Z会ブログトップへ

2011.03.31 13:10

年度末の3月31日。
恩返しと思える出来事が2つありました。


1つ。
3月、Z会の会員が一番頑張って添削を出す時期に震災が重なり、答案を送れなくなった添削の先生が多くなってしまい、添削答案の処理が遅れ遅れに…
急遽、社員が頑張って添削にはげむことになりました。

僕も担当します。会社ではなかなか時間がとれないので、睡眠時間を削って自宅で…。
どの学年か、どの教科かは内緒ですが(苦笑)。

こういう危機に対応するとき、会社へちょろっと恩返しできたかなあ、と思います。


もう1つ。
共同通信社が共同通信デジタルを4月1日に設立する、との発表がありました。
取締役に名を連ねる「伊地知晋一」さんは、元ライブドア取締役で、堀江氏と一緒に働いていた方であり、僕にインターネットのことをいろいろ教えてくれた方の1人でもあります。

彼が今回取締役に就任するキッカケを作ったのは、どうも僕らしく…
僕が共同通信の方を紹介した頃から話が進んだようです。

恩人へちょろっと恩返しできたかなあ、という気持ちになりました。


そして4月。僕も新しい部署へ、新しい役職の下、心機一転頑張ります!
Tags :
Z会スタッフの日常
伊地知晋一
共同通信デジタル
ライブドア
添削
ソーシャルブックマーク:

2011.03.30 11:24

まだ認知がいきとどいていませんが(苦笑)、4月から広告、宣伝、マーケティング、ソーシャルメディア、うんぬんかんぬん…から一切喝采離れ、「教材編集部」という部署で、Z会の教材作成を一生懸命頑張って作っている皆さんを支援する担当になります。

肩書きは、

教材編集部 理科課課長 兼小学生コース教材担当

です。

ブログ読者の皆さんは、「理科に限らず、Z会の小学生コースすべての商品を考える責任者(の1人)なんだ」と捉えて戴ければ幸いです。
※じゃあ、なぜ「理科課」なのか、と説明しだすと話が長くなりますので、省略。


そんなわけで、宣伝担当ではないのですが、このブログを通じて、(とくに)小学生コースのいろいろな告知をしていければいいなあ、と思っています(僕自身が担当しているわけですから。笑)
※あ、もちろん、Z会の義援金を巡る秘話のような、Z会全体の活動も伝えていきますよ!


で、いきなりですが、本日(30日)、Z会小学生コース、中学受験コースの4月入会申込締切日です!
このブログの読者には小学生のお子さんをお持ちの保護者の方が沢山いらっしゃいますので、是非僕を応援する意味で(笑)お申し込みを!
Tags :
小学生
中学受験
保護者
Z会
義援金
ソーシャルブックマーク:

2011.03.29 20:00

いっときほど騒がれなくなった気がしますねw
Tags :
Z会スタッフの日常
Facebook
ソーシャルブックマーク:

2011.03.28 18:47

タイトルのような言葉が、ネットだけではなく紙媒体でも広がってきました。


被災地の方への気遣い、配慮、支援は最大限行うべきです。
一方で、何も考えず、条件反射的に活動を自粛していると、経済がまわらず、被災地の方へ支援する原資を作ることができなくなってしまいます。
逆に、こんな時期だからこそにぎやかにしなければいけない、という発想もあるかと思います。


最も困る自粛は、「誰かに不謹慎といわれそう」「それに対応するのは面倒だ」という発想が強くて自粛することですね…


不安に打ち勝つために行動しよう!
というわけで僕は今日、これから上京、多くの仲間たちと呑みます!
Tags :
Z会スタッフの日常
被災地
不謹慎
自粛
支援
ソーシャルブックマーク:

2011.03.27 00:29

石巻市。今回の震災で大きな被害に遭ったところです。


実は、石巻青年会議所より講演依頼を受けていたのです…。


震災後、なんとも表現しようがない気持ちになっていました。


加えて、石巻青年会議所のWebサイトも更新が止まったまま。
ツイッターも更新が止まったまま。
担当者からも連絡なし…(僕から連絡をするわけにもいきませんので)


今日数日ぶりに石巻青年会議所のサイトを見たら…


更新されていた!


そしてこれからは、石巻青年会議所のブログで情報を届けるとのこと。


ブログでもあるように、ボランティアを必要としているようです。
藤巻健三氏のツイートにもあるように、人手が足りていない模様。。。


青年会議所の方とはメールを通じてのやり取りしかありませんでしたが、本当に教育熱心…勉強云々ではなく、次世代の若い人を作っていこうとする気持ちに溢れていました。


原発近くは残念ながら、ボランティアには危険です。
被害が甚大な地域もまだ、素人ボランティアは禁止しているところもあるようです。

石巻市は、きっと受け入れ態勢が整っています(ブログから推察する限り)。
人手も足りないことは藤巻健三氏のツイートでわかります。

素人だけど手伝いたい!という方…とくに若い方を中心に…
石巻市の力になってあげてください。
Tags :
ボランティア
石巻市
石巻青年会議所
藤巻健三
講演
ソーシャルブックマーク:

2011.03.26 21:00

ソーシャルメディアを使っている時間が今週1週間は(普段から多いけれど、それにもまして)多かったと思います。。。

もちろん、得るところも沢山あります。

だけど、だけど、なんというか…


なんともいえない疲労感も感じています。


ちょっと距離をおこうかな、という気分も。



とりあえず今日は、ブログを少し軽めにします。こんな感じで。
中毒なのかもしれないので(苦笑)
Tags :
Z会スタッフの日常
ソーシャルメディア
ソーシャルブックマーク:

2011.03.25 11:01

被災した方々の状況を、できるだけ正確に伝えていきたい。
「助け合いジャパン」は、内閣官房震災ボランティア連携室と連携し、
インターネットを通して広くみなさまに情報提供をしていく民間プロジェクトです。


助けあいジャパン

立ち上がりました。
僕が知りうる限り、皆さんの「助けたい」という気持ちを、最も大きく、そして正しく、引き出してくれるサイトです。

総合統括が、
ほんとうに、ほんとうに、未来のために、子供たちのために、私生活のほとんどを使っている方。
僕がツイッターで、毎日つぶやいている

毎日1同言 「大人が明るく前向きに、働くことを楽しんでいる(=何も考えないのではなく、不安と対峙し少しずつ解決することで未来を作っていく)姿を見せるのが、子どもたちへの一番の教育だと思っています。何かを“教える”より、ずっと」

に大きく共感して頂き、かつ、僕なんかより何兆倍も実践されている方。

さとなおさん。
佐藤尚之さん。



※すいません、僕の情報に誤解があった模様で、この部分にあった3行、削除しました(3/25午後1時)


彼の勢いは、こちらも素晴らしい方、ドリームデザインの石川淳哉さんのブログでよく確認できます。


石川さんが助けを求めています。


「いわゆる教育者」というカテゴリには入らないお2人ですが、「いわゆる教育者」とは違う形で、そしてその皆さんに勝るとも劣らず、素晴らしい価値を子供たちに提供し続けてくれています。


社会人は経済を回す必要もあります。
学生も本来の勉強する必要はありますが、どちらが動けるか、というと、学生さんです。

僕も学生のとき、同じ思いで神戸に向いましたから。


若い方、あなたの力が必要です。
そしてその経験は、何よりも自分を強くし、社会人としてはばたけるようにしてくれます。

僕がそうだったように。


是非ご協力下さい。
Tags :
ボランティア
助けあいジャパン
さとなお
佐藤尚之
石川淳哉
ソーシャルブックマーク:

2011.03.24 16:46

リリースです、でででん!


=====

各位
2011年 3月24日
株式会社Z会


Z会は国立大合格発表当日に受験生をコーヒーでお祝い!
受験生へのインタビューの様子も動画で配信しています。


株式会社Z会は、東大・京大をはじめとする各国立大の前期試験合格発表に合わせて「合格報告会」を開催しました。そこで取材させていただいた合格発表当日の受験生の生の声を動画にて配信いたします。

東大では約150名のZ会会員の方に合格報告会に参加していただき、そのうち80名以上の方に取材させていただくなど、多くの受験生にご協力いただきました。
この合格インタビュー映像は、その受験生たちの喜びにあふれた表情や、後輩への熱いメッセージをおさめたものです。

Z会では「合格報告会」に向け、ユーシーシーフードサービスシステムズ株式会社の運営するコーヒー豆通販サイト「ほの珈琲」と共同で、受験の苦労を労うオリジナルブレンド『祝勝珈琲』も製作。「合格報告会」の記念品として『祝勝珈琲』(一杯抽出タイプ/非売品)と、“永久の幸せ”が花言葉のエコ素材ラバーウッドを使用したZ会ロゴ入りコースターを受験生にプレゼントして、合格を祝いました。

その「合格報告会」での熱気を、合格インタビュー映像からもきっと感じていただけるものと思います。

Z会は彼らの飛躍を願ってエールを送るとともに、これから受験生になる方を応援し続けてまいります。


合格インタビュー映像概要

■配信:Z会「合格報告会」Webサイト http://www.zkai.co.jp/home/voice/
■種類:東京大学編/京都大学編/全国編


一般販売用『祝勝珈琲』の製品概要

販売日 :2011年2月15日(火)
販売価格 :100g(豆/粉いずれか)で630円(税込)
使用豆生産国:コロンビア、エチオピア他
販売店舗 :ユーシーシーフードサービスシステムズのコーヒー豆通販サイト
『ほの珈琲』http://www.honocoffee.jp/
味わい特長 :「新しい生活への意欲を掻き立てる味わい」をテーマに、
コロンビアをベースとしてモカ他を配合。
コーヒー初心者も多い年代に喜ばれるブレンドを目指しました。
ガツンとパンチのきいた苦味があり、ミルク・シュガーを入れ
ても負けないコクをお楽しみいただけます。


株式会社Z会の概要

1.商号     :株式会社Z会
2.本社所在地  :静岡県駿東郡長泉町下土狩105?17
3.創業     :1931年
4.代表取締役社長:加藤文夫
5.主な事業内容 :(1)通信教育事業
          (2)首都圏および関西圏での教室事業
          (3)出版事業
          (4)模擬試験の運営

【本件に関するお問い合わせは】
電話:055-976-9280 メール:mail@zkai.co.jp
Tags :
合格
東大
Z会
祝勝珈琲
京大
ソーシャルブックマーク:

2011.03.23 23:10

ブログ「俺の邪悪なメモ」より

善意に対して寛容であること

「自分の価値観に合わない善意でも、それが役に立ってるのであれば許容すべきです。」

いい言葉だなあ、と思いました。

僕は現実主義なので、結果が最も被災地の皆さんのためになればよいと考えています。
であれば、他人の善意に寛容であること、ここですね、ここ。


すいません、今日はスタミナ切れのため、簡単なブログで…
Tags :
Z会スタッフの日常
価値観
善意
現実主義
寛容
ソーシャルブックマーク:

2011.03.22 23:56

NPO法人CANVAS、フェローの山口裕美さんから、フェロー間のメーリングリストで届いたメールを掲載いたします。
※本人の許可を得ております。
「この数日でも、テレビ等の報道で、幼い子供が危険という話が出てこないので、心配になっていました。ぜひ(掲載を)よろしくお願いいたします。」とのことでした。

教育関係者、親御さん、しっかり読んでください。
そして、危険から子どもを守ってください。
対処することで不安はなくなりますから。。。

=========

ずっと書き込みもせず、お役に立てなかった山口裕美です。Canvasの性格上、1つ提案させていただきます。

今回の福島原発で思うのですが、実は放射能の汚染は大人はあまり危険ではなく、幼児および子供が危険にさらされています。

私は86年、当時、ヨーロッパにおり、チェリノブイリの原発事故に起因する放射能の雨を浴びました。当時、テレビでもチェリノブイリの事故は放送していたのですが、ドイツ語もあまり出来た訳ではない私は、ノーテンキに近所のスーパーマーケットに行きました。
すると葉物の野菜と野菜の缶詰がなくなっていました。素朴に「なんで?」と思いました。当時はまだウェブはありませんでした。
それで近所の人に聞いたところ「ロシアの原発事故で、汚染が始まるので、今ある野菜を加工して備蓄し、今ある野菜缶詰を備える」とのことでした。ドイツ人は必ず自宅やマンションの地下に備蓄倉庫を持って
いたのです。
さらに、そののち、急にテレビで甲状腺のガンの話が出てきました。
その話によると放射性ヨードを身体にいれるくらいならば、先にヨード剤を飲んだ方が良い、と言っていたのです。それで薬局へ駆けつけると、もうすでにまったく残っていませんでした。ドイツ人は黙って行動する人々でした。(笑い)
で、本物の放射線の雨は、その事柄の始まる前で、私はその雨をジムのあとの心地よい雨として浴びました。ただ、帰宅後はシャワーを浴びたのが幸いでした。

で、ブログやフェイスブックにも書きましたが、放射線は泥のようなものです。洗い流せる、ものなのです。しかし問題は子供、幼児です。
さらには犬の問題です。犬も散歩をするし、地面から近いから、とても心配です。
ドイツではその後、まず小学校などの砂場が立ち入り禁止になりました。
牧草地や砂場が放射線を集める場所、溜まる場所だからです。
また、御医者さんに相談しながらヨード剤を幼児に飲ませるように、情報が開示されました。
ただしそれも、親の判断で政府が介入することはありませんでした。

マスクも効果大です。
昨日は雨で、放射能に敏感な人はたぶん極力、外出しなかったと思います。
で、お母さんはマスクをしているのに、子供にはマスクをしていない人が多く見かけられます。私は幼児を守りたいです。

私がチェリノブイリの雨に打たれた同時刻、バイエルンの牧草地で遊んだ日本人家族がいました。私が日本から取り寄せたヨード剤を進めたのですが、「裕美さん、気にしすぎ!」と一笑され、飲まなかったその家族の一番小さかった少女は、日本帰国後、ガンで他界しました。私はそのことがとてもショックでした。そのご家族は製薬会社関係の方だったです。
今でも、チェリノブイリのせいではないか、と私の中での疑問は消えません。

募金も大事だと思います。
でも子供を守ることが先決に感じております。
小学生限定でも幼児向けでもいいです。まずこの福島原発が収拾されるまでの間、子供たちにマスクを贈りませんか?
Tags :
子ども
チェルノブイリ
山口裕美
CANVAS
放射能
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2011年03月   >>
    01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ