Z会ブログトップへ

2011.06.30 22:50

戦略とは、doing differrent things であり、doing things better ではない。(ストーリーとしての競争戦略、より)

Tags :
戦略
ストーリー
ソーシャルブックマーク:

2011.06.29 23:20

注:挑発記事ではありません(笑)


ベネッセさんの「なかのひと」、何人も知人・友人がいます。
お互いに「社外秘は話さない」(もちろん)「公開情報で知らないことを連絡し合う」仲です。
元々の友人がベネッセに入社した、のではなく、全員がビジネスを通じて知り合い、友人関係に昇華した方です。

社会に価値を生み出したい、と真剣に想い、行動している人間しか僕は友人にしません(笑)。
仕事とかプライベートの時間とか、意味のわからない区別をするのではなく、24時間顧客、社会価値創造、中でも教育や子どもたちのことについて想いを馳せている人ばかりです。
そしてベネッセの友人たちも、同じです。


そんな友人たちがfacebookやツイッターで活動する中で…
ベネッセさんが、組織・チームとして、前にも増して顧客のことを想像し、顧客創造しようというあくなき姿勢が見て取れるんですよね。

正直、ここはZ会の方が頑張っている、いや、ここでZ会が頑張らなくてどうするねん、と思っていました。
今、Z会の中を見ると、(私見ですが)「あくなき追求」の「あくなき」の部分の成長スピードが減速しているように感じるんですよね。俗に言う「会社」の体が強くなり過ぎて。

「会社」の体を作ることを否定するわけではありません。きっちりすることも大事です。
ただ、体を作ることを意識しすぎるのは良くないと思っているだけで。


だから、相対比較で、ここ数ヶ月はベネッセさんの進化が早いと思うわけですよ。
どちらが先にいっているか、ということについては、僕の立場では「絶対にベネッセさんの先を行く、顧客志向企業でありたいし、あるように自分自身が奮闘する」としか言えないのですが(笑)


そんなライバル企業を見て、研鑽していければ一番いいですよね。
負けないよ、ベネッセさん。
Tags :
Z会スタッフの日常
教育
Z会
ベネッセ
顧客志向
ソーシャルブックマーク:

2011.06.28 23:30

昨日に引き続き、今日も1日研修でした。
研修が終わった後、各自でお互いの評価をしあう時間があるのですが、研修で一緒だった先輩社員から

「寺西は、ぶれない」

と言われ、かなり嬉しかったです。


若い頃の僕…よく言われていたのは「こだわりすぎる」ということ。
僕をよく知っている人、交流の浅い人の両方から。

少し成長し、30を過ぎてから、よく知っている人、とくに社内の人には「こだわりすぎる」と思われていたんですが(多分)、社外の人からは「ぶれない」と言われるようになってきました。
そして今日は社内の先輩から。恐らくこの言葉で言われたのは初めて…。


ぶれない軸は持っていると思っています(きっぱり)。
しかし、軸を取り巻く環境まで(自分のものの見方・考え方以外は)許容しない、という雰囲気を醸し出していれば、それは「こだわる」という領域に入ります。

軸はぶらさず、それでいてこだわらないような自分自身を見せていくのは、バランスが必要ですし、バランスばかり気にすると軸がぶれる。ほんとうに難しいものです。

ですが、曲がらない信念を持ち、志もあり、かつ、人の話を傾聴し、他人の意見を取り入れることは、両立するんですよね。…いや、後者(かつ、以降)をやりながら、信念が曲がらないのが、本当の意味で信念かもしれません。
これが「ぶれない」ということ。


みんなの目にそう映っているかどうかはわかりませんが、同じ会社の、先輩に言われただけで、ちょっと成長したのかな、と、自分にご褒美をあげたい気分なのでした(笑)
Tags :
Z会スタッフの日常
会社
バランス
先輩
ソーシャルブックマーク:

2011.06.27 23:30

月・火と両日、丸1日拘束です。
日曜、3時間しか寝てなかったんで、今日はきつかった…

ちょうど開発案件のまとめしているときに、この2日間とられるのはキツイ。
けれど、みんな(社内も社外も)おなじ状況なんだもんね。
自分だけじゃないよね。


と思って乗り切ることにしよう…


Tags :
Z会スタッフの日常
管理職
研修
開発
ソーシャルブックマーク:

2011.06.26 22:06

土日家族サービス(あるいは自宅での自分の時間)に費やせるのはいつ以来だろうか…
久しぶりにゆとりある週末を過ごせました。

といっても、自分がやりたいと思っていたこと(主に教育関係の調査や、読書)はあまりできず…
子どもが小さいと、どうしても子どもと一緒の時間にとられてしまいますね。
(だって相手しろって言ってくるんだもん。パソコンしていても椅子の後ろに乗ってくるから結局なにもできない! どうでもいいけど最近娘は、AKB48の「会いたかった」と「ヘビーローテーション」のプロモーションビデオを見ることにはまっている!!)


今日は天気もよかったので、近くの公園へ。

上岩崎公園


今、自分の住んでいるところは

・スーパーがめっちゃ近い
・会社にも近い
・徒歩圏や車ですぐの公園がかなりある
・富士山涌水のおかげで水がきれい、その関係で食べ物がおいしい
・近くに外食できる「ファミレス系」「ちょっとおいしい洋食系」「寿司系」「蕎麦系」…など、たくさんある(またあそこーってことはまずない)。

いいとこなんですよ。


首都圏勤務の方も、三島から通うのもテですよ。(かなりの方がそうしています)
上で紹介した上岩崎公園には、今度シャリエ上岩崎公園WESTというマンションが出来ますし、子育てを自然環境に恵まれたところでやりたい方にはオススメです。


Tags :
Z会スタッフの日常
子ども
三島市
上岩崎公園
子育て
ソーシャルブックマーク:

2011.06.25 23:20

本日、読売オンラインに、千葉市長熊谷さんのツイッター利用についての記事が掲載されました。

千葉市長、ツイッター「やり過ぎ」…市議が苦言


この記事に、千葉大学教授で、若者のメディアリテラシーの啓蒙に奮闘している藤川大祐氏がツイート。

読売新聞の「千葉市長、ツイッター「やり過ぎ」…市議が苦言」という記事 http://bit.ly/kVDpR8 が偏向している件について、読売新聞のサイトから意見を送っておきました。おかしいと考えられることは、まず相手に伝えなければいけないと考えます。

皆さんは記事の中身で語られたこと、そして、藤川教授の意見について、どのように思われるでしょうか?


まず、新聞の在り方について。
メディア論は素人なので細かくはわからないのですが、新聞には「事実を淡々と伝えること」だけではなく、新聞全体から醸し出す主義主張がなければいけない、というのが一般的なようですね。
だからといって、事実を受け止めて、自らの都合のいいように言葉を使い、事実を取り巻く関係知識に理解が乏しい読者を誘導することはやってはいけないわけで…
今回の記事、藤川教授からすると、この意味で「偏向している」と感じたのだと思います。

今回の記事は、タイトル、および「不特定多数から寄せられる意見を所管部署に伝え、対応を指示するケースもあり、市役所内部でも疑問視する声がある。」という締めくくりからも、「市長が(非常時に)ツイッターをやるのは好ましくないことだ」という意見が滲み出てきています。
見出しと締めで紹介されていることは事実ではありますが、その事実の使い場所として「見出し」と「締め」を使ったことで、(新聞のもつ主張的意義を超えて)「偏向している」と言われても仕方ないように思えます。

否定的な意見だけではなく、肯定的な意見も掲載したうえで、自らの主張をやんわりと醸し出す…
それが新聞の果たすべき役割ではないでしょうか。



そして、本題は「市長がツイッターやることの是非」


正直、「市長がツイッターをやっている」という事実だけでは、是とも非とも言えませんよね。
市政へのケアを放擲しツイッターにかまけるようであればそれは明らかに非ですが、ツイッターを利用して市民の声を聴くのは素晴らしい行為なわけで。

ただ、自分の経験からの意見ですが…
困ったことに、ツイッター反対派は、「ツイッターをやっている」という事実だけで脊髄反射的に反対しがちなんです。ツイッターに限らず、Webメディアに自ら表現することには、揚げ足をとれるところ満載ですからね。
例をあげると…

「そんなこと書いている暇があったら黙々と仕事すべき」
「何か変なこと書いたらどうするんだ、どう責任とるんだ」
「ツイッターなんて一部の人しかわからないツールを使ってはいけない」

などなど…
そして、今回の新聞記事で「苦言」とされたことも、(非常時、という要素は加わるものの)ツイッターをやっている事実があれば、まず出てくる反論の域を出ないと感じます。
だから、熊谷市長が、指摘された時(震災時)に、どのようにツイッターを使っていたか、が大事なのであって、この記事に書かれた内容だけでは是か非か、わかりません。冷静にみると。
#だから「苦言」とするのはやはり偏向的表現と感じますね。


では、熊谷市長はどうだったか。
僕は熊谷市長のツイッターを震災前からフォローしていますが、非常に市民目線…というか、人間として感じる「心」に従った発言をされており、「この方が市長だったら、市では良い(子どもたちへの)教育ができるのになあ」と感じたこと、しばしばあります。
正確には覚えていないのですが、“「小学校の運動会の練習がうるさいからなんとかしてくれ」という声が市民から教育委員会に届いた。あの、運動会とは、学校とは、そういうものですから。”といったツイートがあったときに、その堂々とした姿勢に共感したものです(確か、教育委員会から「どうしましょうか?」と聞かれ「そんな意見に振り回されなくてもよい」と答えた、的ツイートもあったと思います)。

震災時のツイートを、震災時にいくつか拝見しました。
こちらにも、一生懸命市民に語っている彼の姿が映し出されていました。

だから僕は、熊谷市長がツイッターを使うことについては、(そりゃ、たまに「ツイッターの発言に振り回された」ことがあるでしょうけど)市政への影響がプラスに作用することの方が圧倒的に多いと感じているんです。


同じく、市長の立場でツイッターをやられている、佐賀県武雄市の樋渡市長
彼もかなり、ツイッターに時間をさいています。
こちらについても賛否両論はあるでしょうが、こちらは千葉市以上に、プラスに作用していると思います。

このツイッターが、どれだけ武雄市の知名度、そして観光客の増加に貢献しているか、測り知れませんから…


どんな行動をとっても、プラス、マイナス、両方の作用があります。自分一人で完結する行動ではない限り。
社会の中で生きるってそういうことでしょう?

そんな中、マイナス部分だけ述べて批判する、その批判を気にするが余り行動しないという選択肢をとりがちになる…
こんなことに満ち溢れる社会は、成長しませんよね。

市長のツイッター利用の本記事と、この記事への藤川教授の反論は、「社会の中で行動する」ことについて考えるタネを与えてくれています。

Tags :
Z会スタッフの日常
教育
ツイッター
千葉市長
藤川大祐
ソーシャルブックマーク:

2011.06.24 17:10

もうどういう順序でつながったか忘れちゃいましたが(笑)、ツイッターでつながって、社会の未来のために、「教育」という領域で奮闘している5名がいます(注:5名しかいない、というわけではありませんからね、念のため。笑)。

藤川大祐教授(千葉大学)
情報リテラシーの教育や、企業と学生を「つなぐ」活動において、日本で最も頑張られている方の一人です。

池田修教授(京都橘大学)
「明日の教室」を主宰し、学級経営について真剣に考えられている方です。

西川純教授(上越教育大学)
『学び合い』の提唱者。教育の思想の中ではイノベーション的ですね。

坂内智之先生(福島県赤木小学校教諭)
『学び合い』の実践として第一人者。

森達也社長(教育同人社)
リアル熟議を開催するなど、教育について様々な企画を実行されている方。

この1年で、全員の方にお目にかかる僥倖に恵まれましたが、この5名、全員、「つながって」いるんですよね。
出会いはすべて別々、にも関わらず。(まさか二人がつながっているとは思いませんでしたよ~という方も)


教育を変えていくには、同志が必要だと思っています。
ツイッターでは、同志(と勝手に思っています。笑)を見える化し、つないでくれます。
住んでいる地域もバラバラな人間同志を。


Tags :
森達也
西川純
藤川大祐
池田修
坂内智之
ソーシャルブックマーク:

2011.06.23 21:45

…って、何か怪しいバイト募集のタイトルになってしまいましたね(苦笑)

半年ほど前まで、僕が会社の立ち上げにかかわらせていただいた、株式会社レイズアイ
大学生の「自分創り」を支援する会社です。
※「自分探し」ではないですよ。ここは大きく違うところ…。

多くの優秀な大学生が集っていることもあり、いろいろな会社から、優秀な大学生をターゲットにしたアルバイトの依頼も舞い込んでいるようです。


先ほど僕に知らされたアルバイト。なんと2時間で高額!の5,000円!
そして、採用試験に英語がある会社を希望している大学生にとっては、予行練習にピッタリ。
是非こちら、やってみてはいかがでしょうか?

==========

こんにちは。レイズアイ事務局です。

今回ご紹介するアルバイトは、
某企業が新規開発している「英語版」の採用テストを
受験してもらうアルバイトです。
今後主流になってくる採用テストなので、
今のタイミングで受験しておくと、
日本にて就職活動を行う3年生の皆さんにはとっては、
就職活動の対策にもなります!

レイズアイ会員になれば、参加頂けます。
ぜひお友達にもお声掛けください。

<重要>
---------------------------------------------------------------
・5月に行われた日本語版の採用テストモニターを受講された方は、
 今回のアルバイトにはご参加できませんので、ご注意ください。

・英語版のテストとなっており、ガイダンスも英語で行います。
 テストで英語の読解に苦労をされている場合は、
 謝礼をお支払いできない可能性があります。
 ※TOEIC700点以上、留学経験がある等が一定の目安かと思います。
---------------------------------------------------------------
☆約2時間のテスト体験で5000円お支払い☆
☆成績上位者には特別報酬5000円(Amazonギフトカード)を追加支給☆
☆本番以外ではなかなか受験することはできない貴重なテスト☆

お申し込みは下記URLよりお待ちしております!!
(申込み画面URL添付)

=====アルバイト概要=======

【給与】120分のテスト体験でその場で5000円お支払いします!

 ★さらに★
 成績上位者には特別報酬5000円を追加でお渡しします。
 ※テスト採点終了後、Amazonギフトカードをお送りします!

【日時】以下の日程から1日程を選び参加してください。
    開始時刻に遅れての参加はできませんので、時間厳守でお越しください。
   ・7/11(月)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
   ・7/12(火)18:30-20:30 [受付開始 18:15~](※)
   ・7/13(水)19:00-21:00 [受付開始 18:45~]
   ・7/15(金)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
   ※7/12(火)は日本語のみのアナウンスとなります
  (その他日程は英語のアナウンスを実施いたします)

【服装】自由

【持ち物】筆記用具

【会場】AP西新宿
    住所:東京都新宿区西新宿7-2-4 新宿喜楓ビル4F・5F
    アクセス:http://www.ap-nishishinjuku.com/info/access.html

    ※JR・小田急・京王・都営新宿線「新宿」駅徒歩約6分
     都営大江戸線「新宿西口」駅D5出口徒歩約3分
     西武新宿線「西武新宿」駅徒歩約3分

===================================

<お申込み方法>
レイズアイ会員の方は、下記URLからご応募下さい。

・7/11(月)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005358

・7/12(火)18:30-20:30 [受付開始 18:15~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005359

・7/13(水)19:00-21:00 [受付開始 18:45~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005360

・7/15(金)18:00-20:00 [受付開始 17:45~]
https://member.raise-i.co.jp/event/detail.asp?site=g&area=1&jid=JOB0005361


会員登録がまだの方は、下記URLから会員登録後、
上記URLを活用しお申込み下さい。
http://www.raise-i.co.jp/

※「自分創り」のための無料講座も開講しております。
Tags :
大学生
レイズアイ
Z会
アルバイト
高額
ソーシャルブックマーク:

2011.06.22 22:53

学び合い」を勉強するために、そして、今の福島県の様子を正確に知るために、よく参考にしているのが、「とんたんの学び合い帳」。
このブログでも何度か取り上げましたね。

今日のブログ「今とこれからと」で、郡山市の状況と、彼の判断を丁寧にしたためてくれています。
放射線に対し「正しい(適度な、と言い換えてもいいかもしれません)理解とちょうどよい不安との向き合い方」をするには、本当に参考になるブログです。

一部引用して掲載しますね。

=====

<今の状況>
空気中の放射性物質はほぼありません。0に近いと思います。根拠は農産物がほぼNDであることです。もしも、浮遊物があるのなら中通り地方で農作物の種類にかかわらず、放射線が検出されるからです。しかし、今は特定の農産物でしか放出されていません。ですから、そろそろ小学生もマスクは必要なくなってきていると思います。ただ、放射性物質は砂などと結合しているので砂埃が強いような時にはマスクはとても効果的だと思います。
 
食べ物についてです。研究者が予測していたよりも野菜等へのセシウムの移行は少ないようです。葉物野菜にしても、トマト、キュウリなども県の測定値を考えれば極めて汚染のひどい場所以外は食べても大丈夫な気がします。おそらく1年間はデーターを取ってみないと広くは分からないでしょう。ただ特定の農産物、たけのこや果実などはかなりセシウムが検出されていることは間違いありません。
県のHPで確認するとよいでしょう。食べるかどうかは個人判断になると思います。
 
遊び場については残念ながら外で遊べる公園等は全て「ダメ」です。今でも2μほどあります。滑り台の下やブランコの下などは恐ろしく高いはずです。子どもが遊んでよいような状況ではありません。公園の表土を削り、植栽なども全て取り払われない限り、子どもたちが安心して遊ぶような場所ではありません。
Tags :
ブログ
放射線
福島県
郡山市
とんたん
ソーシャルブックマーク:

2011.06.20 17:10

子どもたちの学びを被災者支援に―

自らの学力向上への意欲が、そっくり被災者支援につながるアプローチを、Z会がつくりました。

Z会 東日本大震災・被災者支援チャリティー

Z会に到着した答案1枚につき1円を、Z会が、「あしなが育英会 東日本大地震・津波遺児への募金」に寄付します。


答案提出で義援金!」の記事をようやくカタチに整えることができました。
遅い!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが(ごめんなさい)、皆さん自身の(金銭などの)寄付とは違う形で、Z会の特徴を活かした支援に実際にこぎつけた、ということで、ご勘弁を。。。


さらに、小学生コース担当の僕から、学ぶ意欲×東日本支援の、ちょっとした取組み方のアドバイス。


1.「夏のおためしてんさく」からZ会を試してみる。

Z会の資料を請求すると、今なら「夏のおためしてんさく」もあわせてお届けします。
このてんさくをやってみて、Z会の添削の良さを実際に体験し、早いうちにZ会に入会しよう!
早ければ早いほど、
「答案提出で支援できる」
→「早めのスタートで(当然)実力がつくのも早くなる」
→「支援期間中は学習のモチベーションが持続しやすい」
→「実力がしっかり“定着”する」
の好循環が生まれること間違いなし!
注)入会後の答案から対象となります。

2.「添削」ならではの効果が期待できる「作文」コースにチャレンジ!

今年開講した小学5・6年生向け「作文」コース。
受講料のお手軽感(他コースと同時受講なら2,500円/月)も手伝って、Z会スタッフの予想を上回る人気コースになっています。

“やれば総合的学力の向上に役立つんだろうけど、作文って直接学校の教科学習と関係ないし…”
“他のコースと一緒にやれるかな…何かの機会があれば子どもにチャレンジさせたいんだけど…”

などと、「やりたいけれど、最後のふんぎりがつかない」で考えていた皆さん。
支援したい!という気持ちをモチベーションに変えれば、「添削」効果絶大の作文コースの力を感じていただくことができるでしょう。

小学生のための作文力アップサイト Z会作文クラブ」も参考にし、受講生の皆さんも、これからZ会をやろうとしている皆さんも、「作文」コースで支援を!


3.夏の間にすべて未提出答案提出!
これは説明不要でしょう(笑)
小学生コースの皆さんのほとんどは、毎回締め切りに間に合うように、キチンと答案を出してきてくれているんですが(中高生と比べて締切日までの提出率が格段に違うんです)、それでももし、出していない答案がありましたら、取り組んで見てください。
Tags :
作文
Z会
義援金
添削
答案
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2011年06月   >>
      01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ