Z会ブログトップへ

2010.01.31 22:57

【進研ゼミ】笑いを征する者が受験を征す。試験問題の傾向と対策と模範解答集【Z会】

として取り上げられている「まとめ」、Z会の添削答案などとは一切関係がありません(苦笑)
#一部に添削答案が混ざっているかもしれませんが、基本的にZ会は何も本素材集に関係していない、と思っていただければ。

あくまでもタイトルの「ネタ」として「進研ゼミ」「Z会」が使われているだけです。


Z会のWeb=寺西みたいな図式で考えていらっしゃる方もそれなりにいて、問い合わせがポツ、ポツとありましたので、ブログで一応こくっておきます。
「月曜に土日のブログまとめ読み」のように、月曜に僕のブログをチェックする方も多いので…。


タイトルで「Z会」と使われているのは光栄なことですね(^^
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.30 23:52

ニューズ・ツー・ユーさんより献本が届きました。

ウェブPR力 マスコミに頼らないPRとマーケティングの新ルール70(翔泳社)

さーっと読みましたが、いい本ですね、これ。
#僕がおべんちゃら使わないのは、このブログの以前からの読者の方ならよくわかるはず(苦笑)。知人からの本でも、読んでいないものを「いい本」とは表現していません。

ウェブを使ってPRをするときのコツが、事例を交え、かつ、チェックポイントを挙げて紹介されていますので、PRの経験がない企業の方には大変良い本です。


この書籍を献本いただいたのは…ニューズ・ツー・ユー社社長の神原弥奈子さんと仲良くさせていただいていることもあるんですが(笑)、それよりも、Z会が取り上げられたからです。
ニューズ・ツー・ユー社が提供するPRの配信システムを活かし、Z会は大きな恩恵を受けていますので、その事例の取材を受け(メールでのやり取りで、執筆はニューズ・ツー・ユーのスタッフです)、4ページに渡り結構大きく紹介されています。ありがたい限りで。

内容をここで全部紹介するわけにはいきませんが(苦笑)、取材対象社のわがままで!?Z会のウェブPRについてのチェックポイントとして紹介されているものを書きます。

1.ウェブコンテンツは作っておしまいではなく、その存在をウェブ上でアピールすることが大切
2.効果測定の結果を社内で共有し、全員で成功を体験する
3.社内の全員がPRマン。各部署でニュースを見つけて発信できる体制を作る


1は、「サイトを作っておしまい」「オフィシャルサイトをリニューアルしたらそれでお客さんはグンと増える」と勝手に思っている方に警鐘を鳴らしたものです。
サイトは「訪れた方をもてなすもの」の色合いが強く、キレイにしたからといってお客さんが増えるわけではありません。
「キレイにしたよー」とか「こんなコンテンツあげたよー」とか、オフィシャルサイト以外でアピールすることが大事なわけで。(このブログなんかもそうですね)

2はモチベーションをあげるのに大切。ウェブPRの定量的な効果はなかなか見えにくいのですが、「このリリース、こういうサイトで取り上げられたよ!」などという定性的な声でも十分です。
「またPRしたい!」と(PRをする人に)思わせることが大切なのです。




一番大切なのが3。
ウェブの仕事だからといって、ウェブ担当者にPR原稿執筆からすべて押し付けるのは愚の骨頂。
ウェブ担当者の仕事がまわらなくなる(ただでさえ他の広告宣伝に比べ、細かな作業が多いといわれている領域なのに…)、というのもさることながら、PRに力を込められるのは、やはりその商材・サービスを作った部署だからなんですよね。

ウェブ担当だから、とか、PR担当だから、といって、会社のすべての商材・サービスの意味づけをしっかり理解できているわけではありません(もちろん、体系的なものは熟知すべきですが)。
作られた過程や想いを語れるのは、やはり現場に近い人間。

社員1人1人が、自分のやっている仕事を、想いを込めて語れる会社でなければいけないのです。
そして、そんな社員の声を、うまくウェブ上で流通する「仕組み」を作るのがウェブ担当のお仕事なんです。


原稿作成をウェブ担当に任せている会社に、ウェブPR力はまず涵養されません。


幸いなことにZ会には、「想い」がたくさんの社員が多いので、ウェブPR、おかげさまで成功している企業に入るでしょうね(^^


Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.29 08:04

DC_MjAxMDAxMjkwNzQzMDAw73A.jpg

今日は三島に住んで一番の朝もや!

あ、昨日のブログで教育講演会のお知らせしたので、そちらもみてください!
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.28 23:22

少しでも時間のあるときは、気になるダイガクエストをみている今日この頃です。
やっと、ほんとにやっと、種から小さな芽が出てきたような、そんな感覚を受けます。
まだまだ大事に育てていかないと。


さておき、今日は教育セミナーのお知らせです。といってもZ会がやるものではありません。

「未来を生き抜く力」を与える子育て

かんき出版さん主催のセミナーです。

講演者は、教育関連本で7万部!というかなりの売上を誇る、『女の子が幸せになる子育て』著者の漆志穂子、品川女子学院校長と、
発売たちまち重版の、『男の子がやる気になる子育て』著書の川合正、京北中学・高校学校長/京北学園白山高校学校長がダブルで。
2月20日という、進学・進級を控えた大切な時期、たっぷり3時間取り、3,000円は、正直破格です。。。

教育者のセミナーって、高くなると、「そんなもので商売するな」的に見られてしまうので、なかなか高くできないものなんですけど(苦笑)、お二人のネームバリューと本の売れ行きを考えると、3,000円は(お世辞抜きに)安すぎます。1万円でも安いんではないでしょうかね。

加えて、最近は、学校に集中するため、セミナーを断り続けている、と伺っています(とくに漆先生とは仲良しで、よく情報交換させていただいておりますので…)。
もう多分、当面は聞くことのできない内容かと思います。


僕も次の日、ちょうど大学時代のサークルの20周年パーティーで上京する予定があったので、参加する予定です。
いや、家族で上京し、僕が子どもの面倒を見ているので、妻に出てもらおうかな。僕は講演者のお二人の話はよく拝聴しているので、妻に勉強してももらおっと(なんて偉そうな。笑)。




teachではなくeducate。
「教える」ではなく「引き出す」。
最終的に考え、行動し、自ら成長する人間に…

それがこれからの社会で成功する子どもの子育てであることは疑いありません。

「自ら考える」を奨励しているZ会。その社員である僕。
「成長しようとする力」を後押しする、そして僕なんかよりずっと長い間、子ども達と触れ合ってきたお二人。

ピピンときたらいますぐ申し込んでください!
http://mail.kankidirect.com/seminar/smn_20100220.php
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.27 22:54

でぃす。
4時間近く、部署の皆さんと色々な話を、楽しく。

実は2月でいまいる部署は解散するんですが、「残念だねー」って声がないのが逆に、今の部署の心地よさだったかな、と。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.26 09:51

これから「安心ネットづくり促進協議会」の「普及啓発委員会」、ブランディングチームの会議です。

「もっとグッドネット」ポータルは作り、情報発信の用意だけは整ったんですが、これをどう世の中に認知させていくか、そこが課題でして。

「もっとグッドネット」で伝えたいことは、子どもにネットを「使わせない」として安全を守るのではなく、正しい使い方を教えていくことでネットの社会に適合させていきましょう、という考え方。
とても大事にしたいと思っています。


これを普及させるのが課題で。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.25 17:33

ブログの更新が土日滞りごめんなさいごめんなさいごめんなさい…
本当に、ごめんなさい、です。

で、ほんとは明日の講演もブログで告知できればよかったんですけど、ダイガクエスト業務でてんてこまい…
サーバーの調子も、ダイガクエスト立ち上げ時に余りよろしくなかったんで、やはり担当としてはそちらに専念せねばいけず。
ブログ読者の皆さん、ごめんなさい、です。本当に。


実は明日、ロフトワークさん主催で講演するんです。

先端企業が一挙終結!
ウェブ戦略を成功させるCMS手法とその評価手法


テーマがこちら。

“Z会のマーケティング戦略を実現させるウェブリニューアル”

で、誠にごめんなさい、まだ資料、全然作っていないんですよ…
今日、ほんとに、このブログを書き終えたら、ようやくスタート!
…いつ終わるだろう…(泣)

そんな僕を少しでも励ます手段。
これまた今日公開された、Web担当者フォーラムの記事。


Z会がCMS導入で12000ページ全面刷新
- リニューアルの裏側を大公開


かなりブクマついています。
http://b.hatena.ne.jp/entry/web-tan.forum.impressrd.jp/e/2010/01/25/7212

担当者の心境を余すところなく語らせていただきました。




さらにナマの声が聞きたい方は!
明日のセミナーにいらっしゃってください。
(といって、今からだと、恐らくほとんどの方がこれないと思いますが…)
申し込み自体は、きっとロフトワークさんがなんとかしてくれます!(笑)


明日のプレゼン資料もままならないまま、ブログ書いているわけにもいかないので、今日はこの辺で。。。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.22 23:14

ご縁がありまして、ビジネス・ブレークスルー大学の担当者と、本日お会いしました。

コンセプトがすごいんです。

「教えない大学」

何を伝えたいか一発でわかりました。激しく共感。


“【Teach】の概念は、教育において間違いである”
学長の大前研一氏の、BBT大学にこめた想いです。

教育~education~は元々、educeからきています。
で、これに関する記事を以前に書いています。

educateの原義はeduceにある。


一方通行の「教える」だけでは、何も生まれません。
引き出すのが大切なんです。

Z会の通信教育の教材作り、添削のフローでも、一番ケアしているところです。



今は明治維新の前のような状態、と、ほんとうに多くの、僕の周りの人が話しています。
つまり、教えられるだけでは、未来へのソリューションが生まれない。

皆さんの能力を引き出すビジネス・ブレークスルー大学
一つ、大学の選択肢に入れてみても面白いと思います。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.21 08:34

書きたいこと、たんまり、たんまり、ある…
けれどそんな状況のときは、インプットがたくさんあるときなので、書く時間が…
しばらく走り続けてきたので、かなり精神と肉体にきているというのもあり、ブログが書きたい、だけどかけない、という状況で(時間的にも)

明日(金曜)は1日出張、これまた頑張らなければ!
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

2010.01.20 23:24

ダイガクエスト、ローンチして3日目が終わろうとしています。

数え切れないほどの「ありがとう」と。
数え切れないほどの涙と(ほんとに泣いたこと、数回)。
数え切れないほどの「ごめんなさい」と。

そんな状況です。


僕が飾らず、ぶっちゃけ話の人間なので、知人友人はほんとうに「ぶっちゃけ話」でいろいろ指摘してくださる方のほうが多いのですが、そんな人たちからのメールをもらうにつけ、今回のダイガクエストは、間違いなく「イケてる」という感覚があります。
ツイッターでも何度も「ありがとう」と書きました。

全員にありがとうといいたい、でも書ききれない。
ダイガクエストにもっともっと書き込みたい、でもバックアップにまわり時間が取れない。

サイトを評価してくれる方がこんなに多いのに、全員の気持ちに応えられず、ごめんなさい。


サイト開発、導線設計、サーバー調達、各企業との契約。
大学への広告営業、ダイガクエスト自体の告知、広告宣伝。
ダイガクエストへの基礎データ入力、問い合わせ対応、サーバーの負荷に応じた決断決定。

実質、全部1人でやっている(やってきた)んです。ほんとに。
多分、どんな超人であっても、回しきれないと思います、正直(苦笑)


でも、提案したのが僕。やりたいといったのも僕。
費用を出してくれたのはZ会という会社。
そしてまた、意思決定を迅速にするために、全部任せてくれたのもZ会という会社。

一人じゃないと、ここまで(導線設計に)魂を込めたサイトにはならなかったと思います。
だから、やり方としても、Z会が無茶振りして(苦笑)僕に全部投げつけているわけではなく、僕を信用して任してくれているわけで、「ほとんど1人」という状況はむしろ感謝すべきことなんです、僕にとって。

だけど実際問題、「今」という時間をまわすには体が足りない…
だから「ごめんなさい」なんです、ダイガクエストの構造を「いいサイト!」と言ってくれる人に対しては余計。



1人じゃつらいこともあれば、1人の方がやりやすいこともあります。
「意思決定が遅いから、みんなで集まるのは嫌だ」といいつつ、いざ1人になってみると「1人じゃ回しきれるかよ」というのは、都合のいい論理ですよね。
逆に、みんなに助けて助けてをよく言う人は、会議での意思決定の遅さも甘んじて受ける必要があります。

僕は必要な会議はやればいい、とは思いますが(もちろん)、意思決定の遅さは人一倍嫌いな方です。
だから僕がやったPJは、アウトプットのプラスの部分、マイナスの部分、その性格にしたがって出てきます。


そのマイナスの部分が、登録者は多いんだけど、どう書き込めばいいんだろう…という、ちょっと躊躇するような感じになっている部分で、本当は僕が全大学に書き込みし、「こう書けばいいんだよ」と見せたいんですが、なかなか…

皆さんの期待にまだまだ応えられず、ごめんなさい。


そして、ごめんなさい、と素直に思える、そんな気持ちにさせてくれている皆さんに、ありがとう。
Tags :
総合
ソーシャルブックマーク:

プロフィール

プロフィール画像
寺西隆行
ICT CONNECT 21 の寺西隆行です。小松高校→東大理一→工学部環境系→教育の道へ。教育とマーケティングをずっと見つめながら過ごすことが喜びです。
※スパムのためコメント欄は閉じました(すいません)。

カレンダー

<<   2010年01月   >>
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ