人気がWebを動かした!?←超超超好意的解釈www


もうすぐWebサイトもアップできると思います、ご期待を!
→8/1、Webサイトできました!
Tags :
Z会
先取り
中学
中学準備
通信教材
ソーシャルブックマーク:

2012.07.26 22:38

そのため、本日、早々にお休みいたします。。。m(_ _)m
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
子ども
Z会
ソーシャルブックマーク:

2012.07.25 13:52

イマの高校1年生から影響する、大学入試センター試験の速報です!

■中学生~高校1年生までは→必ず知っておいてください!影響します!
■小学生は→影響しますが、まだずいぶん先の話なので、頭の片隅に。

ニュースはこちら。

2015年度センター試験、理科の出題方法変更

大学入試センターのプレスリリース(PDFが開きます)
http://www.dnc.ac.jp/modules/file/index.php?page=visit&cid=1&lid=1386

早速、神戸大学が「見直します、また連絡します」との報告をサイト上で(早い対応ですね!)。
http://www.kobe-u.ac.jp/admission/undergrad/topics/change_2015_rika.html


◎ポイント

<前提知識>

■現在の高校1年生から、「授業」においては(文系理系問わず)理科3科目(物理・化学・生物・地学のうちから3科目)必修になっています。
※文系は理科の「簡単な知識とその運用」のみを学ぶ、と思ってください。総称して「理科基礎」という教科体系が出来上がっています。詳しくはこちら。
2012年の高校生から(文系の方も)理科3科目は必修ですよ!~理科基礎のオハナシ~

■センター試験の理科選択においては、文系はこの「理科基礎」から、理系は二次試験でも出題される専門的な「理科」から、が標準的なパターンになると思われます。


<そんな中>

■センター試験の「理科基礎」は、「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」のように、“4つに分けて”どの科目でも受験できるようにしておいて、大学側は、たとえば「どれか1科目を受験して、その結果を理科の点数として申請してください」と受験要件をつけることになる、というのが、これまでの予定。
→これが、「1科目」という選択ができないようになります。つまり、すでにブログ2012年の高校生から(文系の方も)理科3科目は必修ですよ!~理科基礎のオハナシ~で書いている予測のとおり、文系でもセンター試験の受験教科として「理科2科目」が「必須」となります。
※理科基礎の冊子を分冊にすると混乱を招くので、合冊にすることに伴った制度変更、と推測します。


早めの理科2科目対策を!

(宣伝)Z会でも「理科基礎5daysシリーズ」でガッチリ対策できますよ!!
Tags :
理科
センター試験
2015年
平成27年
変更
ソーシャルブックマーク:

2012.07.24 09:30

今朝、知人(=インターネット界隈では著名な、萩原雅之さん)が、FBで下記のような投稿をしていました。

==========
低い評価が集中していた楽天 Kobo のレビューがまるごと消えてしまった。仕方ないとも思うが、該当ページに表示される「サーバへのアクセスが集中し、ページを閲覧しにくい状態」はないだろう。ほかの商品のレビューは見られるのだから。「みんなのレビュー」の検索結果にも Kobo 本体のみ結果に出てこなくなっている。

http://review.rakuten.co.jp/item/1/281256_10000042/

これだけ評判形成プロセスが可視化されている社会にあって、このような状況に陥いっても正直が最大の戦略だと思う。ついでに言えば会社としての決定を楽天のどのレベルの責任者が決定し、実行しているのかは興味がある。
==========

激しく同意します。

なんでいまだに、隠そうとする経営幹部層が多いのだろう。
なんでいまだに、オープンにすりゃいい情報をあえてギリギリまで黙り、自ら競争劣位に追い込んでいるんだろう。
なんでいまだに、「悪評」から目をそらそうとするんだろう。。。



萩原さんも仰っているように、正直であることは、人として会社として人格者たるべき、という精神論のみならず、戦略上もその方が競争優位に立てる(あるいは、劣位からの挽回が早くなる)ということの方が、とても大切なポイントなんです。

「評判形成プロセスが可視化されている社会」なんですから、隠してもバレます。
そして、隠そうとする人ほど、「隠した行為」そのものがバレます。
これは、ブランドの毀損につながりますよね。
「隠そうとした事柄」がバレても(今回で言えば「低評価」ということ)、所詮、その部分だけの毀損に留まるのに。

もちろん、一つの好ましくない事柄で、その企業の商品・サービスの購入を閉ざす方もいらっしゃるでしょう。
しかし、「隠した行為」そのものがバレると、「優良な顧客」がほとんど離れます。


正直であること、オープンであること、公平であること。
これが最大のリスクマネジメントの態なんですが、勘違いしている方もまだまだ多いような。。。


※追記 ←これも正直(笑)

「いいブログなんだから、宣伝忘れるな!」と社内からツッコミが←これも正直(大笑)

小学校の復習と中学校の先取り、「中学準備コース」でカンペキ!/小学6年生向け

Z会で、中学準備の勉強はカンペキ!
Tags :
Z会スタッフの日常
勉強
中学準備
正直
リスクマネジメント
ソーシャルブックマーク:

2012.07.23 23:50

※8/1にサイトがオープンしたので追記します。

中学準備コースのサイトができました!
月々2,900円で、小学校の総復習&中学の内容にチャレンジできる、効率的な学習コース!

Z会 中学準備コース

中学からの勉強に少しでも不安を感じている方…
人より先に行きたいっ!って方、ぜひどうぞ!!
Tags :
勉強
Z会
中学準備
チャレンジ
復習
ソーシャルブックマーク:

2012.07.23 23:15

ようやく告知ができます(^^
※土曜のブログの続きはまた。。。

小学校の復習と中学校の先取り、「中学準備コース」でカンペキ!/小学6年生向け

企画提案したのが僕でぃす!


僕の仕事は予算計画や開発計画を立てるところまで。
あと、頑張ったのは、教材作成したり、バックヤードを完成させた現場のみなさん。

ちょっと今までのZ会にない、異色のコースです。
これからZ会やろうかしら、と、ちょっとでも思っている小6生の皆さんには、ほんと、オススメ!
Tags :
Z会スタッフの日常
東大
教育
子ども
Z会
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2012年07月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ