Z会ブログトップへ

2011.05.30 23:50

中間管理職(課長)になって2ヶ月が経過しようとしています。


現時点で真っ先にでる感想は

「責任感のない人が中間管理職になったら、こんなに楽な(かつ、給料がもらえる)仕事はない。」

です。


だって、部長より上役からふってきた仕事(労働)はそのまま係長・主任以下に(言葉を悪く言えば)投げればいいし、下からのお願いはそのまま「報告」として上にあげればいいし。
上役から責められたり、部下から突っつかれたときに、技術として「ごめんなさい!」と言うことさえ覚えていれば、余裕で交わせる。
加えて、できる部長、あるいは、できる部下に恵まれれば、勝手に自分の評価も(多分)あがる。


バブル期に管理職になって、バブル崩壊後、失職し、他社の入社試験を受ける際に

「何ができるんですか?」「管理職ができます」

という受け応えが、笑い話ではなく本当にあったらしいですけど…
きっと、なーんにも考えずに管理職になっちゃった人が、単なる「伝達経路の一つ」をこなすことが管理職の仕事だと勘違いして(苦笑)、それを面接官に応えちゃった話なのかな、と。


でも、当事者意識があると、やっぱり中間管理職相応の負担ってあります。

1つの仕事をとっても、「その仕事を続けることが本当に会社の(中長期的な繁栄の)ためか?」なんてイチイチ考えるわけですし。
部下のことも幸せにしたいと思うし、その人が幸せ( not 享楽)になるにはどうしたらいいか、と考えるわけだし。
それだけ考えても結果が出るのは数年後だから、短期的な(1年レベルの)評価指標にはつながらないし(まあ、僕自身は、評価は気にしちゃいませんけど。後から勝手についてくるものと思っていますから)。


「思考」が入るだけで業務負荷(精神的な負荷から生じる、仕事の進め方を変えようとする負荷、とでもいいますか)がぐんと違ってきます。



今は、ついていくのに精一杯の毎日です。
本当の中間管理職相応の人間になるために。。。
Tags :
Z会スタッフの日常
仕事
当事者意識
中間管理職
評価
ソーシャルブックマーク:

2011.05.29 22:55

これから(まさに、今、という瞬間から)読もうと思っている本。

『魂の仕事人』

(人材バンクネット編集部編/河出書房)

人材バンクネット「魂の仕事人」のインタビューの中から厳選し書籍にまとめたものです。


この本を購入した理由は2つあります。

1つは、ライティングに携わったライターの山下久猛さんと知り合い、今度2回目に呑むことになったので、少しでも彼のアウトプットを事前に勉強しておきたくて。

もう1つは…いま、自分自身の仕事に悩んでいて、ちょっと苦しんでいるため。
#あ、前向きな悩み(=より成長するには、とか、より困難に立ち向かうには、とか)なので、ご心配なく。。。

仕事に対して真正面から向かっていき、突き抜けている人のエキスを吸いたいんですよね。

Tags :
Z会スタッフの日常
魂の仕事人
山下久猛
河出書房
人材バンクネット
ソーシャルブックマーク:

2011.05.28 23:10

咳はまだすこーしだけ出るものの、体調そのものはほぼ回復。
毎日全力疾走できる方は凄いなーと思いつつ、僕にはやっぱり、半月に1度はゆっくりする日が必要なようです。


さて、国語力検定のブログでいつの間にか呑んでいる姿が紹介されていました。

「牛角」でそれアリ?と蕨でランチと、国語力検定

このブログで

「テラちゃんあいかわらず、どういうツテか知らんけど若いコつかまえてくるなあ。」

と書かれていますが…
どうも会社の若いコを呑みにゲットするのは得意なようです(笑)


僕が若者と呑みたい理由…

・若い人の「感性」「感じていること」をつかみ取りたい(教育という商売上、という視点でも)
・会社の若い人には、自分の歩んできた成功の上を行き、失敗は繰り返さないでほしい

ってことが大きいと思います。

この2つ、どちらも僕のwantなので、呑みに付き合ってくれる若い人には「ありがたいなあ」の気持ちの方が強いかな、正直なところ。
先輩風を吹かせているところもゼロではないでしょうけど、多分人より少ないと思います。


だからツテ関係なく若者と呑めるのかも。
Tags :
Z会スタッフの日常
国語力検定
Z会
若者
若い
ソーシャルブックマーク:

2011.05.27 23:03

しばらく土日も出勤が続いており、明日、久しぶりに休める!と思って気が抜けたのか、今朝から咳き込み、加えて体がだるく…

早めに退社し、夕方から寝込んでいました。するとかなり元気に。

やっぱり疲労がたまっていたんでしょうね。
というわけで今日のブログは簡単なもので。
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルブックマーク:

2011.05.26 23:50

JALの再建を引き受けている稲盛和夫氏の言葉ですね。


リクナビNEXTに「ネットマーケティングのプロ」の着眼点という記事が昨日載りました。
Z会も

【Z会】Twitterを使って、大学合格者の喜びの生声をレポート。
社員の「おめでとう」の声をかぶせて、企業ブランディングに成功


として紹介されています(感謝!)
弊社から紹介されているのは、弊社Webマーケティング担当者です、僕ではありません。


しかし、この企画…僕がメインで担当した企画じゃん!(笑)
講演も(笑)このようにしています。
※彼もサブでめちゃめちゃ頑張ってくれました(どっちがメインかわからないくらい)。彼が4月から僕のWeb担当を引き継ぐことも内定していましたので。


ただ、この担当者(弊社溝呂木)に、「俺の手柄を取りやがって!」という気持ちはまーーーったくありません。
昨日公開された記事ですので、今の責任者が応えた方が読者を混乱させないし(「前任者がやったことを変わって説明~」のような注意書きは、読者にとって何ら利益を及ぼしません)、社内的にも今の担当者とした方が、責任の所在が明確になりますし。
そして、↑という部分を、しっかり現担当者は弁えていると思いますし(そのはず。笑)。


ふっと思い出したのがタイトルの言葉。
「動機善なりや、私心なかりしか。」

表向きには同じ行為でも、動機が善か、私心がないか、を、受け手は見ます。
動機が善である、と感じられるなら。
私心がない、と感じられるなら。
その行為は問題ない行為なのです。
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
私心
稲盛和夫
動機
ソーシャルブックマーク:

2011.05.23 23:00

違う企業からZ会に転職してきた方から、先日、

「寺西さんのやっていることは革新的すぎますから、社内ではなかなか理解されないこともあるんじゃないでしょうかね…」

と言われました(苦笑)


表向き、というか、実際に口論するシチュエーションも決して少なくない僕ですが、お世辞抜きに社内外の理解者には恵まれていますので、「自分のことが理解されない」と強烈に(とでもいいますか)思ったことはほとんどありません。
逆に、理解されていないときは、僕の説明不足か、それとも「頑張り」から醸し出す前向きな姿勢が欠如しているとき…と思うようにしています(し、実際にそうなんだと思います)。

で、本題はこちらではなく、その前。「やっていることが革新的すぎる」ということ…。


入社3年目までは、社内のとある問題解決(自分では「放置するのが許せない」と思っていたこと)に必死でした。
この問題が解決した後、メールマガジンの発刊(2002年春)を通じて通信教育の会員とのコミュニケーションをとる手法を拡大していきました。この頃はまだ数学の教材編集担当ですね。
2004年に宣伝担当に異動し、次の年携帯コミュニケーションサイトを立ち上げました。
2006年にはSNSの立ち上げに協力(僕はメイン担当ではありません)。その後、ブログやWebマーケティングの拡大など…
そして今、教材編集課長として4月より奮闘中。

自分の意識の中では、革新的なことをやってきたつもりは全然ありません。
・Z会の中の問題点や弱みを発見し、それを克服する。
・Z会の強みで隠れているものを表に出す。
などをやり続けているだけで、「これまでのZ会」に沿っているわけですから、「革新」と言える領域ではないと思っています。単なる「改善」で。

加えて、自分の業務のやり方を変えて効率化したり、エクセルなどで業務管理フローをやりやすくしたり。。。
などの行為は、(組織の中の、仕事、という尺度で考えたときに)「改善」というのはおこがましいと思っています。これは単なる「(普通の)仕事」。これができず、今までのことと同じことを繰り返しているのであれば、アルバイトで十分なわけで。


改革とか、革新的なこと、というのは、これまでのZ会では考えもつかない、けれどそこに活路を見出し、成功させることでしょう。あるいは、考えつく領域だけれども、成功の尺度(売上げとか利益貢献とか)がとても大きいものとか。


改善行為をルーチンワークとし、改革を成し遂げられること。それが目下の僕の成長目標です。
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
改革
改善
コミュニケーション
ソーシャルブックマーク:

2011.05.22 09:05

誤解と言う言葉を使うのは極力控えています。嫌いな言葉の一つでして。

誤った解釈、と書いて誤解。
誤った理解、と書いて誤解。

解釈にしろ理解にしろ、事を受け止めた側の主観領域なので、「絶対的な誤解」というのはよほどのことがない限り存在しませんよね。


「誤解しないで!」と懇願する状況というのは、発言者の意図とは違うように捉えて欲しくない場合。
つまり、発言者の主観や意図とは異なる、というのが誤解だと思うのです。
あくまで相対的なものとして。

この場合、発言者が「伝えた」つもりでも、「伝わる」事ができていないわけで。
それは、受け手だけではなく両者の問題。

そして、「誤解しないで!」と「懇願」ではなく、理解していない人を「責める」人は、だいたい発言者自身が「伝わる」努力をしていない場合がほとんど。
言葉や態度がマスタベーションの方だと感じています。


だから誤解と言う言葉は発しないよう心がけています。
かといって、受け手の立場では、理解しようと努めなきゃ、ですけどね。

Tags :
Z会スタッフの日常
誤解
伝わる
絶対的
相対的
ソーシャルブックマーク:

2011.05.20 23:50

仕事をなめるんじゃない。


去年の4月にこのブログを書いたんですが、先日Z会の新入社員に「就職活動時に見て、気を引き締めることができました!」と言われたかと思えば、今日は2年目社員に「あれ、いいですよね」と。


そんなわけで再掲します(^^
Tags :
Z会スタッフの日常
仕事
Z会
新入社員
ソーシャルブックマーク:

2011.05.19 18:28

ただ今、寝る以外にほとんど時間がとれない状況です。。。

いや、家族サービスも人並みに、あえて時間をとっています。。。

その上で今日で11日連続勤務中。。。

今週土日も今のところ休まない予定。。。


気持ち的には元気なんですが、さすがに体力と精神力がきっついわあ。


というご報告まで。。。


※「見えないモノ~」セミナーの報告はまだあります~
Tags :
Z会スタッフの日常
Z会
勤務
ソーシャルブックマーク:

2011.05.18 23:50

震災がなければ、宮城県石巻市の青年会議所主催の講演会にて講師を務めていました。。。


その場がなくなったことを悔しいと思いつつ、


5月18日と言う日がしっかり到来していることに、


月日がしっかり経過しているんだ


前を向きながら


と、なんとなく感じました。

Tags :
Z会スタッフの日常
講演会
石巻
宮城
青年会議所
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2011年05月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ