Z会ブログトップへ

2010.03.31 18:26

いろーんな人と関わり、そして自分の時間を濃密に過ごしていると、

「いわゆる正論」

を見る目がどんどん育ってくるのは、ほんとうに不思議なことだな、と感じます。


「本当に正しい」人に共通するのは

・当事者意識を持ち、自ら(問題と思うことの)解決のために汗水をたらす(つまり、時間を費やす)。
・人の時間を奪うことに「申し訳ない」と思う気持ちがある。
・人が自分の言動に応えてくれた場合はとても感謝の気持ちを持つ。
・そもそも、人の優先順位と自分の優先順位は全然違う、という意識がある。
・自分がやれないことを他人に強く言わない。
・自分がやれないことを他人がやったらとても尊敬の念を持つ。

などですかね。


こういう人が「いわゆる正論」を言うと、とても説得力があります。
逆に、「いわゆる正論」の部分だけ殻をかぶり、心の動きが上記と真逆な人は、説得力を持ちません。
そして多分、そのことを自分自身が気づいていないので、「自分の主張を相手が聞かないなんておかしい」と感じるようになります。
※主張自体が間違っていないので、余計ヤッカイなんですよね。

表現されているものは全く同じであっても…
おもしろいものですね。
かつ、(いろんな意味で)難しいことですよね。

このテーマを転化し、別ネタで暖めていることが(先週から)あるんですけど、なかなかまとまった時間がとれず、書けていません。
どんなネタか、多分T社の…僕のブログの愛読者はピンとくるかも。

T社の○さん、あの件ですよ!
…ってわかるかいっ。わかっちゃ困るけど。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.31 01:32

『キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代』


2008年末に、神様のいたずらで(ほんとうに「いたずら」だと思う…)、運命的な出会いをし…
今では語りつくせないほど様々なことを教えていただいた、トライバルメディアハウスのイケダノリユキ(池田紀行)さんの書籍がまもなく発売!


そしてこの本で…

僕、寺西隆行のインタビューがかなーりたくさんのページを割いて掲載されております!
※お金なんて払っていませんからね(笑)むしろ取材費として焼肉ごちそうになりました(ありがとう池田さん。ありがとうと言って奢ってもらえるならこの後何遍でもありがとうありがとうと言いますw)


Z会が進めてきて、ダイガクエストに至るまでの「ソーシャルメディア」に対する考え方をすべて語らせていただきました。

人のつながり。
ご縁。
ソーシャルメディア。
ソーシャルネットワーキング。
ネット×リアル。


この辺のワードがピピンと来たら、是非御覧くださいませ。


『キズナのマーケティング ソーシャルメディアが切り拓くマーケティング新時代』
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.30 09:22

このブログ、備忘録代わりにも使うことにしますね(^^
※1日複数回あげることもありますので、是非くまなく!?読んでください!

===

ツイッター、@hanohanoさんより@レスを頂戴しました。

◆ ◆ ◆
@teranishi はじめまして。高3の時、Z会のあの1冊の問題集と出会わなかったら今の自分はないだろう、と思ってるほどZ会には感謝してます。と、呟きをお見かけし、いてもたっても居られず、フォローさせていただきました。
◆ ◆ ◆

こういうコメントがとっても嬉しいです。


Z会は「次につながる力」を育成します!
力がつくから、受験にも強いですが、受験は過程であって、その後までずっと「学習して得たもの」は役に立ちます。

テクニックではないのがZ会、と、入社してより強く思うようになりました。


このコメントで、そう感じてくださっている方がいらっしゃったのは、とても嬉しいのです。

寺西のツイッターは
http://twitter.com/teranishi
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.29 23:30

先週の「ダイガクエスト通信」を抜粋してお届けします。

まだまだ「ダイガクエスト通信」は手作り感いっぱい。
でも、「まだまだ」が「まだまだ」続きそう。。。

===(以下、抜粋です)===

ただいま、ベネッセ、BEATさんのセミナー
http://www.beatiii.jp/seminar/index.html
をツイッターなどで拝見中の寺西@運営者は
めちゃめちゃソーシャルな人間かもしれません(苦笑)

最後の「あとがき」で、このセミナーで得られた知見を書くぞっ!と決めて
メルマガを執筆、皆さんにお届け!
#「企業ピックアップ」でも「Benesse教育研究開発センター」を
取り上げていますので、是非ご参照ください!
http://www.daigaquest.jp/company_pickup/detail.php?pickup_id=9


◆◇ ダイガクエストの近況 ◇◆

アクセス数、ちょっとだけ増えましたが、大きな変化はありません。

ひとつ、素晴らしい出会いがあったことをご紹介しておきます!
「みゅか」さんの掲示板より。
http://www.daigaquest.jp/bbs/689/bbs_detail.php?seq=54
※コメント欄をご覧下さい。

自分の大学、自分の活動のことを紹介したいな~と思ったら

1.トピックスに投稿する
2.(いろんな投稿を見て)他の人に絡んでみる
3.すると、絡まれた人はその人が気になって、
その人のマイページを見に行く
4.過去の投稿を見て「こんな活動があったんだ!」と気づく
→自分が「知らせたい」と思ったことを伝えられ、共感を生む

という流れをつくるといいですね。



◆◇ ダイガクエスト情報 ◇◆

「インターネットがビジネスに使える!」

今では常識となったこの概念、ほんの10年前は

「そんなことありっこない」

と思っている人が大半でした。
#ほんとですよ、僕はその頃にwebのビジネス活用を始めましたので、
よーーーーくわかるんです、肌感覚で。

その頃から「メールマーケティング」を始め、さらに
インターネット活用の「B to B マーケティング」について
どんどん拡大しているのが、株式会社アルトビジョン。
http://www.daigaquest.jp/company_pickup/detail.php?pickup_id=11

僕も10年前にセミナーを拝聴して以来、
いろいろなアドバイスを受けている会社です!



(中略)

===あとがき===

ほんとに、このメルマガを書いている最中に行われている
ベネッセ、BEATさんのセミナー
http://www.beatiii.jp/seminar/index.html
の様子がツイッターで次々と報告されています。
※ツイッターをお使いの方は、#beatseminarでつぶやきが一覧できます。

BEATのフェロー、山内祐平東京大学准教授は、
BEATの立ち上がりから頑張ってこられた方です。
その山内准教授の発言がツイッターで報告されていました。

◆ ◆ ◆

山内先生

「今最もフォーカスしたいのは高校生の学習。
高校生の学びを大学生と社会人が支える。
大学生から知識を、社会人からは学ぶ目的を学ぶサイクルによって、
高い動機を持つ自律学習者を育てなければならない」

◆ ◆ ◆

まったく同感です。


高校生の学びを支えていくのは、人生における先輩たちです。
僕自身も振り返ると、勉強そのものより
いろんなことを教えてくれた先輩(大学生、社会人、家族、ご近所の方…)が
高校時代の「学び」に大きく影響していたと、強く思います。


僕の場合は幸いなことに、教えてくれる先輩がいました。
でも、普段の生活の「通り道」に、「気づき」を生む先輩がいなければ、
高校生は「ほんとうの学び」に気づきにくいものです。

気づいているものはすでに、学ぶべき対象として
「まだ学び終えていない当人」の価値観の中で捉えているものですから、
実はそれは、「ほんとうに学ばなければいけないこと」とは
ズレが生じている場合もあるんです。(内田樹氏もこのことを指摘しています)
そこに気づきをどう生むか。

「学び」の過程の中の困難かつ最大の課題の一つです。


ダイガクエストを作った大きな理由の一つがここなんです。
進学を希望している高校生では、「大学」について考えない人はいません。
ふらっと「大学」についていろいろ「ダイガクエスト」を見ていると、
思いもかけない発見があった…
それが「学び」の気づきになった!


そんな体験、育めるよう、より多くの方に使っていただける
サイトになるよう、まだまだ頑張らなきゃ~!
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.28 23:27

子育て家族は土日の方が忙しい、と身に染みて感じる今日この頃…

子ども手当ても始まりますし、子育て世帯に様々な施策をしていただけるのはありがたいのですが、子育てに費やす時間だけはどうにもならず、どうしても土日はブログが滞りがち。
今週は出張続きだったこともあり、平日も余りかけてなくて、ごめんなさい、みなさま。


と先に謝って本日もさくっと。


とうとうTwitterのロゴがTVCMに出ているのをみました。

「○○で検索」

のように

「Twitterやってるよ」

と。


でも、企業のTwitter利用って、そこまでうまくいかないと思うんですよね。

理由。



Twitterの成功事例は、Twitterを担当している「人」がすごい会社がほとんどなので。


結局、webの成功事例は、「人」が最大の理由で、かつ、その理由の占める割合がとっても大きいんですよね。
これから企業のweb活用、どうなるんでしょう!?
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.27 23:04

「大学時代のわたしが、将来を見越して点と点をつなぐことなど不可能でした。でも、10年後に振り返ってみると、点と点がつながっていたことは明白なのです」スティーブ8226ジョブズ

明日続きを…
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.26 23:58

先日ツイッターで、

「Z会は見かけるけど、ベネッセはないな~」

というコメントや

「フラットで、オープンな感じがZ会さんは素敵。」(注:ネットでの活動です)

というコメントを見かけて、ちょっと嬉しく。


TVの露出量や郵便物(ダイレクトメール)、イベントなど(しまじろう利用)の開催回数では、とてもベネッセさんには叶いません(苦笑)
だからwebだけでも、なんとかしてお金かけずに、ベネッセさんより目立ちたい!~的に、このブログやツイッター、ダイガクエストなど、ソーシャルメディアをいろいろ立ち上げて話題性をふりまき、認知を広げ、広がったところで「今こんなサービスやってますよ」と連絡していく活動を続け、5年くらい立ちましたが、

「教育業界で、webを積極的に利用しているZ会」

のイメージは、結構多くの方に持たれてきたようです。


最近、栄光さんやワオ・コーポレーションさんにうかがう機会があったんですけど、先方の方で僕のブログ、名前、ご存知の方もいて…
恥ずかしいですが、うれしいものです。おだてられているだけかもしれませんが(^^


webは、継続して発言し続ければ、一人でも目立てるんです。



成功事例として、このZ会ブログ。
僕のブログの閲覧者は「そこそこ多い」くらいなんですが、中にはびっくりするほど見られている人間がいるんです。

「継続は力なり!」

Z会のモットー、ベネッセさんにここだけは負けないぞ~(^^
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.26 14:51

今日は東京都内を出回っています!
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.03.24 23:16

すごーーーーーく久しぶりに、3日連続呑み会でした。
20代の頃は1週間連続、なんてことも結構あったのですが、年をとったり家族を持ったりすると変わるものですね。
多分3日連続となると、結婚して以来初めての事かもしれません。。。

ここで。
月曜日から関西に入っていたんですけど…

火曜日は、午前の予定がなく、午後2時からのアポでした。
水曜日(今日)は、正午までに三島に戻らなければいけませんでした。
そして、できれば(間に合えば)新大阪7時頃発の新幹線に乗り、10時前に三島に帰着できれば仕事も早く片付けられて理想でした。
(けど、そのためには、朝6時と、僕には少々早い時間に起きて急いでホテルを出ないと間に合わないところに泊まっていました)

そして明日木曜日は、1日中会議。加えて、出張でたまった様々な仕事をこなさないといけません。


こんな状況で月曜、火曜、水曜と呑み会だったわけですけど…

月曜は、「次の日の午前が何もないから」という意識で甘えたのでしょうか、結構呑み、次の日の朝2日酔い…
正午頃には回復しましたが。

火曜は、「次の日の午前は早い!」という意識で気が引き締まったのでしょうか、そこそこ呑みましたが、朝6時にぴしっ!と目が覚めました。

そして水曜の今日。
明日を意識していたせいか、そこそこ呑んだんですけど、こうしてブログかけるくらい、落ち着いて?います。


そう思うと、呑んだ量そのものより、「明日を意識しているかどうか」で結構変わるんですよね、体調って。



明日、かなり忙しくなることが予想されていると、不思議とピンとしています。
逆に「明日は朝からは何もないから」と安心していると、必要以上に呑みのときに気が緩んじゃいます(まあ、それはそれで大事なのかもしれませんが)。

先のことを意識するって、大切かも、です。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2010年03月   >>
  01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ