Z会ブログトップへ

2010.03.21 00:30

前半の続きです。


「べき論」や「絶対~」の方との対話は、大変やりにくいです。本当に譲ろうとしません。
そのことを、『日本辺境論』の中ではこう書かれています。

===(以下、引用)===

「断定的であることの困った点は、「おとしどころ」を探って対話することができないということです。先方の意見を全面的に受け容れるか、全面的に拒否するか、どちらかしかない。他人の受け売りをしている人間は、意見が合わない人と、両者の中ほどの、両方のどちらにとっても同じ程度不満足な妥協点というものを言う事ができない。主張するだけで妥協できないのは、それが自分の意見ではないからです。(主張するだけ~ないから、に傍点)」

「「虎の威を借る狐」に向かって、「すみません、ちょっと今日だけ虎縞じゃなくて、茶色になってもらえませんか」というようなネゴシエーションをすることは不可能です。狐は「自分ではないもの」を演じているわけですから、どこからどこまでが「虎」の「譲ることができない虎的本質」で、どこらあたりが「まあ、そのへんは交渉次第」であるのか、その境界線を判断できない。」

「よろしいですか、ある論点について、「賛成」にせよ、「反対」にせよ、どうして「そういう判断」に立ち至ったのか、自説を形成するに至った自己史的経緯を語れる人だけしか私たちはネゴシエーションできません(自説~できません、まで傍点)。「ネゴシエーションできない人」というのは、自説に確信を持っているから「譲らない」のではありません。自説を形成するに至った経緯を言うことができないので、「譲れない」のです。」

===(引用終了)===

僕はとってもスッキリしたんですけど、これを読んでスッキリした人、多いのでは?
言う事を聞かない人と相手しているみなさま(苦笑)


確かに、「べき論」を言う人は、理由を聞こうとすると

「めんどくせぇ!あたりまえでしょ、そんなこと」

として言い切るとか

「あーもう、いいよいいよ」

として対話から外れ、自分の味方をしてくれる人間に向け「だよね?」というメッセージを送り、賛同者を得ようとするとか…
そんなことが多い気がします。


「べき論」は虎の威を借る狐のとる方法なんです。
そしてまた、僕も、内田氏の言葉を借りているから、ここまで断定的に言えるんです(笑)

父の教え…
「絶対~」のような言い方、「べき論」を、他人に向けてやっちゃいけない、ということが、言語による理解を含めてとても理解できた瞬間でした。
「虎の威を借る狐」が、他人に向けて「~べき」と発した言葉は、責任転嫁以外の何物でもないですからね。


「~べき」という言葉を発するときの例外もあるかと思います。
それは、発した本人に当事者意識があるとき、その言葉には重みを含むという事です。



たとえば僕は、「もっと日本は、教育に力を入れるべき」ということもあります。
僕自身が、もっともっと真剣に教育に向き合っていたい、という心がありますし、実践もしたいという当事者意識が「ものすごく強い」ことの裏返しとして発するわけで。


だから、「~すべき」と言葉に発するときは、自分がその行動にどれだけ関与する意識があるか、によって、重さが全然違います。


「日本はもっと、若い人を育成すべきだ!」

…と発しているみなさん。

当事者意識、ありますか?

当事者意識、ある人、増えて欲しい。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2010年03月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ